オキシトシン 妊娠・出産 心理療法|カウンセリング

出産(安産)のためにはオキシトシン|陣痛促進し産道に愛情で子どもを迎え入れる

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

oxytocin-childbirth

出産は、母親と子どもの人生において一大イベントです。しかし、不安や痛みを伴うことも少なくありません。この記事では、出産をより安全で穏やかな経験に変える鍵となるホルモン、オキシトシンについて掘り下げますオキシトシンは自然な陣痛を促し、母体と子どもの絆を深める役割を果たします。読者は、オキシトシンの働きと、出産中にそれを最大限に活用する方法を学べるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • オキシトシンの役割と重要性:出産中にオキシトシンが果たす自然な陣痛促進と母子絆深化のメカニズムについて理解できます。
  • 40代母親の特有の挑戦:この年代の母親が直面する独特の健康上の課題と精神的な要素についての詳細が得られます。
  • 出産への心理的対策:恐怖を軽減し、出産過程をよりポジティブに捉えるための具体的な心理的戦略を学べます。
  • Osaka-Childのサポート内容:大阪にあるカウンセリング支援事業「Osaka-Child」が提供する、出産前後のメンタルヘルスサポートに関する情報を提供します。
  • 実用的な出産準備のアドバイス:実際の出産に向けて、心身の準備を整えるための実用的なアドバイスやヒントが分かります。

記事を通じて、40代の母親たちが直面する特有の挑戦と、それにどう対処するかについての具体的な知識を得ることができます。また、恐怖を減らし、出産過程をよりポジティブなものに変えるための心理的な戦略についても紹介します。この知識は、出産の不安を和らげ、より自信を持ってこの重要な時期に臨む助けとなるはずです。

さらに、この記事の後半部分では、大阪に拠点を置くカウンセリング支援事業「Osaka-Child」の詳細を取り上げます。このプログラムは、40代の母親が直面する特有の問題に対応し、出産前後のメンタルヘルスをサポートするために設計されていますOsaka-Childでは、個別カウンセリング、グループセッション、教育ワークショップなど、さまざまな形式で支援を提供しています。読者は、このプログラムがどのようにして出産体験を改善し、母親たちの健やかな心身をサポートするかを理解できるでしょう。

監修者

株式会社Osaka-Child所属 精神科医

  • 名前: 川村恵子
  • 出身地: 福岡県
  • 最終学歴: 京都大学医学部 精神神経学専攻
  • 専門分野: 精神病理学、ストレス管理、認知療法
  • 職歴: 京都大学医学部附属病院精神科勤務(10年)、独立後、大阪で精神科クリニックを開設

専門分野について一言: 「心の健康は全身の健康へとつながります。一人ひとりの心の声を大切にしたいと思っています。」

株式会社Osaka-Child所属 産婦人科医

  • 名前: 山口真理
  • 出身地: 愛知県
  • 最終学歴: 大阪大学医学部 産婦人科学専攻
  • 専門分野: 高齢出産、不妊治療
  • 職歴: 大阪大学医学部附属病院産婦人科勤務(15年)、その後、自身の産婦人科クリニックを開設
  • 専門分野について一言: 「女性一人ひとりのライフステージに合わせた、最善のケアを提供します。」

株式会社OsakaChildの40代女性のオキシトシンを増やすカウンセリングを受ける

出産を安全に実現するために欠かせないホルモン「オキシトシン」

oxytocin-childbirth

出産の進行に関与するさまざまなホルモンが存在しますが、最初に挙げるべきは「オキシトシン」です。オキシトシンは子宮を収縮させるホルモンで、陣痛の誘発や促進に活用されます。このホルモンは脳の下垂体から分泌されます。また、「愛情ホルモン」としても知られ、赤ちゃんが母親の乳首を吸う刺激でも分泌されます。オキシトシンの分泌により、脳は安心感を感じ、不安を和らげ、情緒を安定させ、自律神経を調整し、「安心感と心地よさ」を促進します。さらに、オキシトシンの分泌により、痛みへの耐性が向上し、精神的なストレスも緩和されます。オキシトシンはスキンシップやマッサージなどで分泌が促進されます。お産の途中であれば、パートナーにマッサージをしてもらうことも良いでしょう。

出産時に活動が促進される「βエンドルフィン 」

次に挙げるのは「βエンドルフィン」です。βエンドルフィンは「脳内麻薬」としても知られ、強力な鎮痛作用や幸福感をもたらす神経伝達物質です。マラソン選手が辛い状況を克服し、ランナーズハイと呼ばれる快感を感じるのは、このホルモンが分泌されているからと言われています。陣痛は波のように訪れますが、休息の間には眠くなることがあります。これはβエンドルフィンの働きによるものです。陣痛は波状に訪れるため、痛みにフォーカスせず、休息の時間に意識を向けることは有益です。時折、お産が快適だったと感じる方がいるのは、痛みではなくβエンドルフィンの効果を感じ取っているからだと考えられます。

出産に欠かせない「オキシトシン」に拮抗するアドレナリン

最後に挙げるのは「アドレナリン」です。このホルモンはお産の進行を妨げる作用があり、別名「闘争ホルモン」とも呼ばれます。不安や恐怖、緊張した状況などにより分泌されます。アドレナリンの増加は、オキシトシンやβエンドルフィンの分泌を抑制し、痛みを強化し、不安感を増大させます。さらに、アドレナリンの分泌により血管が収縮し、赤ちゃんにも苦痛をもたらすことがあります。アドレナリンの分泌を抑えるためにはリラックスが重要です。お産の最中にリラックスすることは難しいかもしれませんが、深呼吸をし、体を緩めることが非常に重要です。また、過度に考え込まず、単に陣痛の波を感じ、あなたの身体の微細な呼吸よりも小さな動きに合わせると、さらに痛みの中に感じられる気持ちよさを感じることができ、人生の良い思い出になるでしょう

その後にあなたの赤ちゃんに出会えますからね

株式会社OsakaChildのオキシトシン分泌についての記事

オキシトシンの作用と社会的行動

oxytocin-childbirth

オキシトシンと呼ばれるホルモンは、脳の視床下部で生成され、下垂体から放出されます。このホルモンには子宮を収縮させる役割があり、その効果を利用して、出産誘発や促進に広く利用されています。しかし、オキシトシンはこれだけでなく、親子の愛着行動など、社会的な行動にも影響を及ぼすことが知られています。

オキシトシンと母子のつながり

妊娠と出産に伴って、お母さんの体内でオキシトシンの濃度が増加すると、母性行動が活性化し、その結果、母子双方のオキシトシンの効果が一層強化されるという「望ましいループ」が形成されるとされています。出産後、お母さんが赤ちゃんを抱っこし、触れ合うことによって、赤ちゃんは心地よさを感じ、オキシトシンの分泌が増加します。さらに、乳頭を刺激することで、お母さんの体内のオキシトシン濃度も上昇し、このオキシトシンは母乳にも移行します。母乳に含まれるオキシトシンを赤ちゃんが摂取することで、赤ちゃんのオキシトシンレベルも増加します。適切な母子のスキンシップは、オキシトシンの作用においても、母子関係において極めて重要な要素であると考えられています。

父親と子供のつながり

父親は、赤ちゃんが生まれても、生理学的にオキシトシンが急激に増加することはありません。そのため、積極的に育児に参加し、赤ちゃんと触れ合うことでオキシトシンを増やし、父親としての絆を育む必要があるようです。また、オキシトシンは仲間の結束を強化する一方で、敵対的な集団に対して攻撃的になる要素も存在すると言われています。したがって、父親と母親が共同で育児を行えば「仲間」としての絆が形成されますが、父親が育児に積極的に関与しない場合、母子と父親との関係が「敵対的」になる可能性もあるようです。そのため、父親の積極的な育児参加が望ましいとされています。

子育ては社会による共同保育も大切

しかしながら、母親単独の育児だけでなく、両親単独の育児も大きなストレスを引き起こす可能性があります。子育ては、単に家族内の問題だけでなく、共同体全体で取り組むべき課題とも考えられています。オキシトシンというホルモンには、社会的協力を奨励し、仲間を励ます役割があります。この観点から見ても、地域社会における子育てサポートの存在が極めて重要であると言えるでしょう。
オキシトシンの作用には未だに解明されていない側面も存在しますが、家族や仲間との結びつきを深め、思いやりのある共同社会を構築するために、オキシトシンが重要な役割を果たしていることは間違いありません。

出産時にオキシトシンを分泌して自然分娩を実現しよう。

オキシトシンは脳内の下垂体で生成され、分泌される重要なホルモンです。その分布経路には血液を介す場合、神経線維を介す場合、そして末梢の細胞内にあるオキシトシン受容体から拡散する場合、の3つがあります。
現実の世界では、ストレスの多い社会に生きているため、アドレナリンやノルアドレナリンが脳内から分泌され、オキシトシンが拮抗され、不足することがしばしばです。妊娠し、出産を迎える際にオキシトシンが不足することで陣痛が十分に促進されないことが多いのです。
このような場合、産婦人科ではオキシトシンを投与して陣痛を促進する薬物療法を行います。しかし、オキシトシンを投与して陣痛を引き起こす一方で、なぜ自然に陣痛が起こらなかったのか、その本質に向き合うことが肝要です。つまり、日常的にオキシトシンの分泌が促進されていないため、妊娠と出産の過程においてオキシトシンが不足しているのです。
オキシトシンの投与によって出産は実現しますが、この機会に本質的な問いかけが必要です。現代社会においてストレスが蓄積され、家庭環境や社会環境が不適切である場合、オキシトシンが不足する可能性が高まります。そのため、ストレスの原因となる要因を見直し、人生設計の修正を検討することが重要です。ホルモン類、オキシトシンなどは目に見えないものですが、陣痛が遅れるという実例を産婦人科の医師からよく聞きます。この背後には、オキシトシンの不足が社会生活や家庭生活に影響を及ぼしていることがあるのです。

オキシトシンとは?

オキシトシンは、私たち人間の脳から分泌されるホルモンで、"愛のホルモン"とも呼ばれています出産や授乳親子関係の強化信頼関係の構築など、人間の生活の様々な面でその効果が見られます。このホルモンは血液中に存在し、人間の体を調整する役割を果たします。

出産とオキシトシン

オキシトシンは、通常、母体の視床下部(脳の一部)から分泌され、出産の過程で重要な役割を果たします。具体的には、オキシトシンが子宮の筋肉に働きかけて収縮を引き起こし、陣痛という出産の前兆を起こします。これは、赤ちゃんが安全に母体から出てくるのを助ける自然の過程です。
また、分娩が遅延したり陣痛が弱い場合など、医療上の必要性があるときには、医師がオキシトシンを直接投与することがあります。これは、「オキシトシンチャレンジテスト」「ピトシン投与」とも呼ばれ、子宮収縮を促進し、出産をスムーズに進行させるために行われます。
さらに、オキシトシンは出産後も重要な役割を果たします。例えば、母体が出産後の大量出血を防ぐためには、子宮が適切に収縮することが重要です。この子宮収縮もまた、オキシトシンによって促されるのです。
これらの役割からも、オキシトシンは母親と赤ちゃんの健康を守るための、非常に重要なホルモンであるといえるでしょう。

授乳とオキシトシン

授乳は、母親と赤ちゃんの強い絆を形成する瞬間であり、この過程でオキシトシンは重要な役割を果たします授乳時に、赤ちゃんが乳首を吸うと、その刺激が母親の脳に伝わり脳はオキシトシンを分泌します。オキシトシン血液中を通じて乳腺に運ばれ乳腺の細胞を収縮させ、母乳を乳管へと押し出します。これにより赤ちゃんは必要な栄養を得ることができます。
また、オキシトシンは「愛情ホルモン」とも呼ばれるだけあって、このホルモンが増えることで母親と赤ちゃんの間に強い親子の絆が形成されます。赤ちゃんが乳首を吸う行動は、それ自体がオキシトシンの分泌を促し、その結果、母親は赤ちゃんに対する愛情や絆を強く感じることがあります。
さらに、オキシトシンは母親のストレスを軽減し、安心感をもたらす働きもあります。赤ちゃんとのスキンシップは、オキシトシンの放出を刺激し、母親自身のリラクゼーションにも寄与します。
このように、オキシトシンは授乳期の母親と赤ちゃんの関係性を支える重要なホルモンであり、健康や幸せに対しても大きな影響を与えます。

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-オキシトシン, 妊娠・出産, 心理療法|カウンセリング