40代母親の子どもの不登校 40代母親の子どもの中学生の不登校 40代母親子育て・40代女性の人生の悩み

40代母親の不登校の中学生に自宅で過ごし方・何をさせるのが復学に最短かを解説【精神科医監修】

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校の中学生を持つ40代の母親たちにとって、子どもが家にいる時間がながくなり、「何をして過ごせばいいんだろう?」という疑問を抱えることは珍しくありません。

不登校には、不安・無気力、学校に適応できない、勉強についていけない、人間関係・いじめなどの原因がありますが、一度ココロやカラダの状態が落ち着いたあとに、自宅で子どもが有意義に時間を過ごすためには、40代母親であるあなたから環境設定してあげることです。

自宅での環境がととのうと、母親との関係への改善、つまり過干渉・無関心とむき合い、中学生のお子さまの脳の発達が最適にはたらいてくれるように、最終的には学校生活へと戻ることができる復学へのサポートすることが重要です。

本記事では、不登校の中学生が自宅でどのように時間を過ごすことが彼らの復学につながるのか実践的なアイデア精神科医の監修のもと紹介します。

この記事を読んで分かること

  • 不登校の中学生が自宅で過ごす時間の重要性と、それを有意義にするためのアプローチ方法。
  • 子どもが不登校期間中に取り組むことができる具体的な活動と、それらが復学にどのように貢献するか。
  • 精神科医の監修による、不登校の中学生を支援するための心理的側面からのアドバイス。
  • 40代母親が直面する不登校に関する悩みや不安に対処するためのカウンセリング支援事業「Osaka-Child」の紹介。
  • 家族全員が健やかな日々を取り戻すための支援方法と、母親自身の精神的健康の維持について。

40代母親であるあなたは、この記事を通して、中学生のお子さまが不登校の間に自宅で取り組むことができるさまざまな活動や、それらがなぜ復学に有効なのかを理解することができます。また、子どもが自宅で過ごす時間を有意義にするための具体的なアイデアを得ることができるでしょう。

記事の後半部では、40代の母親を対象としたカウンセリング支援事業「Osaka-Child」の紹介も行います。この事業を通じて、40代母親自身が抱える不安や悩みに対処する方法についても触れ、最終的には家族全員が健やかな日々を取り戻し、ご家族全体の生き方が最適化され、幸福度をたかめるための支援を提供します。

この記事を読むことで、不登校の中学生を持つ母親たちが直面する課題に対する理解を深め、具体的な解決策を見つける手助けとなるでしょう。

監修者

株式会社Osaka-Child所属 精神科医

  • 名前: 川村恵子
  • 出身地: 福岡県
  • 最終学歴: 京都大学医学部 精神神経学専攻
  • 専門分野: 精神病理学、ストレス管理、認知療法
  • 職歴: 京都大学医学部附属病院精神科勤務(10年)、独立後、大阪で精神科クリニックを開設

専門分野について一言: 「心の健康は全身の健康へとつながります。一人ひとりの心の声を大切にしたいと思っています。」

株式会社Osaka-Child所属 小児科医

  • 名前: 高橋和明
  • 出身地: 大阪府
  • 最終学歴: 東京大学医学部 小児科学専攻
  • 専門分野: 小児感染症、アレルギー科学
  • 職歴: 東京大学医学部附属病院小児科勤務(10年)、その後、大阪で小児科クリニックを開設専門分野について一言: 「子供たちは未来です。彼らが健康に、元気に育つことをサポートします。」

株式会社OsakaChildの不登校の中学生の子どもを抱える復学支援のカウンセリングを受ける

目次

中学生の不登校はココロとカラダの疲れのサイン

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校は、ココロやカラダが疲れきってしまったというサインです。お子さま自身が不登校になっている現実といちばんむき合っています。よって、お母さんであるあなたがなにかをすることを無理にかんがえなくていいのです。

その間、あなたもそうですが、お子さまが自分を責めたり何かを無理してしまおうと焦る必要はないので、そのような振る舞いがあるなら、「ゆっくり休む時間だから、大丈夫よ」とつたえてあげましょう。

ポイント

むしろ、不登校の時間を自分と向き合うものとして有意義に過ごせると、お子さまが自分の人生と向き合い、内面を見つめ直すチャンスなのです。

では、中学生で不登校になったお子さまが自宅でどのようにすごせばいいのでしょうか?

登校していたときには、時間的に取れなかったことで、興味・関心あるものをやってみましょう。

不登校になってすぐにお母さんから提案しなくてもいいです。お子さまのココロが回復してきた反応があるなら、そのときに寄り添ってあげてください

例えば、ゆっくりとした時間の中で自分の興味や関心を追求し、あたらしい趣味やアクティビティに挑戦してみることも良いでしょう。自分が何に興味を持ち、何に喜びを感じるのかを探求することで、お子さまの一生の時間をゴールから逆算して「今:リアル」を設定できるようになります。その結果、自分への自信となっていくでしょう。

また、お子さまは不登校になるまでにながい時間悩みをかかえてきました。学校に行きたくない、行く気がないなどのココロの中での葛藤がありました。

ポイント

ココロの緊張状態がたかくなると、カラダに自律神経失調のような反応がでてきます。

そのため、ココロとカラダの疲れを癒すために、リラックスする時間を大切にしたいですね。お子さまのココロが回復してきたなら、お子さまにヨガや瞑想などのリラックステクニックをおしえてあげても良いです。お子さまがやりたいと反応したなら、プッシュしてあげましょう。

そして、不登校期間中にお子さまの自分自身の目標や未来について考える時間を作ることも大切です。

どんな未来を描きたいのか、どんな人間になりたいのかをイメージすることで、再び前進するためのモチベーションを取り戻すことができます。

ただ、中学生の発達フェーズでそこまで未来をカンタンにえがけるものではないことを知っておきたいです。未来といっても、現実(リアル)が不登校によって不安定になっているため、無理にさせてしまうと、絶望させてしまうきっかけにもなってしまいやすいです。

ポイント

まずは抽象的に、数学的に、全体的にとらえていくと、俯瞰的に世界をながめることができます。これは、不登校という環境だからゆっくりできるのです。

つまり、不登校期間はただ休息を取るだけの時間ではなく、自己成長や再生の機会でもあると捉えることができます。ポジティブな視点でこの時期を過ごし、自分自身と向き合いながら次のステップに進んでいくことが大切です。

不登校の中学生が自宅で何をすればいいのか|3つの段階を考える

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

では、不登校の中学生に何をさせるのかを、考えるときに40代母親としてしっておきたいのは、不登校には3つの段階があることです。

不登校の期間を自宅でどのように過ごすかは、子どもの未来に大きな影響を与えます。その理由は、人間の脳環境におうじて神経作用をかえていくからです。

不登校のお子さまを復学させるための神経作用とは

神経作用とは、行動のプログラムの計画や戦略をたてることで、お子さまの未来地点を実現するタスク(課題)をこえていく基礎となります。

環境の中心となる家庭環境での設定によっては、不登校前とは比べ物にならないほど前向きで充実した生活を送るようになることもあれば、不登校の状態が長引き、社会から孤立し、引きこもりになるリスクもあります。

40代母親のあなたが知っておきたいのは、家庭内での時間を「回復へと導く」ようにすることです。これを実現するには、不登校の期間を「3つの段階」にわけて捉え、それぞれに応じた対応を考えてみましょう。

あなたの中学生のお子さまが今どの段階なのかをアセスメント(評価)できると、復学のタイミングや未来につながるアクティビティの最適な選択を母親からも提案ができるようになります。

不登校の3つのフェーズ

  • 不登校の初期(スタート期):この時期は不登校を始めたばかりで、心身ともに疲労がピークに達しています。
  • 不登校の中期(引きこもり期):最も苦しい時期を脱し、ココロに少しずつ余裕ができ始める時期です。
  • 不登校の後期(回復期):不登校の経験が自身の価値観に変化をもたらし、過去よりも未来に目を向けるようになる段階です。

不登校のお子さまがなかなか復学できなかったり、フリースクールに登校する選択したあとにさらに不登校になるという解決のむずかしさは、「不登校の各段階(フェーズ)で取るべき行動や注意すべき点がことなる」という事実にあります。

ここからは、不登校の各段階(フェーズ)において自宅での過ごし方家庭環境のお子さまへの最適化を具体的にみていきましょう。

不登校初期(不登校がスタートするフェーズ)

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校初期は、まだ不登校がはじまったフェーズであり、子どもたちにとってずっと学校に行きたくないという悩みをかかえてきた状態からの解放になります

よってお子さまのココロは、矛盾、罪悪感、二面性、自己喪失などの反応があり、とてもセンシティブな時期です。

不登校初期のお子さまのココロ

  • 矛盾
  • 罪悪感
  • 二面性
  • 自己喪失

中学生で不登校になられたお子さまは、学校という社会から離れる(断絶にちかい恐怖)ことを選択しており、ココロとカラダが疲弊し、さらには脳の中がストレス反応がもっとも高い状態です。

ポイント

まずは休息です。母親のあなたができるのは、そっとしてあげることや、さりげなく気にかけてあげることです。

このフェーズでのお子さまのおおくは、無口や無反応になります。その反応にたいして母親はふかくかんがえなくていいです。

純粋に体内が回復する状態になっているからです。

このフェーズは、コトバの数がすくなくなるのが大きな特徴です。このフェーズで、母親がかかわりすぎると、ココロの中の矛盾などの緊張状態がたかくなったままになり、社会から完全に断絶し、家庭環境内でのお子さまへの孤立につながることになります。

不登校初期には3つのルールで生活リズムをととのえる

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

母親のあなたが、まず「3つのルール」をきめて、お子さまにコトバでつたえるのではなく、家庭環境の中のプログラムとして、水面下で生活リズムを整えてあげましょう。

このフェーズにおいては、とくに生活リズムを乱さないことを母親が家庭環境として実施してあげてください。

ポイント

人間は習慣に支配される生き物であり、習慣を変えることはカンタンではありません。

不登校初期には、以下のような生活を続けてしまうと、習慣化してしまう可能性があります。

不登校初期フェーズでみられる生活習慣のみだれ

  • 昼夜逆転生活
  • 食事をとる時間帯が不規則
  • 食生活のみだれ

このような生活パターンは、不登校というお子さまにふりかかる現実的な負荷にプラスするあらたな問題を引き起こします。

ですから、母親であるあなたが最低限の生活リズムを整えてあげてください。しかし、不登校の子どもたちは心身ともに疲れ切っているため、「好きなようにさせてほしい」という本音も大切に考えなければなりません。

そのため、以下の3つのルールを設けることで、最低限の生活リズムを整えましょう。

不登校初期に実施したい生活リズム

  • 起床時間: 毎朝決まった時間に起床する。
  • 食事時間: 三食決まった時間に食べる。
  • 食事内容: 必要な栄養が摂れるように大人が食事を用意する。

起床時間を固定することで、子どもたちは寝る時間も一定になります。また、食事も成長期の子どもたちにとって非常に重要です。食事を用意する際には、栄養バランスに気を配ることが大切です。

ゆっくり自由にして休息を取る

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校初期のフェーズでは、母親であるあなたが子どもたちが生活リズムを守ること以外に、特にやらなければならないことはありません

つまり、この時期は「生活リズムを守っていれば、基本的には何をしていても問題ありません」ということです。ゆっくりと休息を取り、思う存分にリラックスすることを家庭環境からつくってあげてください。

ポイント

知っておいてほしいのは、お子さまをみずから自由にさせるのではなく家庭環境内にお子さまを存在させてそこで自由にさせてあげるのです。これは制約を環境でつくりながら、自由にさせてあげることで復学のタイミングを母親であるあなたがアセスメントできるようになります。

この不登校初期のフェーズでは、母親のココロが不安定になってしまいます。不登校にたいして脳の認知作用によって不安やとまどいがうまれるのは母親の脳であり、不登校初期フェーズなのです。

しかし、子どもがダラダラとした過ごし方をすることに不安や疑問を感じます。「本来は学校に行くはずなのに、こんなに何もしなくていいの?」という疑問が生じます。

そのように思うのは、お子さまを完全に特殊な人としてあつかってしまうからです。

そのためにも、家庭環境内にお子さまを存在させるようにすると、自由にさせていても、母親のあなたが不安定になることはなくなります。

もしも私たち大人が、「仕事や家事を一切しないで、ただ家で過ごしてください」といわれたなら、どのように過ごすでしょうか?

多くの人はおそらく「リラックスしたい」とかんがえ、実際にそうするでしょう。子どもたちも同じです。

ポイント

彼らも人間なので、やらなければならないこと(学校への登校)から解放された今、なにもする気がないのです。

したがって、「不登校初期のこのフェーズにかぎり」、子どもたちがダラダラと自由にしたいように過ごすことをゆるしてあげましょう。

好きなことだけをする

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

自由にゆっくりとした時間の中で、子どもたちはココロを正常のはたらきにさせていけます。

ポイント

その結果、なにもせおわない自分がうまれてくるようになります。

その結果、世界が俯瞰され、親や血縁、学校環境によって無理に植えつけられた使命や宿命をこわすことができます。

ポイント

その結果、お子さまは自分の未来がみえてきます。その自分からみた現実(リアル)を逆算して戦略・戦術を脳の中でつくりあげることができます。

このフェーズで、自由にすごすときに、勉強がしたいとおもえるお子さまはほとんどいません

おおくの不登校になるお子さまは、「まなぶことはたのしく、とうといもの」とは思えません。

学校を強制的に社会の要求にこたえるスタンスで登校してきました。そのマインドが不登校という現象となってしまっているのです。

このフェーズでは、勉強以外の「一般的には好ましくない」と見なされるスマートフォンでYouTubeを視聴したり、SNSをチェックしたり、ゲームをしたいと思うものです。

ポイント

まとめると、不登校初期の段階では「リフレッシュを取る」「自分の好きなことに時間をついやす」ことが大切です。ですから、スマートフォンやゲームの使用は認めていいですが、家庭環境内にお子さまを存在させて、無制限に許可するのではなくご飯やお風呂などをプログラムにいれて自然に時間制限するようにしましょう。

スマホやゲームには制限が必要

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

スマートフォンやゲームには、依存性があります。

株式会社OsakaChildのゲーム依存症克服のカウンセリング支援を受ける

とくに子どもの脳はまだまだ発達の途中であり、この不登校初期のフェーズからのゲーム依存傾向はお子さまの脳の成長にマイナスにはたらきます

ポイント

ゲーム依存とは、脳の中での神経伝達物質ドーパミンを過剰につかう反応です。

ドーパミンは、次に取りこもうとする神経作用を準備してきます。その作用が、またゲームがしたいという行動プログラムがおこります。このドーパミンはたくさんつかってしまうと、どんどん枯渇していき不足します。この状態が抑うつ状態となり、不登校から引きこもりになっていくプロセスをつくっていきます。

具体的には、理性をつかさどる前頭前野のはたらきが低下し、コントロールされるはずの本能や感情をつかさどる大脳辺縁系に支配されます。

ポイント

これは情動反応に人間の行動をたよることになり、ロジック的にありえない妄想をえがたり、自己喪失や超理想主義的になっていくマインドがそだってきています。

このような現象は、アルコール依存やギャンブル依存の脳の状態と同じ反応です。

特に、スマートフォンやゲームの依存症は男の子におおい傾向がありますが、女の子はインスタグラム・X(旧Twitter)・TikTokなどのSNSにハマりやすいので、注意が必要です。

令和6年現在での時代のながれでは、小学生や中学生がスマートフォンをもつことが一般的です。

自分のSNSアカウントをもつこともあたり前になってきています。

とくにインスタグラムでは、加工された自撮り写真があふれており、これを見た女の子は自分の容姿に自信をもてなくなることがあります。リアルと理想が脳の中で、グチャクチャになってしまうのです。

したがって、母親のあなたは中学生のお子さまのカラダとココロを守るために、スマートフォンやゲームの利用には一定の制限が必要です。ルールをあきらかにきめて制約させるのではなく、家庭環境内に子どものポジションをおくことで、日常生活のリズムの中で、スマホやゲームの時間制約ができるようになります。

不登校中期(引きこもり期)

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

次に、不登校中期の自宅での過ごし方について考えてみましょう。

このフェーズでは、最初の苦しい時期から少しずつ立ち直り、前向きになり始めています。

外見上は元気そうに見えるかもしれませんが、もとのお子さまの精神状態にはまだまだ確立できていないので、慎重にかかわっていきましょう。不登校は波があり、回復には時間がかかるものなので、長期的な視点でサポートを続けることです。

不登校以外の他者と交流をする準備

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校中期において、もっとも知っておきたいのは「他者との交流をはかる」準備です。他者との交流によってもたらされる利点は以下の通りです。

不登校中期(引きこもり期)に他者とかかわるメリット

  • 孤独感の解消:他者との交流により、自分が孤独ではないことを実感し、心の支えを得ることができます。
  • 価値観の変化:他者との交流を通じて、価値観が変化し、個人の成長につながります。
  • コミュニケーション能力の向上:不登校の子どもたちにはコミュニケーションが苦手な傾向があります。しかし、他者との交流を通じてコミュニケーション能力が向上し、スムーズな復学にも繋がります。

他者との交流を準備してあげるメリットは、「孤独感の解消」と「価値観の変化」です。

不登校の子どもたちは、しばしば孤独感や疎外感を抱え、偏った価値観をもっています。

これは、過去の負の経験や人間関係をふくめた思うようにいかなかったトラブルから生じたものです。将来に対する希望をもつことさえむずかしいのです。

ポイント

しかし、他者との交流によって、心をゆるせる人がいることや異なる考え方や生き方があることを知ることで、新たな希望が芽生えることでしょう。

いっぽうで、他者との交流の場を見つけることはカンタンではありません。しかし、フリースクールやメンタルフレンドなどの場所があります。これらの情報はあなたのお子さまに最適なのかを知るのはむずかしいですが、地域の学校に相談したり、インターネットからさがしていくようにしましょう。

自然に家事を手伝うようになる

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校中期には、家庭での生活にもなれてきます。この時期には、家庭環境内にお子さまを存在させていることで、不登校中期フェーズになると、自然に家庭環境内での役割が自然にできるようになります

ポイント

お子さまから「なにかてつだえることはない?」といってくれます。

家庭環境内でお子さまが適応させることで、それが学校や社会で適応できる社会性を養うことができます。

人は組織の中で役割を果たすことで、「責任感」や「連帯感」といった人格や品格、人間力を身につけることができます。学校におけるグループ活動や委員会活動は、このような役割分担の良い例です。

さらに、家事を手伝うことで、生活力を向上させることができます。そして、だれかの役に立っていることや、他者に迷惑をかけていないことを実感でき、お子さまは自分への存在価値がたかくなっていきます。

小さな行動をピックアップしほめてあげる

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

そして、家事を手伝ってくれたら、結果にかんけいなく「行動を認めてほめてあげる」ことを実践してください。

あまり知られていないかもしれませんが、ほめることには良いほめ方と悪いほめ方の2つがあります。

良い悪いほめ方のちがいとは

  • 良いほめ方:プロセスや行動を予期したことをほめてあげること
  • 悪いほめ方:結果だけを評価すること

良いほめ方は、「プロセスや行動を予期したことをほめてあげること」です。手伝ってくれたことによって感じた喜びや感謝の気持ちを伝えることで、子どもは「自分の努力が認められた」と感じます。

一方で、悪いほめ方は「結果だけを評価すること」です。うまくできたことだけを見て「すばらしいね」とほめてしまうと、短期的には喜ぶかもしれませんが、長期的には「うまくできないとダメなんだ」というプレッシャーを感じ、自己評価がひくくなります

ポイント

あなたのお子さまはまだ「不登校中期フェーズ」でいきている状態なのを、知っておくようにしましょう。

運動する

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

運動は人間が本来持っている特性のひとつであり、ココロとカラダの最適化をたもつために必要不可欠です。

運動によってカラダが体内から循環、免疫、代謝が安定します。そのように身体が最適化されることで、脳のはたらきも向上し、ココロの状態も安定します。

ポイント

逆に、運動不足や引きこもり生活はココロとカラダの最適化をうしなう原因となります。

実際、不登校支援の中には「運動機能改善」というアプローチがあり、その効果が研究によって明らかにされています。

具体的な変化としては、食欲や疲労が改善され、心臓や肺による循環系のはたらきが促進され、健康状態が改善されます。また、運動によって起床後の気分やうつ状態も改善されます。

そのため、不登校初期の動けない状態をすぎたら、少しずつでも運動を取り入れることです。とくに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を定期的に行いましょう。

勉強を始める

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

勉強のおくれが気になる中学生の不登校のお子さまにとって、「勉強すること」はおおきな壁になっています。学校にいきたくなくなり、意欲がうしなわれ学校の授業についていけなくなって、不登校になるのが主になるパターンなのです。

しかし、中学生の不登校のお子さまにとって勉強はしばしば「嫌なもの」として認識され、取りくむのがむずしいという現実があります。そのため、無理強いしても逆効果です。

ポイント

不登校中期から、ストレスや負担にならない程度に勉強をはじめることです。

この際に重要なのは、以下の3つのポイントです。

不登校中期にできる勉強のアプローチとは

  • 短時間からスタートすること
  • 得意な科目に集中すること
  • 独学で進められる教材を選ぶこと

これらのアプローチに従うことで、負担を感じずに着実に勉強を進めることができます。

株式会社OsakaChildの高校受験の社会歴史古代が分かる関連記事

【中学3年生高校受験対策】受験社会歴史|歴史のはじまりと4大文明の解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|古代文明をわかりやすく6つの文明解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|古代文明で生まれた3つの宗教を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親中学3年生の子どもの受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|縄文・弥生時代の土器・生活・遺跡を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の社会で国のはじまりや邪馬台国を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の社会の古墳時代を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の社会の大和政権を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の古代隋と大宝律令を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の聖徳太子とその政治を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の大化の改新を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験で古代の律令国家を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験で奈良時代を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の飛鳥文化と天平文化を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の平安時代と平安京を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の摂関政治を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

【中学3年生高校受験対策】社会歴史|高校受験の国風文化と遣唐使を徹底解説|株式会社Osaka-Childの40代母親の中学3年生の子ども受験徹底ゼミ

不登校後期(回復期)

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

最後に取り上げるのは「不登校後期(回復期)」です。

このフェーズになると、子どもは不登校以前とはことなる価値観を身につけ、周囲から見ても「大丈夫そうだな」という雰囲気をかもし出します。

ポイント

したがって、学校にもどることを意識しながらも、自宅での生活を送ることができるようになります。

これが、よりスムーズに復学へとつながります。この不登校後期(回復期)でできることをみていきましょう。

家庭教師を利用する

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

このフェーズに考えるべきなのが「家庭教師」の利用です。不登校中期から検討したほうがよく、そのメリットはおもに以下の3つにあります。

不登校後期に活用する家庭教師のメリット

  • 学力の向上:授業内容についていける学力を身につけることができます。
  • 勉強への抵抗の克服:つまらないと感じる勉強を楽しく学ぶことができるようになります。
  • 他者との交流:家庭教師を通じてコミュニケーション能力が向上し、孤独感が解消されます。

学力向上はもちろんのこと、家庭教師との一対一の学習を通じて勉強の楽しさや多様な価値観を理解できることです。

ポイント

学校の授業ではおおくの生徒が同じ授業を受けるため、個々のお子さまへのニーズには十分にこたえられません。

しかし、家庭教師の指導を受けることで、自信をつけながら勉強の面白さを発見できるでしょう

家庭教師と塾は似ていますが、塾は同世代の生徒たちとの集団で学習するため、不登校の子どもにとっては負担がかかります。そのため、学力向上や学習習慣の定着には家庭教師の利用をおすすめします。

学校に部分的に通う

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校の後期(回復期)フェーズでは、少しずつ学校に戻ってみることも考慮されます。

しかし、注意すべきは「無理をしない」ことです。不登校は不安定な状態が続くため、一度もとの状態に戻ってしまうこともあります。そのため、学校に戻るときは、本人や周囲の大人が「大丈夫そうだ」と感じていても、急激な変化は避けるほうがいいです。

最初は部分的な登校から始めることが重要です。午前中だけや午後だけ、または特定の曜日だけの登校でも構いません。学校との連携も不可欠であり、子供が安心して登校できるように、事前に学校との調整を行うことが必要です。

不登校の時間を自宅での過ごし方

what-to-do-middle-school-students-school-refusal

不登校中には、お子さまの興味や関心にもとづいた活動を見つけることです。自分が楽しいと感じることを見つけることができれば、不登校の時間もより充実したものになるでしょう。

以下は、不登校中に自宅ですごす際のアイデアです。

メモ

本や音楽、映画の楽しみ方

  • 作品を通じて、楽しみだけでなく、リラックスや新しい知識の獲得、視野の拡大が可能です。

クリエイティブな活動

  • イラスト制作、工作、手芸、楽器演奏など、自ら作り出すことで達成感や集中力を高めることができます。ゲームにおいても、工夫次第で同様のやりがいを感じることができます。

家事

  • 掃除や料理、洗濯など、家庭内での役割を果たすことで、社会復帰への第一歩となり、自信を取り戻す手段にもなります。

学習

  • 無理なく自主学習を始めることで、学校への復帰が容易になり、将来への学習モチベーションを維持することができます。

軽い運動

  • 散歩やジョギングなどの軽い運動は、気分転換と体力向上の両方に効果的です。一人での活動が難しい場合は、家族との共同活動が推奨されます。

これらは全て一度に実践する必要はなく、自分が望む範囲内で、お子さまにあった方法を見つけることです。

本や音楽、映画などの作品を楽しむことは、ただ純粋に楽しむだけでなく、リフレッシュやリラックスするための最適な戦術です。あたらしい知識を得たり、視野を広げることもできます。

また、イラストや工作、手芸、楽器の演奏などクリエイティブな活動も最適な選択肢です。自分の手で何かを作り上げることで、達成感ややりがいを感じることができます。

家事を手伝うことも良い選択肢です。家族と協力して家事を行うことで、自分の役割を果たすことで自信を取り戻すことができます。

また、無理のない範囲での自主学習も重要です。学校に戻れなくても、将来のために学び続けることは非常に有益です。

軽い運動も重要です。散歩やジョギングなどの運動は、気分転換になるだけでなく、体力をつけるためにも役立ちます。

まとめ|不登校の中学生の自宅での時間は休息・環境適応・アクティブに運動・勉強をとり入れよう

不登校の中学生を持つ40代の母親が直面する課題は多岐にわたりますが、子どもが自宅で過ごす時間を意味のあるものに変えることは、復学への大きな一歩となり得ます。この記事を通じて、私たちは不登校の子どもたちが家でどのように過ごせば復学につながるかについて、多角的な視点からのアドバイスを提供しました。

  • 活動の提案: 学業に限らず、趣味や興味の探求も含め、多様な活動を通じて子どもの心を豊かにし、学校外での学びの機会を提供しました。
  • 精神的サポート: 子どもの心のケアを最優先に考え、ストレスや不安を和らげるための方法を探りました。精神科医の専門的なアドバイスが、このプロセスを支える礎となります。
  • コミュニケーションの重要性: 親子間のオープンなコミュニケーションを促進し、理解と信頼の構築を目指しました。これにより、子どもは自分の感情や考えを素直に表現できるようになります。

さらに、Osaka-Childのカウンセリング支援事業を通じて、40代の母親が自身の感情やストレスに向き合い、管理する方法についても学びました。母親自身が心のバランスを保つことで、子どもへのサポートも一層充実したものになります。

最終的に、この記事が提供する情報とOsaka-Childが提供するサポートが組み合わさることで、不登校の中学生を持つ母親たちは、子どもが学校生活に戻るための具体的なステップを踏み出すことができます。子どもが自宅で過ごす時間を有意義にし、復学へと導くための方法を理解し、実践することで、家族全員がより良い未来を築いていけることでしょう。

株式会社OsakaChildの不登校の中学生の子どもを抱える復学支援のカウンセリングを受ける

株式会社Osaka-Childの40代女性の中学生の子どもの不登校復学カウンセリングで心理システムの問題を共に解決し生きづらさを克服するサポート

子育ての真っ最中で、仕事と家庭の間で揺れ動いている女性の皆さんへ。私たちのカウンセリングサービスは、あなたのためにあります。もし心の中で悩みや生きづらさを感じている場合、それは特別な心のケアが必要な証拠です。株式会社Osaka-Childとして、日々の生活で直面している困難を理解し、その解決をサポートします。
私たちは、あなたが人生の困難に立ち向かう勇気を見つけるための安全な空間を提供します。当社のプロフェッショナルなカウンセラーは、あなたの問題や感情に深い理解を持ち、あなたを尊重します。ここでは、あなたの気持ちを自由に表現し、過去の影響から解放され、自分自身を再発見することができるでしょう。
カウンセリングは、心理システムの問題を共に解決するための有力な手段です。私たちのカウンセリングでは、まずじっくりとあなたのお話を聴きます。過去の経験やトラウマ、日常生活でのストレスなど、あなたが抱える悩みや心の中での葛藤を理解し、共感します。その後、適切なカウンセリング技法を用いて、心の中のブロックを取り除き、自分自身と向き合い、成長するためのサポートを行います。
初めての方でも、私たちのサービスを利用することはとても簡単です。当社のウェブサイト上で、カウンセリングセッションの申し込みをすることができます。また、具体的な問い合わせや不明点がある場合は、お気軽に当社までメールをお送りください。
心の中で抱える悩みや生きづらさに苦しんでいるなら、あなたは一人ではありません。株式会社Osaka-Childは、あなたが自分自身の価値を見つけ、生活の質を改善するためのサポートを提供します。カウンセリングを通じて、あなたがより健康的で充実した人生を歩む手助けをいたします。
カウンセリングのプロセスは、あなたの個別のニーズや目標に合わせてカスタマイズされます。私たちは、あなたが心地よく感じるペースでサポートを提供し、尊重と信頼の関係を築くことを大切にしています。カウンセリングを通じて、自己理解を深め、心の中の問題を克服し、より充実した人生を築いていきましょう。
あなたが心の支えを必要としているなら、ぜひ株式会社Osaka-Childのカウンセリングにお越しください。私たちがあなたの側にいて、共に問題を解決し、より健康で幸せな未来を築くお手伝いをいたします。一歩踏み出す勇気を持ってください。私たちと一緒に、新しい人生の扉を開いてみましょう。

osaka-child-counseling

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

復学支援の専門家が教える、家庭学習支援のポイントと効果的な学習方法

不登校の子どもの復学支援に必要な心理的サポートとは?

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。
  2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。
  3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。
  4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。
  5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。
  6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。
  7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。
  8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。
  9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。
  10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。
  11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

オキシトシンの多い人の特徴と効果!幸福ホルモンの驚きの効能

【幸せホルモン】オキシトシンの増やし方12選|瞑想やマインドセット・身体調整が効果的

不登校の原因を知る方法!40代の母親が的確にサポートする方法とは?

中学生の不登校の原因は母親にあった!母親へのカウンセリングで復学につなげる

【40代子育ての悩み】不登校の原因を解明!不登校になる子の親の特徴と改善策

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容
1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

  1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。
  2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。
  3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。
  4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。
  5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。
  6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。
  7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。
  8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。
  9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。
  10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。
  11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

counseling
参考カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

抱える問題が解決できないあなたへ 日々の生活で様々な悩みや困難に直面することはよくあります。気分の落ち込みややる気の喪失、職場や学校での人間関係のストレス、家族や恋人とのトラブル、過去のトラウマによる ...

続きを見る

来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

client-centered-therapy-counseling
参考来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

焦点は来談者|来談者中心療法 焦点は来談者中心療法、またはクライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチとして知られる心理療法です。この療法は、1940年にロジャースによって提唱されました ...

続きを見る

トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

trauma-informed-care-counseling
参考トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

トラウマインフォームドケアの理念 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の心理的な傷を理解し、適切にサポートを提供するためのアプローチの一つです。 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の ...

続きを見る

オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

online-counseling
参考オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

オンラインカウンセリングの概念 オンラインカウンセリングは、インターネットを通じて行われる心理カウンセリングの形式であり、クライアントとカウンセラーが対面で会う必要がなく、遠隔地からでもセッションを行 ...

続きを見る

精神分析的心理療法でカウンセリングを実施し心理システムの正常化で生きづらさ克服

ゲシュタルト療法で心理システムを正常化し知覚・感覚・認識を自然世界と共有させる

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容
1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。
  2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。
  3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。
  4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。
  5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。
  6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。
  7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。
  8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。
  9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。
  10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。
  11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。
  12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。
  13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。
  14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。
  15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

株式会社Osaka-Childの身体調整とカウンセリング技法

催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

hypnotherapy-counseling
参考催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

催眠療法の多様性 催眠療法は心身をリラックスさせ、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行われる心理療法であり、その多様性は豊富です。個々の治療法は患者のニーズに合わせて変化します。 この療法は、潜 ...

続きを見る

自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

autogenic-training
参考自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

自律訓練法(じりつくんれんほう)の理解 自律訓練法は、心理療法の一種であり、ストレス緩和と自己調整を目的としています。この訓練法は、日々の生活におけるストレスや不安を軽減し、全体的な生活の質を高めるこ ...

続きを見る

呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

breathing-technique-counseling
参考呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

呼吸による健康改善!自律神経をバランスさせる呼吸法について 呼吸による健康改善には、自律神経のバランスを整える呼吸法が効果的です。自律神経は、交感神経と副交感神経の調和が重要であり、これらの神経のバラ ...

続きを見る

メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

mentalization-based-therapy
参考メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

メンタライゼーションの概念について メンタライゼーションは「心で心を思うこと:Holding mind in mind」と表現され、他者や自己の行動の背後にある精神状態に注意を向け、それを認識すること ...

続きを見る

グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

grief-care-counseling
参考グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

治療法としてのグリーフケアとは グリーフケアは、患者が経験する悲しみや喪失感に対応するための専門的な治療を提供します。グリーフとは、「大切な存在」を失ったことによる、深い心の苦しみを含む様々な反応を指 ...

続きを見る

リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

relaxation-technique
参考リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

リラクセーション技術の概要と役割 リラクセーション技術は、患者の身体的・精神的な状態を安定させるための重要な方法であり、痛みや不安を和らげる役割を果たしています。 リラクセーションは、くつろぎや緊張・ ...

続きを見る

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容
1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。
  2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。
  3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。
  4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。
  5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。
  6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。
  7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。
  8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。
  9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。
  10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。
  11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。
  12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。
  13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

発達支援・発達相談をカウンセリングと療育で発達障害の子どもの機能性を120%アップ

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ペアレント・トレーニングで40代母親の子育てを楽にする|子どもの育ちを大切にできる

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

【40代母親必見】不登校の子が復学後に勉強しない?その原因と解決策を詳解

中学3年間不登校だと勉強してないから高校受験は難しい?中学生の不登校の原因と親ができる対応

発達障害をカウンセリングで心理システムをスムーズにし克服へ|40代女性生きづらさ解決

developmental-disorder-counseling

学習障害(LD)をカウンセリングで最短で負担なく克服させる|生きづらさ解決に

learning-disability-counseling

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容
1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。
  2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。
  3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。
  4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。
  5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。
  6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。
  7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。
  8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。
  9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。
  10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。
  11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

対人関係療法カウンセリングで治りにくい精神疾患を正常化する|うつ病・摂食障害に効果的

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)で40代女性の人生を幸福に導く

コーチングで40代女性の子育てやキャリアアップを最速に機能させる

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

cognitive-restructuring-method
参考認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

認知再構成法の概要 認知再構成法は、認知療法の一つの技法で、個人のネガティブな思考や信念を変えるのに役立ちます。この手法は、認知行動療法の一部であり、適応的でない認知的行動を適応的な行動に変容させる介 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容
1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。
  2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。
  3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。
  4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。
  5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。
  6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。
  7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。
  8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。
  9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

ストレスコーピングとカウンセリングの併用で40代女性のキャリア・子育てに成果

マインドフルネスとカウンセリングで効果を最大に|40代女性のキャリア・子育てに成果を出す

行動活性化療法で精神的抑うつを改善|40代女性生きづらさ克服でキャリア・育児両立に

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています。

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-40代母親の子どもの不登校, 40代母親の子どもの中学生の不登校, 40代母親子育て・40代女性の人生の悩み