40代母親の子どもの不登校 オキシトシン 母乳・授乳育児

母乳育児が大事だけど授乳が辛いと感じるあなたへ|不快性射乳反射(D-MER)の可能性と対処法

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

breastfeeding-challenging

母乳育児は大切ですが、授乳中に辛さや不快な感情を抱えている方もいます。それは一体何が原因なのでしょうか?不快性射乳反射(D-MER)が関与している可能性があります。
この記事では、D-MERについて詳しく解説します。D-MERは生理的な現象であり、母乳分泌とドパミンのバランスの乱れが関係しています。具体的な症状や原因について理解することで、自身の経験と照らし合わせることができます。
この記事を読むことで、D-MERによる不快な感情や落ち込みの原因が明確になります。また、対処法やサポート方法も紹介します。Osaka-Childでは、母親のメンタルサポートを通じてオキシトシン分泌を促進し、母乳育児におけるストレスや不安の軽減をサポートしています。この記事を通じて、辛さを克服し、授乳をより快適なものにするヒントを得ることができます。

監修者

株式会社Osaka-Child所属 助産師

  • 名前: 石井菜摘
  • 出身地: 岩手県
  • 最終学歴: 関西助産専門学校 卒業
  • 専門分野: 家庭出産、ラクトーションコンサルタント
  • 職歴: 大阪市内の産院で助産師として勤務(15年)、その後、助産師として個人事業を開始
  • 専門分野について一言: 「生命の誕生は奇跡。家庭で安心してその瞬間を迎えられるよう、全力でサポートします。」

株式会社Osaka-Child所属 産婦人科医(女医)

  • 名前: 山口真理
  • 出身地: 愛知県
  • 最終学歴: 大阪大学医学部 産婦人科学専攻
  • 専門分野: 高齢出産、不妊治療
  • 職歴: 大阪大学医学部附属病院産婦人科勤務(15年)、その後、自身の産婦人科クリニックを開設
  • 専門分野について一言: 「女性一人ひとりのライフステージに合わせた、最善のケアを提供します。」

目次

母乳育児とその困難性について

母乳育児は赤ちゃんに栄養豊富な母乳を提供する素晴らしい方法ですが、一方でさまざまな困難が伴います。母乳育児が「つらい」と感じる瞬間をママたちに聞いてみると、以下のような理由が挙げられます。
まず、授乳には時間と努力が必要です。母乳を与えるためには頻繁な授乳が必要であり、赤ちゃんの成長に応じて授乳回数や時間も変化します。このため、ママたちは日中も夜中も頻繁に起きて授乳しなければならず、睡眠不足や疲労感がつらいと感じることもあります。
また、母乳育児は身体的な負担も伴います。授乳時に赤ちゃんの体重を支えるためにママの姿勢が重要であり、背中や肩、腰に負担がかかることがあります。特に産後の身体が回復していない時期や長時間の授乳では、体力的な負担が大きくなります。
さらに、母乳の出が悪いという問題もあります。一部のママたちは十分な量の母乳を出すことができず、赤ちゃんに十分な栄養を与えることが難しくなることがあります。この場合、ミルクを補充する必要が生じることもあります。
ストレスも母乳育児の困難として挙げられます。授乳や育児のプレッシャー、周囲からの期待やアドバイスによってママたちはストレスを感じることがあります。特に初めての子育てや母乳の出が悪い場合は、不安や焦りが生じることもあります。
さらに、母乳育児がうまくいかない場合、助産師や専門家との相談やサポートを受ける必要があります。しかし、専門家へのアクセスが難しかったり、情報の信頼性が不確かだったりすることもあります。このような状況下では、ママたちは自分自身で解決策を見つけることが難しくなります。
以上のように、母乳育児には時間と努力、身体的な負担、母乳の出が悪いという問題、ストレスや専門家へのアクセスの困難といった様々な困難が伴います。それでも、母乳育児は赤ちゃんにとって重要な栄養源であり、ママたちはそれぞれの状況に合わせて工夫やサポートを受けながら頑張っています。

授乳回数の多さに挑戦

頻回な授乳は新生児期において必要な要素ですが、母親にとっては時間とエネルギーを多く消耗する課題となります。頻回な授乳が辛さを伴う理由を考えてみましょう。
頻回な授乳による辛さの一つは、睡眠不足です。新生児は成長に必要な栄養を母乳から摂取するため、夜中を含めて頻繁に授乳が必要です。夜間の授乳回数が多いため、ママたちは短い睡眠時間で済ませなければならず、長期間にわたって寝不足が続くことがあります。この睡眠不足は精神的な負担となり、日常生活においても集中力の低下やイライラといった影響を与えます。
さらに、頻回な授乳によって時間とエネルギーを消耗することも辛さの原因です。授乳にはママの体力が必要であり、母乳を与えるためには姿勢を保ちながら赤ちゃんを支える必要があります。特に長時間の授乳では、肩や背中に疲労がたまり、身体的な負担を感じることもあります。加えて、授乳にかかる時間は他の活動を制限することになります。ママたちは日常生活の中で授乳の時間を確保しなければならず、予定やタスクの調整が難しくなることがあります。
以上からわかるように、頻回な授乳はママたちにとって睡眠不足や時間とエネルギーの消耗といった辛さをもたらします。それでも、赤ちゃんの成長と健康のために必要な授乳には、ママたちの愛情と尽力が欠かせません。ママたちは辛さに打ち勝ちながら、赤ちゃんをサポートするための授乳に取り組んでいます。

母乳の分泌が十分でない

母乳の分泌が十分でないと感じる母親もいます。これは母親のストレスや体調によるもので、赤ちゃんへの不安感を引き起こす可能性があります。
母乳の分泌が十分でないと感じる理由はさまざまですが、その原因の一つはストレスです。母親は育児の責任や期待に加えて、自身の体調や生活の変化によるストレスを抱えることがあります。ストレスはホルモンのバランスに影響を与え、母乳の分泌にも影響を及ぼす可能性があります。
また、体調の問題も母乳の分泌に影響を与える要因です。産後の身体の回復や栄養状態、十分な休息が母乳の分泌に関与します。体調が万全でない場合や栄養が不足している場合、母乳の分泌が十分に行われないことがあります。
具体例として、1人目の子供の時に母乳の出が悩みだったママがいます。周りの話を聞くと母乳が過剰な場合もあるため、自身の母乳の出が少ないことに対して不安や自己嫌悪の感情が湧き上がりました。彼女は「お腹いっぱい母乳を飲ませてあげたいのに、飲ませてあげられない」という思いに悩みました。
以上からわかるように、母乳の分泌が十分でないと感じる理由はストレスや体調の影響があります。このような状況ではママたちは赤ちゃんへの不安感や自己嫌悪感を抱えることがあります。しかし、母乳の分泌には個人差があり、ママたちは専門家や助産師のサポートを受けながら、赤ちゃんに最適な方法で育児を進めています。

母乳授乳に伴う肉体的な問題

母乳育児に伴う肉体的な問題は、乳首の痛みや乳腺炎といった要素があります。これらの問題は母乳育児を困難にする一因となります。
母乳育児において乳首の痛みは一般的な課題です。授乳時に赤ちゃんの吸引力や姿勢の問題により、乳首や乳輪が刺激を受け、痛みが生じることがあります。特に初めてのママや母乳育児の経験が浅い場合には、正しい授乳の方法を見つけるまで時間がかかることがあります。乳首の痛みは授乳を妨げ、ママたちの肉体的な苦痛やストレスを引き起こす要因となります。
さらに、乳腺炎も母乳育児に伴う肉体的な問題の一つです。乳腺炎は乳腺の炎症であり、通常は細菌感染によって引き起こされます。乳腺炎は痛みや腫れ、発熱といった症状を伴い、ママたちの身体に大きな負担をかけます。授乳中の乳腺炎は特に授乳時の痛みを強め、母乳育児を困難にする原因となります。
具体的な例として、4歳の女の子と6歳の男の子のママが毎日12回以上の授乳を行っていたと述べています。この頻回な授乳により、乳首が損傷し、激痛を伴う状況になったことで涙が出るほど辛い思いをしたと述べています。また、中には乳腺炎に罹患し、痛みと発熱に苦しんだママも存在しました。
以上からわかるように、乳首の痛みや乳腺炎は母乳育児における肉体的な問題です。これらの問題はママたちの授乳体験に負担をかけ、ストレスや不快感を引き起こす要因となります。ママたちは助産師や専門家のアドバイスを受けながら、乳房のケアや授乳の方法を工夫し、これらの問題に対処しています。

自己の時間が制約される

母乳育児をすることで、自分の時間が制約されると感じる母親も存在します。特に自分の時間を大切にしたいと考えるママたちにとっては、この制約は大きなストレスとなります。
母乳育児をする場合、完全母乳の場合は特に、ママたちは自分の時間を取ることが難しくなります。例えば、通院や美容院などの外出やリフレッシュのための時間を取りたいと思っても、赤ちゃんを預けて出かけることができません。このような制約はママたちにとってつらいものです。自分自身のケアやリフレッシュのための時間が欲しいという思いが毎回湧き上がるでしょう。
具体的な例として、1歳の子供と小学2年生の男の子を育てるママが述べています。彼女は完全母乳の育児をしているため、自分自身の通院や美容院への外出をしたいと思っても子どもを預けて出かけることができず、つらさを感じました。自分自身の時間が制約されることで、ママたちはストレスを抱えることになります。
以上からわかるように、母乳育児によって自己の時間が制約されることは、ママたちにとって大きなストレスとなります。しかし、育児は子どもの成長と健康のために必要な責任であり、ママたちは自己犠牲を払いながらも愛情を注ぎながら頑張っています。また、家族やパートナー、友人のサポートを受けることで、少しでも自分自身の時間を確保する工夫も行っています。

母乳育児の困難を和らげるための休息

母乳育児が困難だと感じる場合は、自分自身を休ませることが重要です。ママの体と心の健康を保つためには、適度な休息を取ることが必要です。
母乳育児において、ママがストレスを感じるとそれが母乳にも影響を与えることがあります。長期にわたって続く育児の中で、ママが無理をして体調を崩さないことが大切です。そのため、母乳育児が困難な場合は、無理をせずに休むことを心がけましょう。
現在は、質の良いミルクも市販されていますので、ミルクをあげることも選択肢の一つです。ただし、いきなり母乳を完全にやめることは赤ちゃんにとってストレスになります。少しずつミルクを導入する方法を試して、赤ちゃんが哺乳瓶に慣れるようにしましょう。
ママが楽にできる方法を積極的に活用し、自分自身を労わることが大切です。ママがゆっくり休む時間を作りつつ、その分赤ちゃんとの触れ合いや抱っこの時間を大切にしましょう。
このように母乳育児が困難だと感じる場合は、ママ自身の休息が重要です。ママの体と心の健康を保つために、無理をせず適度な休息を取ることを心掛けましょう。また、ミルクの導入を検討する際には、少しずつ移行する方法を選び、赤ちゃんとの絆を大切にしながら育児に取り組んでください。

経験豊かなママたちの母乳育児対策

つらい母乳育児を乗り越えるために、経験豊かな先輩ママたちが実践した対策を紹介します。
先輩ママたちはさまざまな方法を試しながらつらい母乳育児を乗り越えてきました。具体的な対策としては、混合ミルクに切り替えることや、「母乳育児も今だけ」という考え方を持つことがありました。混合ミルクに切り替えることで、ママの負担を軽減し、赤ちゃんに十分な栄養を与えることができます。また、「母乳育児も今だけ」と考えることで、一時的な期間として自身へのプレッシャーや負担を和らげることができます。
さらに、搾乳してミルクを与えたり、乳頭保護器を使用したりする方法も有効でした。搾乳によって母乳を確保し、赤ちゃんに与えることで、ママの体調や状況に合わせた柔軟な育児が可能となります。乳頭保護器を使うことで、乳首の痛みやダメージを軽減し、快適な授乳ができるようになります。
また、マッサージやリラックス法を取り入れることも効果的でした。マッサージによって乳腺の血流を促進し、母乳の分泌をサポートします。リラックスすることはストレスの軽減につながり、母乳育児におけるママの心身の健康を保つ上で重要です。
経験豊かな先輩ママたちはさまざまな方法を試しながらつらい母乳育児を乗り越えてきました。混合ミルクの導入や搾乳、乳頭保護器の使用、マッサージやリラックス法の取り入れなど、個々の状況に合わせた対策が有効でした。新しいママたちは、先輩ママたちの経験を参考にしながら、自身の育児スタイルに合った方法を見つけることができます。

母乳とミルクを併用

母乳育児の負担を軽減するために、一部のママは母乳だけでなくミルクを併用することで育児に取り組んできました。
母乳が出ることは素晴らしいことであり、「経済的だし完母で頑張ろう!」と意気込んでいるママも多いです。しかし、実際には育児の疲れやストレスがたまり、ミルクを足したり置き換えたりすることで負担が軽減され、イライラも減少することを実感しています。
具体的な例として、0歳の男の子のママが述べています。彼女は最初は完全母乳を目指して頑張っていましたが、自身の疲労度が高まり、ミルクを併用することで結果的に自身の疲れが和らぎ、イライラも減少したと述べています。
以上からわかるように、一部のママたちは母乳育児の負担を軽減するために、母乳だけでなくミルクを併用して育児に取り組んでいます。育児は個々のママによって異なる状況や体力によって影響を受けますので、母乳とミルクの併用は柔軟な対応として選ばれることもあります。ママたちは自身の状況や赤ちゃんのニーズに合わせて、育児方法を選択することが重要です。

母乳育児は一時的なものであるとの考え

母乳育児は一時的なものであるという考え方を持つことで、精神的なプレッシャーを和らげることができました。
一部のママたちは、母乳育児を一時的なものと考えることで、つらさやプレッシャーを軽減しています。赤ちゃんは成長とともに食事や栄養摂取の方法も変化していくため、母乳を飲む期間に限られていると考えることで、現在のつらさや苦労が一時的なものであることを自覚することができます。これにより、ママたちはつらさを前向きに受け止め、母乳をあげることに対して可愛さや喜びを感じることができるようになります。
具体的な例として、1歳の男の子のママが述べています。彼女は母乳育児を一時的なものと捉え、今しか母乳を飲まない時期だと自覚することでつらさが軽減され、母乳をあげることに対して可愛らしさを感じるようになりました。
一部のママたちは母乳育児を一時的なものと捉えることで、精神的なプレッシャーを和らげることができました。赤ちゃんの成長とともに食事の形態が変わることを自覚し、現在のつらさや苦労が一時的なものであることを受け入れることで、母乳育児を前向きに取り組むことができます。このようなママたちの経験から、母乳育児は一時的なものであるという考え方を持つことが、育児における心のケアに役立つことがわかります。

搾乳による授乳

母乳育児において、母乳を搾乳し、それを飲ませる方法は効果的であり、肉体的な負担を軽減することができます。
一部のママたちは、搾乳を取り入れることで乳首への負担を減らすことに成功しました。搾乳によって母乳を確保し、それをボトルや哺乳瓶を通じて赤ちゃんに与えることができます。これにより、ママの乳首への負担を軽減しつつ、赤ちゃんに必要な栄養を提供することができます。
また、一部のママたちは搾乳して得た母乳を冷凍保存し、他の人でも赤ちゃんに与えることができるようにしていました。この方法は、ママが休む時間を作ることができるため、ママ自身のリフレッシュや休息につながります。
搾乳による授乳は母乳育児において効果的な方法です。ママは自身の乳首への負担を減らしつつ、必要な栄養を母乳として提供することができます。また、搾乳して得た母乳を冷凍保存することで、他の人でも赤ちゃんに与えることができるため、ママの休息や時間確保にも役立ちます。ママたちは自身の体調や赤ちゃんのニーズに合わせて搾乳を取り入れることで、より柔軟な育児スタイルを実現できます。

乳頭保護器の使用

乳頭保護器を使用することで、乳首の痛みや乳腺炎を防ぐことができました。
一部のママたちは、乳頭保護器を使うことで乳首の痛みや負担を軽減し、快適な授乳を実現しました。乳頭保護器は乳首を保護し、赤ちゃんが乳首にうまく吸い付くことができるようにサポートします。これにより、乳頭の負担や痛みを軽減し、乳腺炎の発生を予防することができます。
具体的な例として、0歳の男の子のママが乳頭保護器の使用を挙げています。彼女は乳頭保護器を使うことで赤ちゃんに飲ませることができ、乳首の保護と授乳の快適さを両立させました。
乳頭保護器の使用は母乳育児において有効な方法です。乳頭保護器は乳首の痛みや負担を軽減し、乳腺炎の予防にも役立ちます。ママたちは自身の乳首の状態に合わせて乳頭保護器を活用することで、より快適な授乳体験を実現することができます。乳頭保護器は母乳育児のサポートツールとして活用され、ママと赤ちゃんの健康と快適さを両立させる役割を果たします。

マッサージを行う

乳腺炎や乳房の張りを和らげるために、マッサージを行う方法が有効であることが分かりました。
一部のママたちは、乳頭マッサージを取り入れることで乳房の状態を改善しました。乳頭マッサージによって乳頭が柔らかくなり、乳腺のつまりや張りを解消することができます。マッサージは乳房の血液循環を促進し、乳腺内の乳汁の流れをスムーズにする効果もあります。
具体的な例として、2歳の女の子のママが乳頭マッサージの効果を挙げています。彼女は乳頭マッサージを行うことで乳頭が真っ平になるほど柔らかくなり、乳腺炎や乳房の張りを和らげることに成功しました。
マッサージは母乳育児において有効な方法です。乳頭マッサージを取り入れることで乳房の状態を改善し、乳腺炎や乳房の張りを和らげることができます。ママたちは定期的なマッサージを行うことで乳房の血液循環を促進し、乳汁の流れをスムーズにする効果を得ることができます。乳頭マッサージはママの快適な授乳環境を整えるために役立つ方法の一つです。

リラックスした状態を保つ

母乳育児において、リラックスした状態を保つことは重要です。リラックスすることで母乳の分泌を助けるだけでなく、ママ自身のストレスも軽減することができます。
0歳の女の子のママは、訪問で来てくれた助産師さんに見てもらった際に、「ちゃんと母乳が出ているから大丈夫」と励まされたことが一番大きかったと述べています。助産師さんからの言葉によって安心感を得て、リラックスできるようになった結果、母乳の分泌も順調になりました。
ママたちにとって、助産師や専門家からのサポートや励ましの言葉は大きな意味を持ちます。「大丈夫」と言ってもらえるだけで、肩の力が抜けてリラックスできることがあります。そのようなリラックスした状態は、母乳の分泌を促進し、母乳育児をより順調に進めることができます。
以上からわかるように、心地よいリラックス状態を保つことは母乳育児において重要です。助産師や専門家からの励ましやサポートを受けることで安心感を得られ、肩の力が抜けてリラックスできる状態が生まれます。リラックスすることで母乳の分泌を促進し、同時にママ自身のストレスも軽減することができます。

授乳中の不快感、それはD-MERの可能性がある

授乳中に不快な感情や気分、吐き気が突然現れるという症状を経験する母親たちは、不快性射乳反射(D-MER)と呼ばれる状態にある可能性があります。D-MERは授乳中に起こる特定の症状であり、母乳育児において困難さを感じる要因の一つとなっています。
D-MERは母乳を出すための神経反射の一部である射乳反射に異常が生じることによって引き起こされます。授乳が始まると共に、ネガティブな気持ちや不快な感覚、ゾワゾワとした感覚、吐き気などが現れることが特徴です。これらの症状は授乳が進むにつれて軽減され、通常数分から十数分で消失します。
D-MERの原因はまだ完全には解明されていませんが、一部の研究では、ドパミンと関連している可能性が示唆されています。ドパミンは脳内の神経伝達物質であり、感情や報酬系に関与しています。D-MERの症状は授乳時にドパミンの異常な放出が起きることによって引き起こされると考えられています。
D-MERは母親にとって困難な状態であり、授乳体験を辛くすることがあります。しかし、D-MERについての理解が広まってきており、専門家やサポートグループの支援を受けることで対処方法や心理的なサポートを得ることができます。また、D-MERは一時的なものであり、通常は数ヶ月から1年以内に自然に改善することが多いとされています。
以上からわかるように、不快性射乳反射(D-MER)は授乳中に特定の症状が現れる状態であり、母乳育児の困難さを感じる要因の一つとなります。D-MERの原因はまだ解明されていませんが、ドパミンとの関連性が示唆されています。しかし、D-MERに対する理解が進んでおり、専門家の支援やサポートグループの存在があります。D-MERは一時的なものであり、通常は数ヶ月から1年以内に自然に改善することが期待されます。

授乳時の不快感、原因はホルモンの影響か

授乳中に不快な気分や感覚が現れるのは、ホルモンバランスの変化が原因である可能性が考えられます。このような状態は不快性射乳反射(Dysphoric milk ejection reflex: D-MER)として知られており、授乳時に特に母乳が放出される直前の数秒間に突然現れるネガティブな気持ちや不快な感覚、ゾワゾワ感、吐き気などを指します。
D-MERは授乳中の一部の女性に起こる珍しい症状です。その原因としては、主にホルモンの影響が考えられており、特にドーパミンという成分の低下が関与していると考えられています。ドーパミンは脳内の神経伝達物質であり、感情や快感を調節する役割を持っています。D-MERの症状は母乳が放出される際にドーパミンの低下が起こることによって引き起こされる可能性があります。
D-MERと産後うつ病は異なるものであり、D-MERは特定のタイミングで起こる一時的な症状であるとされています。D-MERに対する理解はまだ不十分ですが、これまでの研究によりホルモンの影響が関与していることが示唆されています。
授乳中の不快感や気分の変化は、ホルモンバランスの変化が原因である可能性が考えられます。D-MERとして知られる症状は、特にドーパミンの低下が関与していると考えられています。しかし、D-MERは産後うつ病とは異なるものであり、一時的な症状とされています。今後の研究によってD-MERについての理解が深まることが期待されます。

D-MERの主な症状とは何か

授乳中に不快な気持ちや感覚を引き起こすD-MERの症状には、個人差があります。軽度の場合、ため息をつく程度の感じ方であり、重度の場合は非常につらい気分になり、授乳を辞めたくなるほどの強い感情を抱くこともあります。
D-MERの症状は、産後3ヵ月までに軽くなるまたは消失するという報告がありますが、授乳期間中に持続することもあります。ただし、症状の持続期間にかかわらず、赤ちゃんが成長するにつれて対処方法がうまくなることが多いとされています。
個々の母親がD-MERの症状を経験する際の感じ方は異なるため、それぞれの状態を理解することが重要です。軽度の症状を経験する場合でも、母親の不快感や気分の変化は真剣に受け止められるべきです。また、D-MERの症状は時間とともに緩和される傾向があるため、長期的な管理に焦点を当てることが大切です。
D-MERの症状は個人によって異なり、軽度から重度までの範囲があります。報告によれば、症状は産後3ヵ月までに緩和されることがありますが、授乳期間中にも持続することがあります。赤ちゃんの成長とともに対処方法が改善されることが多いため、母親は自身の状態を理解し、必要な支援を受けることが重要です。

生活習慣の改善でD-MERを軽減する

D-MERの症状を軽減するためには、生活習慣の改善が有効です。個々の健康状態に合わせた工夫が必要となります。
D-MERの症状が軽度から中等度の場合、まずは自身の状態を理解することが重要です。自分自身が母親に向いていないと感じる必要はありません。症状を感じにくくするためには、授乳中に気を紛らわせることが効果的です。好きな音楽を聴いたり、食事を楽しむことで気分を軽くすることができます。また、症状を悪化させる要因(心身のストレス、水分不足、カフェインなど)を避けることも試してみましょう。
一方、症状が重度で授乳が困難である場合は、医療機関(産婦人科など)で医師や助産師に相談することが重要です。専門家と一緒に対処法を考えていくことで、より適切な支援を受けることができます。
D-MERによる生理的な不快感を感じることは一定の頻度で起こるかもしれませんが、それは母親に向いていないということではありません。まずはD-MERという現象を認識し、自身に合った対処法を試してみましょう。
D-MERの症状を軽減するためには、生活習慣の改善が有効です。自身の状態に合わせた工夫をすることが重要であり、症状の程度に応じて適切な対応を取る必要があります。D-MERの症状が軽度から中等度の場合、気を紛らわせる方法や症状を悪化させる要因の回避が効果的です。一方、症状が重度で授乳が困難な場合は医療機関で専門家と相談することが大切です。D-MERによる不快感は一定の頻度で感じるかもしれませんが、それは母親に向いていないということではありません。D-MERを認識し、自身に合った対処法を試みることで症状の軽減が期待できます。

共有体験: 授乳時の不快感、それはD-MER

授乳時に不快感を覚える経験は、あなただけではありません。実際に、それは不快性射乳反射(D-MER)という症状の可能性があります。
D-MERとは、赤ちゃんが母乳を飲み始めると突然、不快でネガティブな感情に襲われる状態を指します。この症状は、母乳育児の幸福なイメージとは異なるものであり、珍しいことではないようです。
D-MERの特徴は個人によって異なるかもしれませんが、授乳中に不快感を覚えることは多くの人が経験しています。この症状が起こる原因やメカニズムはまだ完全には理解されていませんが、ホルモンの影響が関与していると考えられています。
D-MERを経験する人々にとって、理解と情報の共有は重要です。自分だけで悩まずに、専門家や他のママたちと話し合い、サポートを受けることが大切です。D-MERの存在を知ることで、この症状に対する理解と対処法の探求が可能になります。

不明な原因「射乳反射」の特異な症状

授乳中に不快な感情やイライラが起こる経験はありませんか?それはD-MER(不快性射乳反射)かもしれません。D-MERは射乳反射の特異な形と考えられており、原因は完全には明らかになっていません。
赤ちゃんが母乳を飲むと、母親の脳が刺激され、オキシトシンというホルモンが乳腺に作用して母乳が噴出するとされています。オキシトシンは愛情や幸福をもたらすホルモンとして知られており、多くの人が授乳時に赤ちゃんを可愛いと感じたり幸福を感じたりします。しかし、ごく少数の人にとっては、授乳によって不快感が生じることがあります。
D-MERは生理的な現象であり、重大な病気の前兆ではなく、悪化することもありません。産後うつとも異なるものです。不快な感情が起こる具体的な原因はまだ解明されていませんが、D-MERは射乳反射の異常な形と考えられています。
D-MERに悩む人々は、自分だけではないことを知ることが重要です。D-MERについての情報を得ることで、自身の経験を理解し、他の人との共有や専門家のサポートを受けることができます。安心してください。

母乳育児のサポートを求めて、共に乗り越えましょう

D-MERに苦しんでいる場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?症状は通常数分で収まることが多いようですが、重度の場合は薬の使用が海外で行われています。しかし、有効な治療法がない場合でも、D-MERが長期間続くことは稀であり、信頼できる母乳育児の専門家に相談しながら対処していくことが重要です。周囲の理解やサポートも大切な要素です。
D-MERは2007年に初めて報告されましたが、以前から授乳時に不快感を感じる人々が存在したようです。D-MERについて理解することは、最初の一歩となります。この困難な旅を乗り越えるために、専門家のサポートを求め、周囲の理解と支援を受けながら進んでいきましょう。
母乳育児は個々の体験と課題が伴いますが、あなたは一人ではありません。専門家や他の母乳育児を経験した人々との共有体験は、困難を乗り越えるための力となります。サポートを求め、相談し、情報を得ることで、母乳育児の道を共に進むことができるでしょう。あなたの努力と忍耐が報われる日が訪れることを願っています。

母乳がどのように生成されるか

母乳の生成は、複雑な生理的プロセスによって行われます。赤ちゃんが乳頭を吸うと、その刺激がママの脊髄を通り、脳下垂体に伝わります。脳下垂体は射乳ホルモンであるオキシトシンと、乳腺を刺激するプロラクチンを分泌します。プロラクチンは乳腺房で既に生成されていた乳汁をしぼり出し、湧き出るように母乳が排出される仕組みです。
D-MERの症状は、プロラクチンの使用時に一時的に脳内のドーパミンが低下することによって引き起こされると考えられています。ホルモンの相互作用によって母乳が生成され、噴出する仕組みですが、D-MERではこの過程が特異的な形で起こる可能性があります。
母乳の生成は個人差もありますが、赤ちゃんが乳頭を吸うことで刺激が起こり、ホルモンの働きによって母乳が生産されます。この知識を持つことは、母乳育児における理解とサポートの重要な一環です。ママたちはこのプロセスを通じて赤ちゃんに栄養を提供し、成長を支える貴重な存在です。

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。

2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。

3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。

4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。

5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。

6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。

7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。

8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。

9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。

10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。

11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容

1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。

2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。

3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。

4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。

5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。

6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。

7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。

8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。

9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。

10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。

11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

hsc-refusal-counseling
不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

HSCの子どもを持つ40代の母親にとって、不登校は深刻な悩みです。子どもが学校に行くことに抵抗を示 し、成長や学習に影響を与える可能性があります。では、どのように子どもを復学へと導くことができるの で ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容

1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。

2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。

3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。

4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。

5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。

6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。

7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。

8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。

9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。

10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。

11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。

12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。

13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。

14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。

15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容

1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。

2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。

3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。

4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。

5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。

6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。

7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。

8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。

9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。

10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。

11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。

12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。

13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容

1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。

2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。

3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。

4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。

5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。

6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。

7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。

8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。

9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。

10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。

11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容

1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。

2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。

3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。

4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。

5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。

6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。

7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。

8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。

9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校復学支援事例

refusal-overcome-experience
株式会社Osaka-Childは、母親のメンタルサポートを通じてオキシトシン分泌を促進し、子どもの不登校復学を支援しています。母親に対する専門的なカウンセリングや子育ての疲れやストレスの軽減、胎児期や幼少期の体験の修正、親子関係のカウンセリングなどを行い、彼らのメンタルヘルスをサポートしています。また、子ども自身に対しても心理システムの促進や自己イメージの軌道修正、身体調整や家庭学習支援、進学・キャリアデザインサポートなどの支援を提供しています。これらの支援内容により、子どもの不登校を解決し、復学後の1年間もサポートを継続しています。私たちはお客様の悩みを言語化し、心理システムの苦しみから解放された変化を実現するために努めています。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校復学支援事例1

breastfeeding-challenging

私たちのサポートを必要としていたのは、仮名のイニシャルがAさんという母親と、彼女の不登校に悩む息子さんBくんでした。
AさんはBくんの不登校に心を痛め、日々の子育てに疲れとストレスを感じていました。私たちはまずAさんに対して専門的なカウンセリングを提供しました。彼女の悩みを言語化することで、心の負担を軽減しました。また、Aさんの胎児期や幼少期の体験に焦点を当て、彼女のインナーチャイルドを修正することで、親子関係における課題に気づかせました。さらに、Aさんの生き方を自らの主体性で築くためのカウンセリングを行いました。
一方、Bくんのカウンセリングでは、彼が抱える心の動きを促進することに焦点を当てました。幼少期の負の体験に関する心理システムの循環を解消するために取り組みました。また、親子関係が彼の自己イメージに与える負の影響を修正し、学校環境での存在価値を高めることにも努めました。さらに、過去から現在、そして未来への時間軸の自然な循環を取り戻すために支援しました。
さらに、身体の調整も重要な要素でした。Bくんの姿勢や関節運動、筋肉の出力などを調整することで、彼の身体的な安定感を向上させました。三半規管や脳神経系の修正、触覚刺激を通じた感覚系のコントロール、皮膚刺激によるオキシトシン分泌の促進なども取り入れました。これにより、Bくんの愛着不足を解消し、身体への関わりを通じて彼の安心感を高めることができました。
さらに、不登校子どもの家庭学習支援も行いました。オンラインを活用してBくんの苦手な教科に徹底的に取り組み、彼に合った教材や学習法を見つけるお手伝いをしました。また、地域で上位に入るための学習法や苦手科目との時間的な関わりもサポートしました。予習や復習の時間を共有し、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践しました。
進学やキャリアデザインのサポートも重要な一環でした。カウンセリングを通じてBくんの自己イメージをリセットし、彼の意識と覚醒について共有しました。彼の好きなことや得意なこと、使命感について気づきを得ることで、未来像を描く手助けをしました。そして、その未来像を現実の自己へとプログラミングすることを支援しました。彼の内なる自己から具体的な人生設計を築くために、様々な工程を経て彼をサポートしました。
そして、不登校復学後の1年間にわたるサポートも提供しました。学校との連携を図り、母親と子どものカウンセリングを実施し、生じる問題や課題の解決に取り組みました。彼らが復学後に直面する生きづらさを軌道修正するためのサポートを継続しました。
このように、株式会社Osaka-Childでは母親のメンタルサポートを通じてオキシトシン分泌を促進し、子どもの不登校復学を支援しています。我々は個々の悩みや問題を抱えるお客さまに寄り添いながら、心理的な苦しみからの解放と変化を強調した支援を行っています。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校復学支援事例2

breastfeeding-challenging
仮名のイニシャルがCさんという母親と彼女の不登校に悩む娘さんDちゃんに対して支援を行いました。
CさんはDちゃんの不登校に深い心の痛みを抱えており、育児の疲れとストレスが溜まっていました。まず、Cさんに対して専門的なカウンセリングを提供し、彼女が抱える悩みを言語化する機会を与えました。その結果、彼女の心の負担が軽減され、子育てに対する新たな視点やアプローチを見つけることができました。また、Cさんの胎児期や幼少期の体験に焦点を当て、彼女のインナーチャイルドの修正を行いました。これにより、彼女が自己と向き合い、親子関係の課題に気づくきっかけを得ることができました。さらに、カウンセリングを通じて彼女自身の生き方を主体的に築くためのサポートを行いました。
Dちゃんのカウンセリングでは、彼女が抱える心の動きを促進することに焦点を当てました。幼少期の負の体験による心理システムの循環を解消するために取り組みました。また、親子関係が彼女の自己イメージに与える負の影響を修正し、学校環境での存在価値を高めることに注力しました。さらに、過去から現在、そして未来への時間軸の自然な循環を取り戻すための支援を行いました。
身体の調整も重要な要素でした。Dちゃんの姿勢や関節運動、筋肉の出力などを調整し、彼女の身体的な安定感を向上させました。また、三半規管や脳神経系の修正、触覚刺激を通じた感覚系のコントロール、皮膚刺激によるオキシトシン分泌の促進なども取り入れました。これにより、Dちゃんの愛着不足を解消し、身体への関わりによる不足した愛着の向上を実現しました。
さらに、不登校子どもの家庭学習支援を行いました。Dちゃんの苦手な教科に対してオンラインを活用した徹底的な学習サポートを提供しました。彼女に合った教材や学習法を見つけることで、学習効果を最大化しました。また、地域で上位に入るための学習法や苦手科目との時間的な関わりをサポートしました。予習や復習の時間を共有することで、彼女の学習習慣を確立させました。
進学やキャリアデザインのサポートも行いました。カウンセリングを通じてDちゃんの自己イメージをリセットし、彼女の意識と覚醒について共有しました。彼女の好きなことや得意なこと、使命感への気づきを促し、未来像の具体化に向けてサポートしました。そして、未来像と現実の自己へのプログラミングを行うことで、彼女の進学やキャリアの方向性を具体化させました。
不登校復学後の1年間にわたるサポートでは、学校との連携を図り、CさんとDちゃんのカウンセリングを実施しました。復学後に生じる様々な問題や課題に対して解決策を見つけ、実践に移すサポートを行いました。さらに、復学後の生きづらさの軌道修正にも取り組みました。このように、私たちは母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌を促進し、子どもの不登校復学を支援しています。我々は支援内容を拡張し、お客さまに対して自然な対応を行いながら、悩みから解放された変化を実現するためのサポートを提供しています。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校校復学支援事例3

breastfeeding-challenging
仮名のイニシャルがEさんという母親と彼女の不登校に悩む息子さんFくんに対して支援を行いました。
EさんはFくんの不登校に悩み、子育ての疲れやストレスを抱えていました。まず、Eさんに対して専門的なカウンセリングを提供し、彼女の悩みや心の負担を軽減しました。また、Eさんの胎児期や幼少期の体験に焦点を当て、彼女のインナーチャイルドの修正を行いました。さらに、親子関係をカウンセリングを通じて見つめ直し、彼女の自己成長と主体性を促すサポートを行いました。
Fくんのカウンセリングでは、彼が抱えるココロの動きを促進することに焦点を当てました。幼少期の負の体験による心理システムの循環を解消し、彼の心の安定を図りました。また、親子関係による負の自己イメージを軌道修正し、学校環境での存在価値を高めるための支援を行いました。さらに、過去から現在、そして未来への時間軸の自然循環を取り戻すためのプロセスを実践しました。
身体調整も重要な要素でした。Fくんの姿勢コントロールや全身の関節運動、筋肉の出力調整に取り組みました。姿勢コントロールから重心作りを促し、彼の身体的な安定感を向上させました。さらに、三半規管や脳神経系の修正を行い、触覚刺激を通じた感覚系のコントロールをサポートしました。皮膚刺激によるオキシトシン分泌の促進も取り入れ、彼の愛着不足を解消するための身体への関わりを重視しました。
不登校子どもの家庭学習支援では、Fくんの苦手教科に対してオンラインを活用した徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材と学習法を見つけ、学習効果を最大化しました。さらに、得意科目を地域で上位に入るための学習法や苦手科目との時間的な関わりにも取り組みました。予習と復習の時間を共有し、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践しました。
進学やキャリアデザインのサポートでは、カウンセリングを通じてFくんの自己イメージをリセットし、意識と覚醒についての共有を行いました。彼の好きなことや得意なこと、使命感について気づきを促し、未来像を具体化する手助けをしました。そして、未来像と現実の自己へのプログラミングを行い、具体的な人生設計を築くための支援を行いました。
不登校復学後の1年間のサポートでは、学校との連携を図り、EさんとFくんのカウンセリングを実施しました。彼らが復学後に直面する問題や課題を解決し、生きづらさの軌道修正を支援しました。さらに、Eさんのメンタルサポートを継続することで、彼女の支えとなりました。株式会社Osaka-Childでは、母親のメンタルサポートによるオキシトシン分泌促進を通じて、子どもの不登校復学をサポートしています。私たちは支援者としてお客さまに寄り添い、自然な流れで支援内容を提供することで、悩みの言語化や心理システムの苦しみからの解放と変化を促しています。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校復学支援事例4

breastfeeding-challenging
Gさんという母親と彼女の不登校に悩む息子さんHくんに対して支援を行いました。
GさんはHくんの不登校に心を痛め、日々の子育てに疲れとストレスを感じていました。まず、Gさんに対して専門的なカウンセリングを提供し、彼女の悩みを言語化することで心の負担を軽減しました。また、Gさんの胎児期や幼少期の体験に焦点を当て、彼女のインナーチャイルドを修正することで親子関係の課題に気づかせました。さらに、カウンセリングを通じてGさんの主体性を促すことで、彼女自身の生き方を築くサポートを行いました。
Hくんのカウンセリングでは、彼が抱える心の動きを促進することに焦点を当てました。幼少期の負の体験による心理システムの循環を解消し、彼の心の安定を図りました。また、親子関係が彼の自己イメージに与える負の影響を修正し、学校環境での存在価値を高めるための支援を行いました。さらに、過去から現在、そして未来への時間軸の自然循環を取り戻すためのサポートを提供しました。
身体の調整も重要な要素でした。Hくんの姿勢コントロールや全身の関節運動、筋肉の出力調整に取り組みました。姿勢コントロールから重心作りを促し、彼の身体的な安定感を向上させました。また、三半規管や脳神経系の修正を行い、触覚刺激を通じた感覚系のコントロールをサポートしました。さらに、皮膚刺激によるオキシトシン分泌の促進や身体への関わりによる不足した愛着の向上を重視しました。
不登校子どもの家庭学習支援では、Hくんの苦手教科に対してオンラインを活用した徹底的な学習サポートを提供しました。彼に適した教材や学習法を見つけることで、学習効果を最大化しました。また、地域で上位に入るための学習法や苦手科目との時間的な関わりにも取り組みました。予習や復習の時間を共有し、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践しました。
進学やキャリアデザインのサポートでは、カウンセリングを通じてHくんの自己イメージをリセットし、意識と覚醒についての共有を行いました。彼の好きなことや得意なこと、使命感への気づきを促し、未来像の具体化に向けて支援しました。そして、未来像と現実の自己へのプログラミングを行い、具体的な人生設計を築くためのサポートを提供しました。
不登校復学後の1年間のサポートでは、学校との連携を図り、GさんとHくんのカウンセリングを実施しました。復学後に生じる問題や課題に対して解決策を見つけ、実践に移すサポートを行いました。さらに、復学後の生きづらさの軌道修正にも取り組みました。
株式会社Osaka-Childでは、母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌を促進し、子どもの不登校復学を支援しています。私たちは支援者としてお客さまに寄り添い、自然な流れで支援内容を提供することで、悩みの言語化や心理システムの苦しみからの解放と変化を促しています。

株式会社Osaka-Childの母親のメンタルサポートでオキシトシン分泌促進による子どもの不登校復学支援事例5

breastfeeding-challenging
Iさんという母親と彼女の不登校に悩む息子さんJくんに対して支援を行いました。
IさんはJくんの不登校について深い悩みを抱え、育児の疲れとストレスに悩んでいました。まず、Iさんに対して専門的なカウンセリングを提供し、彼女が抱える悩みを言語化する機会を与えました。その結果、彼女の心の負担が軽減され、子育てに対する新たな視点やアプローチを見つけることができました。また、Iさんの胎児期や幼少期の体験に焦点を当て、彼女のインナーチャイルドの修正を行いました。これにより、彼女が自己と向き合い、親子関係の課題に気づくきっかけを得ることができました。さらに、カウンセリングによって彼女の生き方を主体性を持たせるサポートを行いました。
Jくんのカウンセリングでは、彼が抱える心の動きを促進することに焦点を当てました。幼少期の負の体験による心理システムの循環を解消するために取り組みました。また、親子関係が彼の自己イメージに与える負の影響を修正し、学校環境での存在価値を高めるための支援を行いました。さらに、過去から現在、そして未来への時間軸の自然な循環を取り戻すための支援を行いました。
身体の調整も重要な要素でした。Jくんの姿勢コントロールや全身の関節運動、筋肉の出力調整に取り組みました。姿勢コントロールから重心作りを促し、彼の身体的な安定感を向上させました。さらに、三半規管や脳神経系の修正を行い、触覚刺激を通じた感覚系のコントロールをサポートしました。皮膚刺激によるオキシトシン分泌の促進や身体への関わりによる不足した愛着の向上も重視しました。
不登校子どもの家庭学習支援では、Jくんの苦手教科に対してオンラインを活用した徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材や学習法の発見と実践をサポートし、得意科目を地域で上位に入るための学習法も提供しました。苦手科目との時間的な関わりにも取り組み、予習・復習の時間を共有することで彼の学習習慣を改善しました。
進学やキャリアデザインのサポートでは、カウンセリングを通じてJくんの自己イメージのリセットを行いました。意識と覚醒の自然現象への共有を促し、彼の好きなこと、得意なこと、使命感への気づきを支援しました。未来像のマインドからの発見を促し、未来像と現実の自己へのプログラミングを行いました。具体的な人生設計を築くためのサポートも提供しました。
不登校復学後の1年間のサポートでは、学校との連携を図り、IさんとJくんのカウンセリングを実施しました。復学後に生まれる諸問題の解決と実践に取り組み、復学後の生きづらさの軌道修正にも力を注ぎました。
株式会社Osaka-Childでは、母親のメンタルサポートによるオキシトシン分泌促進を通じて、子どもの不登校復学を支援しています。私たちは支援者としてお客様に寄り添い、自然な流れで支援内容を提供し、悩みの言語化や心理システムの苦しみからの解放と変化を促しています。

まとめ:授乳が辛く感情や落ち込みは不快性射乳反射(D-MER)の可能性

授乳中に不快な感情や落ち込みを経験する場合、不快性射乳反射(D-MER)が関与している可能性があります。D-MERは生理的な現象であり、母乳分泌に関わるドパミンのバランスの乱れが原因とされています。対処法としては、D-MERの理解と認識、カウンセリングやサポートを受けることが重要です。株式会社Osaka-Childでは、母親のメンタルサポートを通じてオキシトシン分泌促進をサポートし、母乳育児におけるストレスや不安の軽減を目指しています。お気軽にご相談ください。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-40代母親の子どもの不登校, オキシトシン, 母乳・授乳育児