40代母親の子どもの不登校 40代母親の子どもの発達障害 HSC・HSP

HSS型HSPと発達障害とは?違い、共通点、そして混在する可能性について

2023年6月30日

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

hss-type-hsp-developmental-disorders

HSS型HSPと発達障害は、一見異なる特性を持つように感じられるかもしれませんが、実際には両者の間には多くの共通点と違いが存在します。この理解は、お子様の行動や反応を適切にサポートする際の鍵となります。

HSS型HSPは、新しい経験や挑戦を求める傾向があり、同時に環境の変化や情報の過多に敏感に反応する特性を持っています。一方、発達障害は、社会的コミュニケーションの困難や特定の興味への集中など、特定のパターンの行動や興味を示すことが多いとされています。

これらの特性は、それぞれの独自のサポートやアプローチを必要としますが、混在する可能性も考えられるため、正確な理解と適切なサポートが不可欠です。例えば、HSS型HSPの子供が新しい環境での学びに興奮する一方で、過多な刺激に圧倒される場面もあるかもしれません。また、発達障害を持つ子供も、特定の興味や活動に没頭することで安心感を得ることができるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • HSS型HSPの特性:高知覚過敏症の探求心の強いタイプであるHSS型HSPとは何か、その主な特性と特徴についての詳しい解説。
  • 発達障害の概要:発達障害がどのような状態で、どのような行動や特徴を持つのかの具体的な説明。
  • HSS型HSPと発達障害の違いと共通点:二つの特性の主な違いと、意外に知られていない共通点についての詳細な比較。
  • 混在する場合の対応方法:HSS型HSPと発達障害の特性が混在する場合のサインや特徴、そしてそのような場合にどのように対応すべきかの具体的なアドバイス。
  • Osaka-Childのカウンセリング支援:40代の母親を対象としたカウンセリング支援事業の内容や、それを通じて得られるサポートの具体的な方法とメリット。

こういった状況を考慮して、Osaka-Childは40代の母親を対象としたカウンセリング支援事業・HSPの子どもの不登校支援を提供しています。専門家とともに、お子様の特性を正確に理解し、最適なサポートを模索する場としてのカウンセリングを行っております。独自の悩みや疑問を持つ母親たちに、プロの手を借りて解決の一歩を踏み出す機会を提供しています。

HSS型HSPと発達障害は、それぞれ異なる特性を持つものの、混在する可能性も考えられるため、それぞれの特性を理解し、適切にサポートすることが重要です。そして、そのための第一歩として、Osaka-Childのカウンセリング支援事業を活用して、お子様の特性に合わせたサポートを受けることができるのです。

最後に、40代の母親の皆様へ。お子様の特性を理解し、適切なサポートを行うための道筋は、一つではありません。それぞれの子供の特性や環境に応じて、最適な方法を見つける旅は続きます。Osaka-Childとともに、その旅をサポートし、共に成長していくことを願っています。

監修者

株式会社Osaka-Child所属 精神科医(女医)

  • 名前: 川村恵子
  • 出身地: 福岡県
  • 最終学歴: 京都大学医学部 精神神経学専攻
  • 専門分野: 精神病理学、ストレス管理、認知療法
  • 職歴: 京都大学医学部附属病院精神科勤務(10年)、独立後、大阪で精神科クリニックを開設(現在に至る)

専門分野について一言: 「心の健康は全身の健康へとつながります。一人ひとりの心の声を大切にしたいと思っています。」

目次

【HSP/HSS型HSP】HSPとASD(発達障害)の違いとは?混在することはあるのか?

株式会社OsakaChildの不登校支援でもっとも症例が多いASD(自閉スペクトラム症)と発達障害との子どもの違いや共通点について見ていきます。
HSPとASDの違いは、以下の点にあります。

HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

  • 高感受性を特徴とする。
  • 外部の刺激に敏感である。
  • 感情や情報の処理に時間がかかる傾向がある。
  • 人間関係や環境の変化に対して繊細である。
  • ストレスや過負荷に敏感な傾向がある。

ASD(Autism Spectrum Disorder)の特徴

  • 社会的な相互作用の障害やコミュニケーションの困難が主な特徴。
  • 情報処理において特異なパターンを示すことがある。
  • 社会的な相互作用やコミュニケーションにおいて困難を抱える。
  • ルーティンや予測可能性の確保に重点を置く傾向がある。

まず、HSPは高感受性を特徴とし、外部の刺激に敏感であり、感情や情報の処理に時間がかかる傾向があります。一方、ASDは社会的な相互作用の障害やコミュニケーションの困難などが主な特徴であり、情報処理においても特異なパターンを示すことがあります。
また、HSPは感受性が高いだけでなく、人間関係や環境の変化に対して繊細であり、ストレスや過負荷に敏感な傾向があります。一方、ASDは社会的な相互作用やコミュニケーションにおいて困難を抱えることが多く、ルーティンや予測可能性の確保に重点を置く傾向があります。
しかし、一部の特性は重なることもあります

混在する可能性の特徴

  • HSP(Highly Sensitive Person)とASD(Autism Spectrum Disorder)は一部の特性が重なることがある。
  • 両者とも感受性が高いため、外部の刺激に過剰に反応することがあり、これが混同されることがある。
  • HSPの一部の個人においても、社会的な相互作用やコミュニケーションに苦労する場合がある。
  • 一部の個人において、HSPとASDが同時に存在することがあり、感受性の高さと社会的な困難が相まって生きづらさを感じることがある。
  • ただし、HSPとASDの診断基準は異なるため、専門家の診断が必要である。

HSPやASDでなくても、考え方や感じ方に類似点を感じる場合もあるかもしれません。それぞれの個性を尊重し、自分自身のニーズに合わせた生活を築いていくことが大切です。

では、さらに具体的にHSPとASD(発達障害)の子どもの共通点と相違点を見ていきましょう。

HSPとASD(発達障害)の共通点

HSPとASDは異なる特性を持ちながらも、いくつかの共通点があります。以下に共通する特性や特徴について説明します。

HSP(Highly Sensitive Person)とASD(Autism Spectrum Disorder)の共通点

  • 両者ともに人間関係に苦手意識を持つ傾向があり、社交的な場面や人との接触にストレスを感じることがある。
  • 環境の変化に対しても共通して好みが似ており、予測可能性や安定性を求める傾向がある。
  • 感覚の敏感さも共通しており、聴覚や皮膚感覚など、感覚への刺激に敏感に反応する場合がある。例えば、大きな音や服のタグなど、日常的な刺激に過敏に反応することがある。

これらの共通点に当てはまることで、自分がHSPなのかASDなのか不安に感じるかもしれません。また、このような特性が生きづらさにつながることも共通しています対人関係のストレスや適応困難さによって、日常的なストレスが積み重なり、心身の健康に影響を与える可能性があります。
HSPであることやASDであることよりも、生きづらさやリスクの高さが問題と言えます。適切なストレス発散方法や困りごとへの対処法を学び、心身の健康を維持することが重要です。また、理解のある周囲のサポートや専門家の支援を受けることも有益です。
このような共通点や生きづらさについて理解することで、自己認識や自己ケアに役立てることができます。個々の特性や限界を受け入れつつ、自分らしく充実した生活を送るための対策を見つけていきましょう。

HSPとASD(発達障害)の異なる点

HSPとASDはいくつかの異なる特性や特徴を持っています。以下にそれらの違いについて説明します。

HSPとASDのいくつかの異なる特性や特徴

HSP(高感受性)

  • 気質であるため、医療機関での診断が行われない。
  • 周囲の空気や雰囲気に敏感で、自己意識的である傾向があり、気配りしすぎて疲れることがある。
  • 周囲からの理解や共感を得ることが難しく、孤立感や辛さを感じることがある。

ASD(自閉症スペクトラム障害)

  • 障害として明確な診断基準が存在し、医療機関での診断が行われる。
  • 周囲の空気や雰囲気を感じ取りにくく、他の人々の感情や気持ちに気づかない場合がある。
  • 場の雰囲気や他の人々の感情に適切に反応しないことがあり、理解力が不足するため、相手の気分を害してしまうことがある。

他者の気持ちに対する敏感さのHSPとASDの相違

  • HSPは相手の微妙な表情の変化に敏感に反応し、相手の気持ちに対して敏感で不安を感じることがある。
  • HSPは他人が起こっている出来事に自身が関与しているかのように感じることがある。
  • ASDの人々は他人の気持ちにあまり関心を持たず、相手が気分を害していることに気づかないことがある。
  • ASDの人々は事実をはっきりと伝えることがあり、相手が感情的に傷つくことに気づかないことがある。

これらの違いにより、HSPとASDは異なる特性や診断基準を持つことが理解されています。専門家の診断が重要であり、個々のニーズに合わせたサポートが提供されるべきです。

HSPとASDの大きな違いは、HSPは「気質」であり、病院での診断は行われませんが、ASDは「障害」として区別され、医療機関での診断が行われます特性の違いについては、HSPは周囲の空気や雰囲気に敏感で、意識的に気を配る傾向があり、他人から理解や共感を得ることが難しい一方、ASDの人々は周囲の空気や雰囲気をあまり感じ取れず、他人の感情や気持ちに気づかないことがあり、場の雰囲気や他の人々の感情に適切に反応しないことがあります。また、他者の気持ちに対する敏感さにも違いがあり、HSPは相手の微妙な表情の変化に敏感に反応し、相手の気持ちに対して敏感で不安を感じることがありますが、ASDの人々は他人の気持ちにあまり関心を持たず、思わず相手が傷つくかもしれないと考えることが少なくあります。
「非言語的」なコミュニケーションにおいてHSPは長けている一方、ASDは苦労する傾向があります。ASDの人々は非言語的なコミュニケーション能力ではHSPに及ばないかもしれませんが、得意なことや抜群の力量を発揮する場面もあります。特性によって異なるが、それぞれの個人の特性を受け入れつつ、安心して生活していくことが重要です。

HSPとASD(発達障害)が混在することはあるのか?

HSPとASDは一部の特性が重なることがありますが、それぞれが異なる特性を持つため、完全に混在することは稀です。HSP感受性や繊細さが特徴であり、環境の変化や他者との関わりに敏感です。一方、ASD社会的なコミュニケーションの困難や感覚過敏などが特徴であり、他者の気持ちや非言語的なサインに鈍感な場合があります。
しかし、個人の特性や経験によっては、HSPとASDの特性が一部重なることがあるかもしれません。例えば、HSPの人がASDの特性の一部を持つ場合や、ASDの人が感受性や繊細さを持つ場合があります。ただし、これは個人の多様性によるものであり、必ずしも全てのHSPやASDの人に当てはまるわけではありません。
HSPとASDが同時に存在する場合、その人は繊細さや感受性の高さと社会的なコミュニケーションの困難を同時に経験することになります。これにより、他者との関係や日常生活の中で生じる困難がより複雑化する可能性があります。
重要なのは、自身の特性を正しく理解し、適切なサポートや対処法を見つけることです。専門家の助言や心理的な支援を受けることで、生きやすさを向上させることができます。自己理解や自己受容を深めることで、個人の強みを発揮し、より充実した生活を送ることができるでしょう。

参考~ASDの2つのタイプ~

ASD(自閉スペクトラム症)には2つの主要なタイプが存在します。それぞれの特性について詳しく説明します。

ASDの特性とHSPの特性が組み合わさる場合

ASD特性が一部ありつつ、HSP特性がやや強い場合

  • 相手の気に障る発言をしてしまったことにASDの特性から気づかず、その後の相手の傷ついた様子や場の空気の変化にHSPの特性から敏感に反応することがある。
  • 自分が相手を傷つけたり誰かの気分を損なったことについて理由がよく分からず、周りが怒っているという感覚を持つことがあり、非常に辛い状況となる。

ASDの特性が少なくHSPの特性が強い場合

  • 相手に不愉快な思いをさせると過去に何か失礼な行動をしたのではないかと考え続け、自身を責めたり、本来の自分とは何かを見失ったりすることがある。
  • このような状況では、特性や障害を持つことよりも、そこから生じる生きづらさが大きな問題となる。

例えば、ASDの特性が一部ありつつ、HSPの特性がやや強い場合があります。この場合によく見られるケースとして、相手の気に障る発言をしてしまったことにASDの特性から気づかず、その後の相手の傷ついた様子や場の空気の変化にHSPの特性から敏感に反応することがあります。自分が相手を傷つけたり誰かの気分を損なったことについて理由がよく分からず、周りが怒っているという感覚を持つことがあります。これは非常に辛い状況です。
また、ASDの特徴が少なくHSPの特徴が強い場合には、相手に不愉快な思いをさせると過去に何か失礼な行動をしたのではないかと考え続け、自身を責めたり、本来の自分とは何かを見失ったりすることがあります。このような状況では、特性や障害を持つことよりも、そこから生じる生きづらさが大きな問題となります。
こうした事例からわかるように、一人の人間がASDとHSPの特性を同時に持つことはあり得ます個人の特性や経験によって多様性が存在するため、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。
重要なのは、自己理解と適切なサポートです。専門家の助言や心理的な支援を受けることで、特性や障害から生じる困難に向き合いながら、より良い生活を送ることができるでしょう。自己受容や自己理解を深めることで、自身の強みを発揮し、充実した日々を過ごすことができます。

株式会社OsakaChildの心理システムの正常化についての記事

株式会社Osaka-Childの心理システムをコントロールするカウンセリングに対応する障害一覧

psychological-system-counseling-disorder
参考株式会社Osaka-Childの心理システムをコントロールするカウンセリングに対応する障害一覧

ココロの病気 ココロの病気について考えると、精神の健康問題が私たちの日常生活に及ぼす影響が明らかになります。この問題に対して適切な理解と支援が必要不可欠です。株式会社Osaka-Childの臨床心理士 ...

続きを見る

【2023年最新セラピー】心理療法とカウンセリングで40代女性を生きづらさ克服|株式会社Osaka-Child技法一覧

psychotherapy-counseling
参考【2023年最新セラピー】心理療法とカウンセリングで40代女性を生きづらさ克服|株式会社Osaka-Child技法一覧

本人向けカウンセリング 株式会社Osaka-Childの臨床心理士は、個人向けカウンセリングにおいてブリーフサイコセラピーのアプローチを活用して、クライエントの問題や悩みに対して支援を行います。このア ...

続きを見る

心理検査で心理システムや発達障害の現状を知りあなた個人に合ったセラピーの選択に

psychological-assessment
参考心理検査で心理システムや発達障害の現状を知りあなた個人に合ったセラピーの選択に

知能検査 株式会社Osaka-Childの臨床心理士は、知能検査の領域において幅広い機能と設定を活用する役割を果たしています。これは、個々の被験者の特性や発達段階に適切な方法でアプローチし、的確な評価 ...

続きを見る

では、どうすれば生きやすくなるのか?

HSPやASDの特性を持つ人がより生きやすい日常生活を送るためには、以下の具体的なアドバイスがあります。

HSPとASDの方々へのサポートアドバイス

周囲の理解を求める

  • HSPの方は過敏に気づく傾向があり、ASDの方は気づきにくいことを理解してもらうことが重要。
  • 誤解を回避し、疲れた時に共感を得るために、個性や性質として受け入れてもらう。

自己理解を深める

  • 辛さの原因や要因を客観的に考え、紙に書き出すことで問題を明確化する。
  • 原因が明らかになれば、対処策が見えてくることがある。

ストレスの発散と相談先の確保

  • 日常がストレスフルなので、定期的にストレス発散の時間を確保する。
  • 信頼できる仲間や友人、市町村の窓口、カウンセラーなど、相談できる人を確保し、特性を認めて受け入れてもらう。

まず第一に、周囲の人々に対して理解を求めることが重要です。HSPの方は過敏に気づき、ASDの方は気づきにくい傾向があることを、周りの人々が「個性」や「性質」として理解してくれることは大切です。これにより、誤解を回避できたり、疲れた時に共感を得ることができます。直接知り合いの間では話しにくい場合は、市町村の相談センターやカウンセラーなど、理解のある場を見つけることも一つの方法です。
第二に、自己理解が重要です。辛さを感じることは十分に理解できるでしょう。しかし、その辛さの原因や具体的な要素を客観的に掘り下げてみましょう紙に書き出すことで、頭の中で考えるよりも客観的な視点で見ることができます。原因が明確になれば、対処策が見えてくることも多いです。
第三に、ストレスの発散方法と相談先の確保です。HSPやASDの方は、通常の人に比べて日常が非常にストレスフルだと思います。ストレスは溜まりやすくなりますので、放置せずに向き合う必要があります。毎日少なくとも5分でも、心からリラックスできる時間を作るようにしましょう。ゆっくりお風呂に入る、趣味に時間を割くなど、些細なことでも構いません。自身の心身の健康を大切にするために、時間を確保しましょう。また、信頼できる仲間や友人、市町村の窓口、カウンセラーなど、相談先を確保することも重要です。特性を認め、無条件に受け入れ、共感してくれる人を選ぶようにしましょう。

株式会社が実施する生きづらさ克服できる心理的カウンセリングアプローチについての記事

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

solution-focused-approach
参考ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

ソリューション・フォーカスト・アプローチの概念と原理 ソリューション・フォーカスト・アプローチは、株式会社Osaka-Childが提供する心理療法であり、従来のカウンセリングとは異なる特徴を持ちます。 ...

続きを見る

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

motivational-interview-counseling
参考動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

動機づけ面接の概要 動機づけ面接は個々人の行動変容を促すための特別なコミュニケーションスキルであり、内的な動機づけを高めることを目的としています。この面接技法は、「変化を促すための面接技法」として要約 ...

続きを見る

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

narrative-therapy-counseling
参考ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ナラティヴセラピーの理念と原則 ナラティヴセラピーは、心理療法の一つであり、クライエントの経験を物語として理解し、それを再構築することで問題解決を目指すアプローチです。 この心理療法の理念と原則は、ク ...

続きを見る

フォーカシングをカウンセリングで40代女性の人生を好転させる|生きづらさ克服しよう

focusing-counseling
参考フォーカシングをカウンセリングで40代女性の人生を好転させる|生きづらさ克服しよう

フォーカシングの概念とその意義 フォーカシングは心理療法の一つであり、E.T.ジェンドリンによって開発されました。この技法は、個々の体験を内観し、意識下の知識や感情を引き出すことを重要視します。フォー ...

続きを見る

HSS型HSPについて理解する

では、このキャプションではHSPの中でもHSS型HSPについて深く見ていきます。

HSS型HSP(High Sensation Seeking Highly Sensitive Person)は、刺激を求める性格特性を持ち、同時に繊細で傷つきやすい傾向があります。HSSは「High Sensation Seeking」の略であり、日本語では「刺激探求型」とも呼ばれます。これは、好奇心旺盛で外交的な人々を指し、新しい体験や挑戦に積極的に取り組むことが多く、他人からアクティブな印象を受けることがあります。

HSS型HSPの特性

  • 刺激を求める傾向: HSS型HSPは新しい場所や活動に興味を持ち、自発的に探求し、挑戦することが多い。新しい経験や刺激を追求することで充実感を得ることがあります。
  • 日常生活に多くの刺激: 彼らの日常生活には、新しいお店のオープンや旅行の計画など、多くの刺激が含まれています。これらの刺激が彼らの生活にエネルギーを与えることがあります。
  • 感受性が高い: HSS型HSPもHSPの一部であり、感受性が非常に高いことが特徴です。細かな変化や刺激に対して敏感に反応します。
  • 傷つきやすさ: 一方で、HSS型HSPは他のHSPよりも傷つきやすい一面もあります。感受性が高いため、環境の変化やストレスに敏感に反応し、精神的な負担を感じやすいです。
  • 人間関係や仕事の環境での課題: 彼らは他の人々との人間関係や仕事の環境で、より多くの悩みや困難を抱えることがあります。他人との調和やストレス管理が難しいことがあるため、支援やサポートが必要な場合もあります。
  • 精神疾患のリスク: HSS型HSPは、うつ病や不安などの精神疾患のリスクが高いとされています。感受性が高いため、ストレスや圧力に対する耐性が低いことが影響する可能性があります。

HSS型HSPの特性は、他のHSPとは異なる一面を持っています。HSPは一般的に敏感で感受性が高いとされますが、HSS型HSPはさらに刺激を求める傾向があります。彼らは新しい場所や活動に興味を持ち、自発的に探求したり挑戦したりすることが多いです。例えば、新しいお店のオープンや旅行の計画など、彼らの日常生活には多くの刺激が含まれています。
一方で、HSS型HSPは他のHSPよりも傷つきやすいという一面もあります。彼らの感受性は高く、環境の変化やストレスに敏感に反応する傾向があります。このため、彼らは他の人々との人間関係や仕事の環境などで、より多くの悩みや困難を抱えることがあります。また、うつ病や不安などの精神疾患のリスクも高いとされています。
HSS型HSPの特性や傾向を理解することは、彼ら自身や周囲の人々にとって重要です。彼らがどのような刺激を求めるのか、どのように環境やストレスに反応するのかを理解することで、彼らが抱える悩みや困難に対して適切な支援や理解を示すことができます。
HSS型HSPの特性を持つ人々は、自身の感受性や刺激探求のニーズを認識し、それに合わせた生活や対処法を見つけることが重要です。心療内科やカウンセリングの専門家の助言を受けることも有益です。エレイン・アーロン博士がHSPに関する研究や書籍を監修しており、彼女の提唱する理論や方法を参考にすることも役立ちます。
HSS型HSPの特性は、個人の性格や生活環境によって異なる場合があります。しかし、彼らの感受性や刺激探求の傾向は、一般的には他の人々とは異なる特徴を持っています。HSS型HSPは、自身の特性を理解し、それを活かすことで、自己成長や充実した生活を送ることができるでしょう。

外交的でありながらも傷つきやすいHSS型HSPの性格

HSS型HSP(High Sensation Seeking Highly Sensitive Person)は、外交的で冒険的な性格を持ちながらも、傷つきやすいという特性を併せ持っています。彼らは外部からの刺激に敏感であり、常に新しい刺激を求める傾向がありますが、同時に感情的な苦痛を経験しやすいです。
HSS型HSPは、繊細な性格であるHSP(Highly Sensitive Person)の一部でもあります。HSPは感受性が強く、外部からの刺激に敏感に反応する人々を指します。彼らは他人の言動や環境の変化に対して深く影響を受け、内向的で静かな環境を好むことがあります。しかし、近年の研究によってHSPの中には、HSSの要素を持つ人々も存在することが明らかになりました。

HSS型HSPの特性の矛盾

  • 外部刺激への高い感受性: HSS型HSPは外部からの刺激に非常に敏感であり、微細な変化や感情に敏感に反応します。この感受性が高い性格が特徴です。
  • 刺激を求める欲求: 一方で、彼らは同時に刺激を求める欲求も持っています。冒険心が旺盛で、新しい経験や挑戦を追求することを好みます。新しい場所への旅行や未知の活動への参加が彼らにとって刺激的です。
  • 感情的な苦痛: この刺激探求の一方で、HSS型HSPは感情的な苦痛を経験しやすいです。他の人々との人間関係やストレスの増加によって傷つきやすい傾向があります。感受性が高いため、他人の言動や社会の期待に対して過剰に反応し、感情的な負担を感じることがあります。
  • 精神疾患のリスク: その感受性と矛盾した欲求が影響し、うつ病や不安症などの精神疾患のリスクが高まる可能性があります。特にストレスや精神的なプレッシャーが高まる状況下では、彼らの感受性がさらに顕著になります。

HSS型HSPはその矛盾を理解し、自己調整や適切なストレス管理方法を見つけることが重要です。サポートシステムや心理的な支援を受けることで、彼らの生き方を調和させる手助けができます。
心理的なカウンセリングや心療内科の受診も、HSS型HSPが自身の性格や苦悩を解消する上で役立ちます。専門家のアドバイスや指導のもとで、彼ら自身が自己理解を深め、自分自身の特性を受け入れ、バランスのとれた生活を送ることができるでしょう。

株式会社OsakaChildの心理システムの正常化についての記事

株式会社Osaka-Childの心理システムをコントロールするカウンセリングに対応する障害一覧

psychological-system-counseling-disorder
参考株式会社Osaka-Childの心理システムをコントロールするカウンセリングに対応する障害一覧

ココロの病気 ココロの病気について考えると、精神の健康問題が私たちの日常生活に及ぼす影響が明らかになります。この問題に対して適切な理解と支援が必要不可欠です。株式会社Osaka-Childの臨床心理士 ...

続きを見る

【2023年最新セラピー】心理療法とカウンセリングで40代女性を生きづらさ克服|株式会社Osaka-Child技法一覧

psychotherapy-counseling
参考【2023年最新セラピー】心理療法とカウンセリングで40代女性を生きづらさ克服|株式会社Osaka-Child技法一覧

本人向けカウンセリング 株式会社Osaka-Childの臨床心理士は、個人向けカウンセリングにおいてブリーフサイコセラピーのアプローチを活用して、クライエントの問題や悩みに対して支援を行います。このア ...

続きを見る

心理検査で心理システムや発達障害の現状を知りあなた個人に合ったセラピーの選択に

psychological-assessment
参考心理検査で心理システムや発達障害の現状を知りあなた個人に合ったセラピーの選択に

知能検査 株式会社Osaka-Childの臨床心理士は、知能検査の領域において幅広い機能と設定を活用する役割を果たしています。これは、個々の被験者の特性や発達段階に適切な方法でアプローチし、的確な評価 ...

続きを見る

HSPの約30%がHSS型である

HSP(Highly Sensitive Person)の中で、約30%がHSS型HSP(High Sensation Seeking Highly Sensitive Person)であると推定されています。HSPとは、感受性が強く外部からの刺激に敏感な人々を指し、一般的に人口の約20%程度がHSPとされています。その中でも約30%がHSS型HSPとなるため、HSS型HSPは全体の約6%に相当します。
HSSはHigh Sensation Seekingの略であり、刺激を求める傾向を指します。HSPの特徴とHSSの要素が組み合わさったHSS型HSPは、外部からの刺激に敏感であると同時に、刺激を積極的に追求する欲求を持っています。
HSS型HSPの割合が約6%と少数派であることからも分かるように、HSS型HSPは一般的な気質とは異なる特性を持つグループです。このような気質を持つ人々は、社会の中で少数派であるため、理解や共感を得ることが難しいことがあります。しかし、HSS型HSPが存在することを理解し、彼らの独自の特性や個別のニーズに敏感に対応することが重要です。
HSS型HSPは、自身の刺激探求の欲求や感受性を適切に理解し、バランスを保つことが求められます。彼らが自身の特性を受け入れ、適切な刺激と環境を選択することで、充実した生活を送ることができます。また、HSPでない人々も、HSS型HSPの存在を認識し、彼らの気質を尊重することが大切です。

HSS型HSPの特性

HSS型HSP(High Sensation Seeking Highly Sensitive Person)は、外向的で刺激を求める一方で、傷つきやすい特性を持っています。以下にHSS型HSPの特徴をいくつか挙げます。

HSS型HSPの特徴

  • 刺激を求めるが、外部の刺激に敏感で疲れやすい:HSS型HSPは新しい体験や刺激を求める傾向がありますが、人混みや騒音などの外部刺激に敏感に反応し、疲労を感じることがあります。
  • チャレンジに取り組もうとするが、考えすぎて行動できない:彼らは新しいことに挑戦したいと思っていますが、過度な思考や心配が行動を制限し、なかなか一歩を踏み出せないことがあります。
  • 短期的な関心と飽きやすさ:HSS型HSPは新しいことに興味を持ち、情熱的に取り組むことがありますが、すぐに飽きてしまい、継続することが難しい傾向があります。
  • 内外のギャップ:周囲からは明るく元気に見える一方、実際には内面では疲れていたり、テンパっていることがあります。また、初対面では打ち解けやすいが、徐々に距離を感じるようになることもあります。
  • 自己肯定感と自信の狭間:HSS型HSPは自己肯定感が低い傾向がありますが、同時に自信を持っています。彼らは大胆な行動をとりながらも、小さなミスに対して過剰に反応し、自己評価に影響を受けることがあります。

これらの特徴から分かるように、HSS型HSPは外交的で刺激を求める一方で、繊細さや感受性を持つ特性を持っています。彼らは周囲からは社交的で頼りになる存在と見られることが多いですが、実際には内面的な矛盾や疲労を抱えていることがあります。
HSS型HSPは、自分自身の特性とのバランスを取るために、適切な環境やストレス管理の方法を見つけることが重要です。自己受容と自己理解を深め、自己肯定感を高めることで、彼らの特性をポジティブに活かすことができます。また、周囲の人々もHSS型HSPの特性や矛盾を理解し、サポートや共感を提供することが大切です。

HSS型HSPの一般的な悩み

HSS型HSP(High Sensation Seeking Highly Sensitive Person)は、日常生活でさまざまな悩みや心配事に直面することがあります以下に一般的な悩みをいくつか挙げます。

HSS型HSPの一般的な悩み

  • やる気の波:HSS型HSPは、やる気がある時とない時の差が激しいと感じることがあります。刺激を求める欲求が高まった時には活発に行動できる一方で、刺激がない状況や疲労感が襲ってくるとモチベーションが低下しやすくなります。
  • 自己否定と自己嫌悪:HSS型HSPは、自己を厳しく評価し、自己否定してしまう傾向があります。自分がなかなか行動に移せないことや達成感を得られないことによって、自己嫌悪の感情に陥ることがあります。
  • 行動と結果のギャップ:HSS型HSPは、やりたいことがあるにもかかわらず、なかなか行動に移せないことに悩むことがあります。思考や心配が行動を阻害し、結果的に自分が何もできないと感じることがあります。
  • 緊張と切り替えの難しさ:HSS型HSPは常に緊張感を抱えており、気が休まらないと感じることがあります。また、新しい状況への切り替えや柔軟な対応が難しく、変化に対する適応力に悩むことがあります。
  • 他者の意見への流されやすさ:HSS型HSPは他者の意見に敏感であり、影響されやすい傾向があります。周囲の期待や評価に振り回され、自分自身の意見やニーズを見失うことがあります。

これらの悩みや心配事は、HSS型HSPが刺激を求める気持ちと、敏感な気質が相互に衝突することから生じるものです。もし自分が上記のような悩みを抱えている場合は、精神科や心療内科を受診し、専門家に相談してみることをおすすめします。相談することで心の安定や自己受容が促進され、より健康的な生活を送ることができるでしょう。

HSS型HSPが気楽に生きるための2つの重要な戦略

HSS型HSPが気楽に生きるための2つの重要な戦略は以下の通りです。

HSS型HSPが気楽に生きるための2つの重要な戦略

  • 個人の感情を書き出す
    日常生活で感じる感情を書き出すことは、感受性の高いHSS型HSPにとって有効な方法です。感情を文字にすることで、自己理解が深まり、感情を整理する手助けとなります。これにより、感情的な苦痛やストレスの原因を特定し、対処策を見つけやすくなります。
  • 個人的な境界線を設定する
    個人的な境界線を設定することは、HSS型HSPにとって重要です。他人の期待や要求に適切に対応するために、自分の限界を明確にしましょう。自分のニーズやコンフォートゾーンを尊重し、過度なストレスや負担を避けるために、断ることや休息を取ることが大切です。

これらの戦略を実践することによって、HSS型HSPはより気楽に生活し、自分自身の特性をポジティブに活かすことができます。自己理解と自己受容を深め、オーバースチュームを予防するためのリラックス法を取り入れることで、心のバランスを保ちながら充実した日常を送ることができるでしょう。

では、上記の2つの実践を具体的に見ていきましょう。

個人の感情を書き出す

感情や経験を書き留めることは、HSS型HSPが感情的な強度を管理するための効果的な戦略の一つです。
自分が何を感じ、何を考えているのかを明確にするために、定期的に日記やメモ帳に自分の思っていることを書き出してみましょう。これにより、自己理解が深まります。アーロン博士もこのような書き出しを推奨しています。
書き出した感情や思考を客観的な視点で眺めることで、自分自身をよりよく理解することができます自分が感じている生きづらさや苦悩が、自分の感じ方のせいではないことを認めることが重要です。HSS型HSPは人よりも敏感であり、周囲に溶け込もうと頑張りすぎることで苦しんでいるかもしれません。しかし、自己肯定感を高めるためには、自分の感じ方を認めることが必要です。
自分の思いを書き出すことで、不安や疑念を少しずつ解消していくことができます。自分自身を否定せずに受け入れることで、より穏やかな気持ちで生活することができるでしょう。日記やメモ帳に自分の感情や思考を書き留める習慣を取り入れることで、感情の整理や自己理解を促進し、自己成長の一助となることでしょう。

個人的な境界線を設定する

自分自身の限界を理解し、設定することは、HSS型HSPが感情的な健康を保護するための重要な戦略です。
自分のやる気のある日とない日の差が激しいと感じる人は、自分の最低限のラインを設定し、それをクリアできていれば自分を肯定することが重要です。例えば、布団から出て、ご飯を食べることができたときには自分を許してあげることが大切です。自分自身を最低限の行動で肯定することで、より穏やかな気持ちで日々を過ごすことができます。
自分の限界を理解し、設定することによって、無理な負担をかけずに自分を守ることができます。HSS型HSPは繊細で刺激に敏感なため、過度のストレスや負荷を受けると精神的に疲れてしまいます。そのため、自分の体や心の状態をよく観察し、自己の限界を理解することが重要です。自分が疲れていると感じたら、自分をいたわり、休息やリラックスの時間を確保するようにしましょう。
自己の限界を設定することは、自己肯定感を高め、ストレスを軽減する効果もあります。自分が何を成し遂げたかや自分の努力を認めることで、自己価値感が高まります。自分自身に対して優しくなり、自己批判を抑えることができれば、心の安定と幸福感が向上するでしょう。
自分の限界を理解し、適切な境界線を設定することで、HSS型HSPは感情的な健康を保護し、よりバランスの取れた生活を送ることができます。自己を守りながら自己成長を促すために、自己の限界に目を向け、大切にすることが大切です。

発達障害と間違われやすいHSPの特性

HSPは病気ではなく、「気質」とされており、生まれつき持っている特性であり、生育環境や性格によるものではありません。
HSPの性質を持つ子供はHSC(Highly Sensitive Child)と呼ばれ、統計的には人口の15~20%がHSPの特性を持つとされています。つまり、5人に1人がHSPであると言われており、自分や身の回りの人がHSPである可能性は意外と高いのかもしれません。例えば、左利きの割合はおおよそ10人に1人と言われていますので、気づいていないだけでHSPである人々が身近に存在している可能性もあります。
ただし、HSPは少数派であるため、周囲の理解を得ることが難しい場合があり、生きづらさを感じることもあります。HSPは外部からの刺激に敏感であり、過剰な刺激によって疲れやすくなるため、日常生活や人間関係においてストレスを感じやすい傾向があります。しかし、このような特性は発達障害と間違われることも多くあります。

発達障害と間違われやすいHSPの特性

HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

  • 感受性が高い。
  • 繊細で刺激に敏感。
  • 外部刺激に過剰に反応することがある。
  • 感情や環境の変化に敏感。

発達障害の特徴

  • 社会的・コミュニケーションの困難。
  • 広範な社会的制約や認知的な制約が主な特徴。
  • 行動パターンや社会的な相互作用に特異性がある。
  • 診断基準が存在し、医療機関での診断が行われる。

HSPと発達障害の特性は一部重なる部分がありますが、HSPは感受性の高さや繊細さによって特徴付けられるのに対し、発達障害は広範な社会的・コミュニケーションの困難や制約などが主な特徴です。HSPは感受性の高さから感情や環境の変化に敏感に反応し、情報の処理に時間がかかることがありますが、発達障害はそれに加えて社会的なコミュニケーションや行動の困難がみられる傾向があります。
HSPは個人の特性であり、理解と受け入れが必要です。周囲の人々がHSPの特性を理解し、配慮することで、より良い人間関係や環境が築かれるでしょう。また、HSP自身も自己理解を深めることで自己肯定感を高め、自分の特性をポジティブに受け入れることが重要です。HSPの特性を持つ人々が自分らしく生きるためには、周囲とのコミュニケーションやストレスの管理など、個別のサポートや対策が役立つこともあります。

発達障害が間違われやすいHSPの4つの特徴

  • 深く考察する傾向(深度のある処理)
  • 過剰な刺激に敏感(過剰刺激)
  • 高い共感力と感情反応(感情反応と共感)
  • 微細な刺激を察知する能力(微細な刺激への感受性)

HSPの特性の一つとして、微細な刺激を感じ取る能力があります。これは微妙な変化や感覚に敏感であることを意味し、環境や他人の微細な変化や感情を捉えることが得意です。しかし、この特性は過剰な刺激にも敏感に反応し、ストレスや過度な感情反応を引き起こすことがあります。高感受性の人々はこの特性を受け入れつつ、適切なストレス管理方法を見つけて生活の質を向上させることが大切です。

上記の4つのHSPの特徴を具体的に見ていきます。

深く考察する傾向(深度のある処理)

HSPは情報を深く考察する傾向があり、物事を多角的に理解しようとします。

深く考察する傾向(深度のある処理)の特徴

  • 深く読み取る能力: HSPはその場の空気や人の感情を深く読み取り、多くの情報を得ることが得意。少ない情報から多くのことを想像し、細かな情報まで調べ上げることができる。
  • 嘘やお世辞を見抜きやすい: HSPは人の言動や表情から嘘やお世辞を見抜く傾向がある。
  • 調べ物に徹底的: 調べ物をする際、HSPは細部に至るまで情報を調べることがあり、周囲を驚かせることがある。
  • 悩みや困難: 深い考察の特性は、物事を考え込みすぎて行動に移すのが難しい場合があり、疲れやストレスの原因となる。

HSPの深く考察する傾向は、その特性の一つであり、個人の特性として受け入れられるべきです。しかし、適切なバランスを保つためには、自己管理やストレスの管理が重要です。具体的な対策としては、情報処理に時間をかけすぎないようにしたり、必要な情報とそうでない情報を見極める力を身につけたりすることが役立ちます。

過剰な刺激に敏感(過剰刺激)

HSPは環境の変化や強い刺激に対して敏感であり、これらが過剰になるとストレスを感じやすいです。

過剰な刺激に敏感(過剰刺激)

  • 五感への高い敏感度: HSPは五感に対して非常に敏感で、人混み、物音、光、気候の変化、身に着けるものなど、普通の人にとっては普通の刺激でも過剰に反応し、ストレスを感じることがあります。
  • 他人の微細な言動への敏感さ: HSPは他人の細かな言動にも過敏に反応し、それらの言動が彼らの心に深く刻まれ、感情的な影響を与えることがあります。

HSPの過剰な刺激への敏感さは、彼らの感受性が豊かな内面世界を作り出す一方で、ストレスや疲労をもたらすこともあります。バランスを取りながら、自己理解と適切な対処法を身につけることで、HSPは自身の特性を活かし、より充実した生活を送ることができるでしょう。

株式会社が実施する生きづらさ克服できる心理的カウンセリングアプローチについての記事

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

【精神科医が解説】暴露療法(エクスポージャー)の治療法とは?40代女性恐怖や不安が軽減

exposure-therapy
参考【精神科医が解説】暴露療法(エクスポージャー)の治療法とは?40代女性恐怖や不安が軽減

監修者 株式会社Osaka-Child所属 精神科医(女医) 名前: 川村恵子 出身地: 福岡県 最終学歴: 京都大学医学部 精神神経学専攻 専門分野: 精神病理学、ストレス管理、認知療法 職歴: 京 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

高い共感力と感情反応(感情反応と共感)

HSPは他人の感情に対する共感力が高く、また自身の感情反応も強い傾向があります。
HSPの特性により、以下のような特徴があります

高い共感力と感情反応(感情反応と共感)

  • 他人の感情の読み取り: HSPは周囲の人々の感情を高度に読み取り、微細な仕草や目線から相手の気持ちや思考を察知する能力があります。この特性により、他人の感情に共感し、感情的なつながりを強化します。
  • 感情移入: HSPはフィクションや物語にも強く感情移入し、作品の登場人物との共感や感動を強く感じることがあります。これにより、感情豊かな表現や感情の表面化が一般的です。
  • 非言語的なコミュニケーション: HSPは言葉が通じない幼児や動物の気持ちを理解しやすく、非言語的なサインや行動から相手の気持ちを読み取る能力があります。これにより、他者とのコミュニケーションを深め、共感に基づいた関係を築くことができます。

HSPの感情的な豊かさや共感力は、彼らが他人と深いつながりを築くのに役立つ一方で、自身の感情を表現しやすく、感受性豊かな個性を持つことにつながります

微細な刺激を察知する能力(微細な刺激への感受性)

HSPは微細な刺激や変化を敏感に察知する能力を持っています。
この特性により、HSPは日常生活の中でさまざまな刺激に敏感に反応することがあります。

微細な刺激を察知する能力(微細な刺激への感受性)

  • 音への敏感さ: HSPは冷蔵庫の機械音や時計の音など、他の人には気にならないような音にも過剰に反応し、眠りに影響を与えたり、集中力を乱すことがあります。
  • 触覚への敏感さ: 衣服のタグの触れる感触など、触覚に対する過敏な反応が見られます。細かな触覚刺激がHSPの感受性の高さを反映しています。
  • 視覚への敏感さ: 強い光に対する過敏な反応があり、まれに光の明るさが問題となることもあります。
  • 嗅覚への敏感さ: HSPは一般的な人よりも鼻の嗅覚が鋭く、たばこの臭いなどの不快な臭いにも敏感に反応します。微細な臭いの変化にも注意を払います。

これらの感覚的な敏感さは、HSPの特性の一部であり、彼らが日常生活で異なる刺激に対処する際に考慮すべき要因です。特に環境の調整や自己ケアが大切で、快適な生活を送るために取り組むことが重要です。

まとめ|HSS型HSPと発達障害の理解への一歩

HSS型HSP(高知覚過敏症の探求心の強いタイプ)と発達障害は、一見異なる特性を持つように感じられるかもしれませんが、実際には両者の間には多くの共通点と違いが存在します。この理解は、お子様の行動や反応を適切にサポートする際の鍵となります。

HSS型HSPは、新しい経験や挑戦を求める傾向があり、同時に環境の変化や情報の過多に敏感に反応する特性を持っています。一方、発達障害は、社会的コミュニケーションの困難や特定の興味への集中など、特定のパターンの行動や興味を示すことが多いとされています。

これらの特性は、それぞれの独自のサポートやアプローチを必要としますが、混在する可能性も考えられるため、正確な理解と適切なサポートが不可欠です。例えば、HSS型HSPの子供が新しい環境での学びに興奮する一方で、過多な刺激に圧倒される場面もあるかもしれません。また、発達障害を持つ子供も、特定の興味や活動に没頭することで安心感を得ることができるでしょう。

こういった状況を考慮して、Osaka-Childは40代の母親を対象としたカウンセリング支援事業を提供しています。専門家とともに、お子様の特性を正確に理解し、最適なサポートを模索する場としてのカウンセリングを行っております。独自の悩みや疑問を持つ母親たちに、プロの手を借りて解決の一歩を踏み出す機会を提供しています。

まとめると、HSS型HSPと発達障害は、それぞれ異なる特性を持つものの、混在する可能性も考えられるため、それぞれの特性を理解し、適切にサポートすることが重要です。そして、そのための第一歩として、Osaka-Childのカウンセリング支援事業を活用して、お子様の特性に合わせたサポートを受けることができるのです。

最後に、40代の母親の皆様へ。お子様の特性を理解し、適切なサポートを行うための道筋は、一つではありません。それぞれの子供の特性や環境に応じて、最適な方法を見つける旅は続きます。Osaka-Childとともに、その旅をサポートし、共に成長していくことを願っています。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校解決支援事例

refusal-overcome-experience
株式会社Osaka-Childでは、高感受性を持つhss型HSPの小中学生・高校生の不登校問題に対し、包括的なサポートを提供しています。事例を通じて、母親へのメンタルサポート、不登校子どもへのカウンセリング、身体調整、家庭学習支援、進学・キャリアデザインサポート、そして不登校復学後の1年間のサポートを組み合わせた支援が、問題解決に繋がっていることが示されています。これらの支援は、HSPの特性を理解し、それに対処するための具体的なスキルを育むことを中心に行われ、子どもたちが日常生活に自信を持って参加できるようになる結果をもたらしています。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校解決支援事例1

hss-type-hsp-developmental-disorders

田中太郎君(仮名、T君)12歳、6年生。一見、明るく活発に見えるT君だが、学校での人間関係に苦しむ不登校の悩みを抱えていました。母親のAさんは息子の悩みに気付き、株式会社Osaka-Childに助けを求めました。Aさん自身も子育ての疲れやストレスを抱えており、ここで株式会社Osaka-Childの母親へのメンタルサポートが役立ちました。カウンセリングを通じて、Aさんは自分の育児のストレスや胎児期・幼少期の体験に気付くことができ、その結果、T君への理解が深まりました。
一方で、T君自身も不登校の理由を自身の心の動きと親子関係を見つめることで理解しました。負の自己イメージの軌道修正や学校環境での存在価値の促進など、心理的なサポートによって、T君は自己肯定感を取り戻しました。
T君の不登校の原因の一つは身体的な問題でした。姿勢の改善や感覚系のコントロールなど、株式会社Osaka-Childの専門的な身体調整により、T君は自分の体と向き合うことができました。これにより、T君は学校に行く勇気を持つことができました。
学校に行かない期間が長かったため、T君は学習面でも遅れを取っていました。株式会社Osaka-Childは、オンラインによる学習サポートや苦手教科の克服方法の提案など、T君の学習を全面的に支援しました。これにより、T君は学習への意欲を取り戻しました。
また、将来に対する漠然とした不安もT君を悩ませていました。自己イメージのリセットや未来像の探求など、カウンセリングによる進学・キャリアデザインのサポートを通じて、T君は自己理解を深め、自分の道を見つけることができました。
T君の不登校の解決はこれで終わりではありません。株式会社Osaka-Childは復学後も一年間のサポートを行い、学校との連携や母親とのカウンセリングなど、新たな問題にも対応しました。結果、T君は不登校から脱出し、元気に学校生活を送ることができました。T君の不登校解決の成功は、株式会社Osaka-Childの様々な支援内容とその実践によるものでした。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校解決支援事例2

hss-type-hsp-developmental-disorders

HSS型HSPの特徴は、繊細さと高感受性が同居することです。次の事例の中田リカちゃん(仮名、Rちゃん)10歳、小学4年生は、まさにその典型的な一例でした。極度の内向性と、他人の感情に敏感すぎることから人間関係がうまく築けず、学校を拒否していました。その母親、Yさんもまた、Rちゃんの心の動きを読み解くことができず、困惑していました。
Yさん自身も子育てのストレスを抱えており、親子関係に苦悩していました。株式会社Osaka-Childのカウンセリングを通じて、Yさんは自身の心の動きや親子関係について深く考えるきっかけを持つことができ、Rちゃんに対する理解が深まりました。その結果、母親としての自身の在り方を見直し、Rちゃんとの関係性を改善することができました。
Rちゃん自身も、自分がHSS型HSPであることを理解すると共に、自分自身を受け入れることができるようになりました。親子関係の改善と共に、株式会社Osaka-Childの提供する身体調整や学習支援を受けることで、学校生活に対するネガティブな感情を改善することができました。
そしてRちゃんの進学・キャリアデザインサポートも、その自己理解と自己受容の一助となりました。株式会社Osaka-Childのサポートを通じて、Rちゃんは自分の好きなこと、得意なことを発見し、自分の人生の可能性を広げることができました。
復学後も、株式会社Osaka-Childは学校との連携を密に保ち、Rちゃんが再び学校生活を送ることができるように、一年間のサポートを続けました。その結果、Rちゃんは学校生活に馴染むことができ、今では元気に学校に通っています。
Rちゃんの事例は、HSS型HSPの特性を理解し、その特性を活かした支援が不登校問題の解決につながる一例です。母親のメンタルサポートから始まり、子供自身の心と身体のケア、そして学習支援と進学・キャリアデザインサポートに至るまで、株式会社Osaka-Childの多角的な支援がRちゃんの学校生活を取り戻すことを可能にしました。そして最後に、復学後の1年間のサポートが、その成功を確固たるものにしました。このように、一人一人の状況に合わせた支援が、HSS型HSPの子供たちの学校生活の改善につながることを、Rちゃんの事例は示しています。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校校解決支援事例3

hss-type-hsp-developmental-disorders

先天的に感受性が高いHSS型HSPの子供たちにとって、適応することはなかなか困難です。その一例として、S君(仮名)12歳、中学1年生のケースを紹介します。
S君は、他人の感情や気配に非常に敏感で、授業中に他の生徒たちの様々な感情や声、動きに惑わされて集中力を保つことが難しく、その結果、学校に行くことを拒否するようになりました。家庭環境も難しく、兄弟の間でも対人関係のトラブルが絶えなかったため、家庭でのリラクゼーションも得られていませんでした。
S君の母親であるKさんは、株式会社Osaka-Childに連絡を取り、カウンセリングを開始しました。カウンセリングでは、S君のHSS型HSPの特性とその苦痛を理解し、適切な支援を導き出すことが重要となりました。
まず、S君自身がHSS型HSPであるという自己認識を持つことから始めました。そして、S君が感じる世界が他の人とは異なること、それが自分自身の特性であり、それを認め、受け入れることが必要であるということを伝えました。その上で、感じすぎてしまう感情や刺激をコントロールするためのツールやテクニックを提供し、日常生活で使えるようになるまで練習しました。
次に、Kさんとのカウンセリングで、S君の特性を理解し、それに対応するための支援方法を共有しました。Kさん自身もまた、自分自身の感情や対人関係の問題について深く理解し、改善するための方法を学びました。このことにより、家庭内の緊張が和らぎ、S君の心地よい空間が確保できるようになりました。
そして、株式会社Osaka-Childと学校との連携により、S君が学校生活に戻ることができるよう、学習支援と個別指導を提供しました。また、授業中の集中力を維持するための具体的なテクニックを提供し、その適用を支援しました。
これらの支援の結果、S君は自身の特性を理解し、それに対処することができるようになりました。そして、家庭環境の改善と学校との協力により、次第に学校生活に復帰することができました。現在、S君は校内外での人間関係のトラブルも少なく、授業にも集中して参加しています。
この事例から、HSS型HSPの子供たちが自身の特性を理解し、それを受け入れ、コントロールすることが、不登校問題の解決につながることが明らかになりました。また、家庭環境の改善と学校との協力も重要であることが示されました。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校解決支援事例4

hss-type-hsp-developmental-disorders

Mちゃん(仮名)14歳、中学3年生の事例を見てみましょう。Mちゃんは極度の人見知りで、友達と一緒にいても常に緊張してしまい、その結果、不登校になってしまいました。
株式会社Osaka-Childは、MちゃんのHSS型HSPの特性を認識し、それに対応するための支援を提供しました。まず、Mちゃん自身にHSS型HSPであることを理解させ、それを受け入れることが重要であると伝えました。また、人間関係での緊張を和らげるための技術を教え、それを日常生活で使えるようになるまで支援しました。
その後、Mちゃんの両親とのカウンセリングを通じて、彼女の特性とその問題を理解し、それに対応するための方法を共有しました。これにより、家庭環境が改善し、Mちゃんにとって心地よい場所になることができました。
そして、株式会社Osaka-Childは、Mちゃんが学校に復帰できるよう、学習支援と個別指導を提供しました。また、学校との連携を通じて、Mちゃんが学校生活に馴染めるようにするためのアドバイスとサポートを提供しました。
これらの支援の結果、Mちゃんは自身の特性を理解し、それに対処することができるようになりました。また、人間関係での緊張を和らげるための技術を学び、それを日常生活で使うことができるようになりました。その結果、不登校問題が解決し、学校に復帰することができました。

株式会社Osaka-Childのhss型HSPの小中学生・高校生の不登校解決支援事例5

hss-type-hsp-developmental-disorders

Yさん(仮名)16歳、高校1年生のケースを紹介します。Yさんは新たな環境に適応するのが困難で、高校に入学してから学校に行けなくなりました。
Yさん自身がHSS型HSPであることを理解し、それを受け入れることが重要であると伝えました。そして、新たな環境に適応するための具体的なスキルやテクニックを提供し、それを日常生活で使えるようになるまで支援しました。
また、株式会社Osaka-Childは、Yさんの両親とのカウンセリングを通じて、彼の特性とその問題を理解し、それに対応するための方法を共有しました。これにより、家庭環境が改善され、Yさんにとって心地よい場所となりました。
さらに、Yさんが学校に復帰できるように、学習支援と個別指導を提供しました。また、学校との連携を通じて、Yさんが学校生活に馴染めるようにするためのアドバイスとサポートを提供しました。
これらの支援の結果、Yさんは新たな環境に適応するためのスキルを習得し、それを日常生活で使うことができるようになりました。また、家庭環境の改善と学校との協力により、Yさんは学校生活に復帰することができました。
これらの事例から、HSS型HSPの特性を理解し、それに対処するための具体的なスキルやテクニックを学び、それを日常生活で使うことができるようにすることが、不登校問題の解決につながることが分かりました。

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

復学支援の専門家が教える、家庭学習支援のポイントと効果的な学習方法

不登校の子どもの復学支援に必要な心理的サポートとは?

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。
  2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。
  3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。
  4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。
  5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。
  6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。
  7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。
  8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。
  9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。
  10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。
  11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

オキシトシンの多い人の特徴と効果!幸福ホルモンの驚きの効能

【幸せホルモン】オキシトシンの増やし方12選|瞑想やマインドセット・身体調整が効果的

不登校の原因を知る方法!40代の母親が的確にサポートする方法とは?

中学生の不登校の原因は母親にあった!母親へのカウンセリングで復学につなげる

【40代子育ての悩み】不登校の原因を解明!不登校になる子の親の特徴と改善策

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容
1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

  1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。
  2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。
  3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。
  4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。
  5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。
  6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。
  7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。
  8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。
  9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。
  10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。
  11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

counseling
参考カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

抱える問題が解決できないあなたへ 日々の生活で様々な悩みや困難に直面することはよくあります。気分の落ち込みややる気の喪失、職場や学校での人間関係のストレス、家族や恋人とのトラブル、過去のトラウマによる ...

続きを見る

来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

client-centered-therapy-counseling
参考来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

焦点は来談者|来談者中心療法 焦点は来談者中心療法、またはクライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチとして知られる心理療法です。この療法は、1940年にロジャースによって提唱されました ...

続きを見る

トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

trauma-informed-care-counseling
参考トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

トラウマインフォームドケアの理念 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の心理的な傷を理解し、適切にサポートを提供するためのアプローチの一つです。 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の ...

続きを見る

オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

online-counseling
参考オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

オンラインカウンセリングの概念 オンラインカウンセリングは、インターネットを通じて行われる心理カウンセリングの形式であり、クライアントとカウンセラーが対面で会う必要がなく、遠隔地からでもセッションを行 ...

続きを見る

精神分析的心理療法でカウンセリングを実施し心理システムの正常化で生きづらさ克服

ゲシュタルト療法で心理システムを正常化し知覚・感覚・認識を自然世界と共有させる

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容
1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。
  2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。
  3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。
  4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。
  5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。
  6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。
  7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。
  8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。
  9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。
  10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。
  11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。
  12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。
  13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。
  14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。
  15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

株式会社Osaka-Childの身体調整とカウンセリング技法

催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

hypnotherapy-counseling
参考催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

催眠療法の多様性 催眠療法は心身をリラックスさせ、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行われる心理療法であり、その多様性は豊富です。個々の治療法は患者のニーズに合わせて変化します。 この療法は、潜 ...

続きを見る

自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

autogenic-training
参考自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

自律訓練法(じりつくんれんほう)の理解 自律訓練法は、心理療法の一種であり、ストレス緩和と自己調整を目的としています。この訓練法は、日々の生活におけるストレスや不安を軽減し、全体的な生活の質を高めるこ ...

続きを見る

呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

breathing-technique-counseling
参考呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

呼吸による健康改善!自律神経をバランスさせる呼吸法について 呼吸による健康改善には、自律神経のバランスを整える呼吸法が効果的です。自律神経は、交感神経と副交感神経の調和が重要であり、これらの神経のバラ ...

続きを見る

メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

mentalization-based-therapy
参考メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

メンタライゼーションの概念について メンタライゼーションは「心で心を思うこと:Holding mind in mind」と表現され、他者や自己の行動の背後にある精神状態に注意を向け、それを認識すること ...

続きを見る

グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

grief-care-counseling
参考グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

治療法としてのグリーフケアとは グリーフケアは、患者が経験する悲しみや喪失感に対応するための専門的な治療を提供します。グリーフとは、「大切な存在」を失ったことによる、深い心の苦しみを含む様々な反応を指 ...

続きを見る

リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

relaxation-technique
参考リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

リラクセーション技術の概要と役割 リラクセーション技術は、患者の身体的・精神的な状態を安定させるための重要な方法であり、痛みや不安を和らげる役割を果たしています。 リラクセーションは、くつろぎや緊張・ ...

続きを見る

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容
1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。
  2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。
  3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。
  4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。
  5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。
  6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。
  7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。
  8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。
  9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。
  10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。
  11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。
  12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。
  13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

発達支援・発達相談をカウンセリングと療育で発達障害の子どもの機能性を120%アップ

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ペアレント・トレーニングで40代母親の子育てを楽にする|子どもの育ちを大切にできる

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

【40代母親必見】不登校の子が復学後に勉強しない?その原因と解決策を詳解

中学3年間不登校だと勉強してないから高校受験は難しい?中学生の不登校の原因と親ができる対応

発達障害をカウンセリングで心理システムをスムーズにし克服へ|40代女性生きづらさ解決

developmental-disorder-counseling

学習障害(LD)をカウンセリングで最短で負担なく克服させる|生きづらさ解決に

learning-disability-counseling

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容
1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。
  2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。
  3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。
  4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。
  5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。
  6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。
  7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。
  8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。
  9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。
  10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。
  11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

対人関係療法カウンセリングで治りにくい精神疾患を正常化する|うつ病・摂食障害に効果的

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)で40代女性の人生を幸福に導く

コーチングで40代女性の子育てやキャリアアップを最速に機能させる

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

cognitive-restructuring-method
参考認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

認知再構成法の概要 認知再構成法は、認知療法の一つの技法で、個人のネガティブな思考や信念を変えるのに役立ちます。この手法は、認知行動療法の一部であり、適応的でない認知的行動を適応的な行動に変容させる介 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容
1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。
  2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。
  3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。
  4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。
  5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。
  6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。
  7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。
  8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。
  9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

ストレスコーピングとカウンセリングの併用で40代女性のキャリア・子育てに成果

マインドフルネスとカウンセリングで効果を最大に|40代女性のキャリア・子育てに成果を出す

行動活性化療法で精神的抑うつを改善|40代女性生きづらさ克服でキャリア・育児両立に

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています。

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-40代母親の子どもの不登校, 40代母親の子どもの発達障害, HSC・HSP