3歳の子どもの幼稚園選び|堺市南区幼稚園紹介 40代母親の子どもの保育園・幼稚園・子ども園選び方 40代母親子育て・40代女性の人生の悩み

40代母親の3歳の子どもの堺市南区幼稚園紹介 ④|いずみがおか幼稚園

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

sakai-izumigaoka-kindergarten

sakai-izumigaoka-kindergarten

目次

園の概要

園の概要

項目 内容
住所 〒590-0111 堺市南区三原台3-3-1
最寄り駅から 泉北⾼速鉄道線「泉ヶ丘」駅から徒歩12分
駅前からバス(改札を出て左へ階段を降り3番のりば)「三原台⼩学校前」下⾞すぐ
電話 072-291-0393
FAX 072-291-4093
園⻑名 髙田 昌代
設置者名 学校法⼈ 常磐会学園
理事⻑名 岡本 和惠

学級・園児・教職員の構成について

項目 内容
認可上の定員 定員215名(0歳児から5歳児)
園則定員数 満3歳児から5歳児
・1号認定児55名、2号認定児100名
0歳児から2歳児
・3号認定児60名
クラス数 0歳児1クラス、1,2歳児混合3クラス、3歳児2クラス
4歳児2クラス、5歳児2クラス
教職員数 園長=1名、教頭=1名、主幹保育教諭=2名、指導保育教諭=1名
担任=12名(教頭、指導保育教諭含む)、クラス補助=25名
預かり保育=11名
管理栄養士=1名、栄養士=2名、調理師=2名、調理員=4名
看護師=1名、その他職員=3名
計64名(9月現在)

園 医

  • 内科
    ⽑利クリニック
  • ⻭科
    いらは⻭科医院
  • ⽿⿐咽喉科
    しまだ⽿⿐咽喉科
  • 学校薬剤師
    岡本薬局

常磐会学園組織

  • 常磐会学園⼤学 国際こども教育学部 国際こども教育学科
  • 常磐会短期⼤学 幼児教育科
  • 常磐会学園 こどもセンター平成27年に新設した常磐会学園こどもセンターは、⼦育て中のご家庭を応援する居場所です。⼦育てに関する悩みや、疑問の解決から、仲間づくりや情報交換まで、育児のために必要なサポートを惜しみなく⾏っています!
  • 付属園 認定こども園 常磐会短期⼤学付属 常磐会幼稚園、認定こども園 茨⽊⾼美幼稚園、幼保連携型認定こども園いずみがおか幼稚園

図表

保育&サポート

1号認定児(満3歳児から5歳児)

項目 内容
教育時間 月・火・木・金曜/8:45〜14:00 水曜/8:45〜13:00
預かり保育(ぴっころルーム) 早朝7:15〜8:45 保育終了後〜19:15
休業日 日曜日、国の定めた祝日、夏期7/21〜8/31、冬期12/25〜1/7、春期3/25〜、年末年始、その他園の定めた日
昼食 本園は自園調理での給食です。「ワクワクしながらモリモリ食べる!」がモットーです!
通園方法 保護者による送迎/教職員による徒歩での送迎

2号、3号認定児(0歳児から5歳児)

項目 内容
保育時間 早朝保育 7:15〜7:29
通常保育 7:30〜18:30(保育標準時間) 8:45〜16:45(短時間)
延長保育 18:31〜19:15(保育標準時間) 16:46〜19:15(短時間)
一時預かり保育 (在園児以外の)6ヶ月〜2歳児対象
休業日 日、祝日、年末年始、その他園の定めた日
通園方法 保護者による送迎

いずみがおか幼稚園って?

いずみがおか幼稚園って?

常磐会短期大学付属いずみがおか幼稚園は常磐会短期大学の付属3園の内の1園です。


常磐会短期大学付属いずみがおか幼稚園は、
0歳児~5歳児までの子どもが一緒に過ごしている幼稚園です!
常磐会学院3園の説明

常磐会短期大学付属いずみがおか幼稚園は幼稚園由来の幼保連携型認定こども園です。
幼保連携型認定こども園の説明
お仕事がお休みの場合は、子どもの心身の疲れを考慮し、3号認定子どもは家庭保育の協力を、2号認定子どもは教育活動時間での登降園の協力をお願いしています。

これまでのあゆみ

これまでのあゆみ

これまでのあゆみ

これまでのあゆみ

昭和46年に常磐会短期大学の付属幼稚園として創設。
“良質なぬくもりのある環境と、子どもをより丁寧に育てること”、“常に子どもの幸せを原点に”を基本姿勢とし、0歳児から2歳児は【保育】、3歳児から5歳児は【子どもがはじめて出会う学校】とし、今まで積み上げてきた幼児教育を位置付けてきました。
子どもの視点に立ち、「子どもの最善の利益」を第一に考え、時代を担う子どもが人間として心豊かにたくましく生きる力を身に付け、また子どもを育成する父母や祖父母その他の保護者や地域の子育て力が高まるよう、地域に開かれた施設として子育て支援にも力を入れてきました。
より一層「子どもがまんなか」になるように、園舎建て替えを行い、平成25年12月から新園舎で生活を送っています。

「迷路みたい」
工事も学び・・・園舎の建て替え工事をブラックボックス化せず、あえて公開することで教育的資源として活用。子どもたちが過ごした場所を時間と共に感じてきました。

「先生、なんか寂しいね・・・前の幼稚園も好きやねん。」
「赤い屋根の幼稚園。どうなるの?なくなるの?」
と心の温まる声も聞かれました。子どもたちは新しい出会いに喜び、今まで慣れ親しんだ場との別れを惜しむ、そんな心の育ちを感じての旧園舎とのお別れとなりました。
赤い屋根の幼稚園 ありがとう・・・

沿革

泉丘幼稚園 沿革

昭和46年

  • 4⽉創⽴開園・10⽉28⽇開園式を行う

昭和53年

  • プール新設

昭和55年

  • 園庭総合遊具新設 玄関前花壇新設

昭和56年

  • 創⽴10周年記念式・時計台新設

昭和57年

  • 「子ども動物園」を実施開始(現在も「動物村」として受け継がれている)
    昭和58年
  • 飼育小屋設置(うさぎ、亀、小鳥)

昭和60年

  • ⾳楽教室の充実、エレクトーンを増やす

平成元年

  • 大阪でOMEPアジア大会の開催により本園見学

平成3年

  • 創⽴20周年記念の集い(10⽉26⽇)
  • 園旗新調

平成6年

  • 幼児教育相談開始、三原台校区年忘れ敬老会に参加開始(年長組)、陶芸講習会開催、陶芸用電気釜設置

平成7年

  • 英語指導開始、学校週5日制実施に準じて、第2、第4土曜日を休園とする(第1、第3土曜日は自由登園とする)

平成8年

  • 常磐会学園幼児教育研究会と大阪府私立幼稚園連盟堺支部共催で公開保育と講演会を開催、母親講座開講

平成9年

  • 研究紀要「あしあとI」を創刊する

平成10年

  • 預かり保育開始(保育終了後~16:30)、未就園児に幼稚園開放を開始(毎週土曜日実施)、陶芸教室開室、三原台校区「ふるさとまつり」に参加開始

平成11年

  • 大阪府私立幼稚園連盟教育研究13次プロジェクトチーム「預かり保育」研究紀要創刊する

平成12年

  • 預かり保育の名称を【ぴっころ】とする
  • 預かり保育の時間延長(早朝、保育終了後~18:00)及び長期休業日(夏期、冬期、春期)の受け入れを実施する
  • 常磐会学園幼児教育研究会にて公開保育・研究発表を⾏う

平成13年

  • 創⽴30周年記念の集いを⾏う
  • 地域と共催「CAP講習会」開催する
  • 通⽤⾨に電⼦錠付扉取り付け

平成15年

  • 未就園児親子登園「いちご組」開始する

平成16年

  • 0歳児~2歳児の保育を対象とした「堺市型認証保育所いずみがおか園」を開所する
  • 親子支援活動として、「ふれあいランド」を実施する
  • 常磐会学園 幼児教育研究会を開催する
  • 制服のモデルチェンジを行う
  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、優良プロジェクト園に入選
  • 大阪地区教員研修大会にて、本園の特別支援教育において発表する
  • 全国幼稚園教育研究討議会「楽しく子育てみんなで子育て」実践事例集に執筆する

平成17年

  • 0歳児~5歳児までの保育と教育の一環を目指し、大阪で唯一総合施設モデル事業に選定される
    0歳児、1歳児親子対象に「めばえルーム」を開始する
  • 文部科学省より、本園の“自然体験を通して豊かな心を育む”保育において教育改革推進モデル事業を受ける
  • 近畿地区私立幼稚園教員研修大会京都大会にて~総合施設事業から見えてくるもの~について発表する
  • 常磐会学園幼児教育研究会にて公開保育・研究発表を行う

平成18年

  • ソニー教育財団「科学する⼼」の研究論⽂に応募し、努⼒園に選ばれる

平成19年

  • 堺市より認可を受け、「幼保連携型認定こども園」となる
    給食導入(選択制)を開始する
    満3歳児保育を開始する
    ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、最優秀プロジェクト園に選ばれる

平成20年

  • ソニー教育財団最優秀プロジェクト園として、公開保育と共に研究発表会を開催する
  • 常磐会学園乳幼児教育研究会にて、公開保育・研究発表を行う

平成21年

  • 平成21年・22年度⽂部科学省教育課程指定校事業を受ける(平成22年2⽉中間報告をする)

平成22年

  • 平成21年・22年度⽂部科学省教育課程指定校事業最終報告をする

平成23年

  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、奨励園に選ばれる

平成24年

  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募

平成25年

  • 地鎮祭、園舎建て替え工事着工する(1月より新園舎での生活開始)
  • 文部科学省幼稚園教育理解推進事業(大阪府協議会)で採択される
  • 文部科学省幼稚園教育理解推進事業(中央協議会)で採択される
  • ソニー教育財団「科学する⼼」の研究論⽂に応募

平成26年

  • 新園舎竣工式、内覧お祝い会を挙行する
  • 3階乳児保育室において「1園1室木のぬくもり事業」に採択され、木質化を図る
  • 自園調理を開始する
  • 一足制を導入する
  • 第67回 ⽇本保育学会 公開保育実施
  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、奨励園に選ばれる

平成27年

  • 子ども・子育て支援新制度の導入に伴い、0歳児~5歳児までの一体化施設となる。同時に【幼保連携型認定こども園 常磐会短期大学付属 いずみがおか幼稚園】と園名を変更する
  • 三原台中学校区、保幼小中高連携事業の一環として「眠育」活動に参加開始する
  • 教育理念等をまとめ、「コンセプトブック」を作成する。
  • ぴっころハウスを設立する
  • ICTシステムを導入する
  • ソニー教育財団「科学する⼼」の研究論⽂に応募し、奨励園に選ばれる

平成28年度

  • 幼児教育実践報告会にて、『2歳から3歳のつながりを考える』の実践発表を⾏う
  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、奨励園に選ばれる

平成29年度

  • 保育環境評価スケール(ECERS)を受ける
  • ソニー教育財団「科学する心」の研究論文に応募、奨励園に選ばれる

平成30年度

  • 公益財団法人 全日本私立幼稚園幼児教育研究機構「公開保育を活用した幼児教育の質向上システム(ECEQ)」を実施し、認定を受ける
  • 常磐会学園乳幼児教育研究会 研究発表会を同時開催する

平成31年度

  • 「幼児教育・保育の無償化」が開始される
  •  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月1日より1号認定こども休園、第49回保育修了証書授与式を延期する

令和2年度

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、国による「緊急事態宣言」が発令され、4月1日~5月31日までを原則休園となる中、2,3号認定子どもの受け入れをする
  • 安田式ブランコの設置
  • 6月1日より分散登園開始。その後6月15日より、感染防止策を講じ段階的に通常保育に戻る

令和3年度

  • 創立50周年記念行事「いずみがおか幼稚園50歳の誕生会」を実施
  • 安田式総合遊具「ジャングラミング」を新設する

令和4年度

  • 園庭砂場の土壌分析調査を行い、砂場の衛生確認を行う
  • ホール裏部に事故防止、不審者防止ゲートを設置する

令和5年度

  • 株式会社 フレーベル館の【保育ナビブック~研修アドバイザーと共に創る新しい園内研修のかたち~】(著者 秋田喜代美)で、本園の園内研修が掲載される

保育・教育

理念

理念
理念

理念

子供がまんなかの教育・保育

子供がまんなかの教育・保育子供がまんなかの教育・保育

理念について

遊びは学び

子どもは、「今」を生き、「子どもの時間」を過ごしています。
子どもがしていること(行為や行動)に目を向けると、大人からは考えもつかない程の大胆で予想外なことが多く、それを見た大人は、すぐにやめさせたり怒ったりしてしまうことはありませんか?
子どもにしてみると「なんであかんの?」「おもしろかったのに…。」と納得がいきません
そこには・・・。

  • 子どもが「もの」や「こと」に心を寄せ、関心をもち、自分なりに考えかかわろうとする。
  • ダメなら「もう一回!」といろいろな方法で試し工夫してみる。
  • 満足感、達成感を味わい、夢中になれる。
  • また、新たに挑戦したくなる「わくわく」した気持ちにつながる。

子どもが「自ら育とうとする」そんな素敵な時間があるのです。

いずみがおか幼稚園では、「今」を生きる「ありのまま」の子どもの姿を受け止め、子どもがやってみたいことにじっくり取り組める時間や場を保障しています。また、子どもの心の声に寄り添い、子どもたちが「わくわく」して自分たちで生活を創っていく姿を支えることを大切にし、子どもにかかわっています。

いつのまにか大人には見えなくなってしまったもの。
今、この時の子どもにしか見えないものを大切にしながら、子どもと同じ気持ちで一緒に見たり、聞いたり、感じたりしながら1日1日をつなげ、重ねていきたいと思っています。

教育目標

教育目標
温かく安らぐ生活の中で、豊かな感情、好奇心、思考力の基礎を培う

  • 健康な生活の仕方を身につけ、自分のことを自分でしようとする子ども
  • 自分を大切に、友達も大切にする子ども
  • ちがいを受け入れ共に育ちあう子ども
  • よく見、よく聞き、よく考える子ども
  • 心を動かし、やってみようとする子ども
  • 感じたことを豊かに表現し、自分らしくのびのび生活する子ども

特色

特色

特色1|「優しさ」は経験の中で育まれる

子どもの姿を見ていて、わかったことがあります。
「優しさ」は教えられて育つものではなく、体験から育まれるものだということです。
心があたたかくなるような出来事、安心することができたことなど、「優しくしてもらった実体験」がもととなり、「誰かに優しくしたくなる気持ち」が芽生えてくるようです。
いずみがおか幼稚園では、同年齢の子ども同士とだけではなく、異年齢の子どもたちとも自然にかかわりながら過ごすオープンな環境となっています。
いろいろな時間に、いろいろな場所で、子どもの心の中では「優しさの芽」が育まれています。

photo

特色2|みんな違って みんないい

いずみがおか幼稚園では、子ども達の気持ちや思い、考えを大切にしています。
子どもといっても一人の人間。
「自分で選ぶことができる。」「自分で決めることができる。」
自己選択・自己決定ができ、興味や関心を広め深めていけるような環境を保障しています。
また、子ども達がそれぞれにもっている「力」を発揮していけるよう、子どもの「いいとこ探し」をしています。
自分の「よさ」を伝えてもらうことで、受け入れられる安心感を、認められる任されることで、自己肯定感や自己有能感を感じ「自分を好きになる」のです。
自分を好きになり、自分を大切にできるからこそ、友達のことを好きになり、友達のことを大切にする子どもになっているのだと思っています。

photo

特色3|ワクワクがつながる 見える環境

一足制

本園は3・4・5歳児では「上靴」を使用しません。
「今、あそこであれがしたい!」そう思った時 すぐにその場に行けるように・・・。したいと思ったことが出来るように・・・。という思いから「一足制」を導入しました。
0・1・2歳児は、保育室では裸足で生活しています。

photo

photo

つながる道

各階のベランダはつながっていて、ベランダを通っても好きな場所に行くことが出来ます。特に2階はベランダからつながるスロープを通れば園庭に出ることもできます。

興味・関心・憧れが膨らむ吹き抜け

本園では1階が5歳児、2階が3歳児と4歳児、3階は0・1・2・満3歳児という配置です。
1階の保育室や中央にあるホールで、園の生活をリードする年長児がさまざまな活動をしています。2階の吹き抜けから熱いまなざしでその姿を見つめる3・4歳児。
「何やってるんやろう?」
「年長さんありがとう」
「かっこいいな!大きくなったらやってみたいな」と、様々な思いをそれぞれに膨らませています。

photo

特色4|生きる力の根っこを育む〜食事・排泄・睡眠〜

たくさん遊んだら「お腹がすいた!」
食べる意欲(食欲)がわいてきたら自分でも食べたくなってくる。
自分の手で、食べたいものを自分の口に入れる。
一人一人の食べたい気持ち、食べたくなる雰囲気を大切にしています。

photo3・4・5歳児も「みんなで食べると おいしいな!」の雰囲気を大切にしています。
自分の「苦手なもの」自分が「食べられる量」を知り、調節しながら食べていきます。楽しく食事をすることにより、心もお腹も満たされることが健やかな成長につながると考えています!

photo

自園調理のいいところ!

  • 食材は、国産・堺市近郊農家の野菜や米にこだわり仕入れ!
  • 季節を感じられる旬のものを意識した献立作成!(魚・野菜・果物)
  • 離乳食や食物アレルギー児への個別対応だけではなく、必要性に応じ個別対応!
  • 作ってくれる人、給食が出来ていく過程が見える!
  • 「いいにおい~!」「今日はカレーかな?」鼻でも給食を感じられる!
  • 子どもが栽培、収穫した野菜や果物を食することができる!
  • 行事食や子どもの成長を祝う「お祝い給食」を通し、食への関心を育む!
  • 管理栄養士との離乳食相談・アレルギー相談・栄養指導等で安心!

photo

「布おむつ」を使っています!

  • 濡れた時の「気持ち悪い!」この感覚がわかるからこそ、濡れていない時の「気持ちいい!」がわかり
    ます!一人一人の排泄時間を記録し、排泄の間隔を見ながら一人ずつに誘い掛けをしていきます。
  • 濡れたことを泣いて知らせることも大切な事で、泣くとすぐに大人が来てくれて、心地よくしてくれる。
    このような経験を繰り返す中で、安心して過ごすことができ、「情緒の安定」につながっていきます。
  • 月齢による個人差はありますが、0歳児の大半の子どもが1歳児に進級するまでに、布パンツで過ごせるようになっています。

布おむつは、病院のICUで使う布おむつのリース・クリーニングを取り扱う「コーベベビー株式会社」に委託し、レンタルでの対応となります。(実費徴収)

photo

布おむつを卒業すると、1歳児からはトレーニングパンツではなく、「布パンツ」で生活します。
「お兄ちゃんパンツ・お姉ちゃんパンツ」という魔法の言葉は、子どもたちの“やる気スイッチ”を押しているようです!
「自分でできた!」「濡れなかった!」と感じられる中で自信がつき、それぞれが自分のタイミングで排泄できるようになってきます。じっくり見守り自分でしようとする姿を応援していきます。

2歳児から3歳児へのつながり

3歳児は各クラスにトイレがあります。
進級児も新入児も新しい場所での生活となります。
生理的現象である「おしっこ」。不安から我慢する
ことのないよう、先生の顔が見える、明るい、扉のないトイレ環境で安心してできるようにしています。
4・5歳児は各階にある共同トイレを使用します。

photo

  • 朝寝・昼寝は、ゆったりとした雰囲気の中で眠っています。
  • お昼寝の布団は 園のものをお貸しいたしますので布団の持ち込みは必要ありません。
    下に敷くタオルとお腹に掛けるタオルのみご準備ください。

0歳児は5分ごと、1・2歳児は10分ごとに1度 睡眠中の「乳幼児突然死症候群」(SIDS)を未然に防ぐため「ブレスチェック」を行い記録しています。

photo

2歳児から3歳児へのつながり (預かり保育利用児のお昼寝)

2歳児から3歳児への進級にあたっては、生活が滑らかに接続していけるよう、食事やお昼寝の時間に配慮しています。
お昼寝時は、2歳まで過ごしていた同じ流れになるよう、空き保育室を活用し、新しい環境の中で緊張して過ごす子どもの気持ちが「ほっ」とできる時間となるようにしています。
3歳児10月頃(運動会が終わるころ)まではお昼寝をしますが、それ以降は希望者のみお昼寝をするようにし、それぞれの子どもの生活スタイルに合わせた個別対応をしています。

みんいく(睡眠教育)

本園卒園児の保護者である絵本作家の“さいとうしのぶ さん”と共に「夜9時には布団の中にいられるように!」と、睡眠の大切さを伝え広める「睡眠教育」に取り組んでいます。
三原台小学校区での「みんいく」の取り組みは、堺市の公立小中学校全域で「みんいくの教科書」を使い、睡眠と健康の関係について考える授業として展開中です。
この活動は三原台中学校区を原点として、全国に広がりを見せています。

photo

特色5|みんなで一緒に子育てを

子育てをしていると、いろいろなことがありますね。
子どもの笑顔にうれしくなったり、子どもの涙で心配になったり「ハラハラ」「ドキドキ」することがいっぱいです。
私達も子どもの成長を楽しみにしながら、一緒に子どもを応援する「子育ての仲間」に入れてください!
いずみがおか幼稚園では「ほめほめ大作戦!」で子ども達の「いいとこ探し」をしています。
大人も子どもも同じで、ほめられると「うれしい!」「力が湧いてくる!」「やる気がでる!」「自信がもてる!」と、いいことばかりです。
おうちの方、気になること、困ったことがあればいつでもお声をおかけください。一緒に考えていきましょう!みんなで一緒に、たくさんの目で子ども達をあたたかく見守り応援しましょう!

photo

特色6|園の思い

子どもは、「今」を生き、「子どもの時間」を過ごしています。
子どもがしていること(行為や行動)に目を向けると、大人からは考えもつかない程の大胆で予想外なことが多く、それを見た大人は、すぐにやめさせたり怒ったりしてしまうことはありませんか?
子どもにしてみると「なんであかんの?」「おもしろかったのに…。」と納得がいきません。そこには・・・。

photo

  • 子どもが「もの」や「こと」に心を寄せ、関心をもち、自分なりに考えかかわろうとする。
  • ダメなら「もう1回!」といろいろな方法で試し工夫してみる。
  • 満足感、達成感を味わい、夢中になれる。
  • また、新たに挑戦したくなる「わくわく」した気持ちにつながる。子どもが「自ら育とうとする」そんな素敵な時間があるのです。

いずみがおか幼稚園では、「今」を生きる「ありのまま」の子どもの姿を受け止め、子どもがやってみたいことにじっくり取り組める時間や場を保障しています。また、子どもの心の声に寄り添い、子どもたちが「わくわく」して自分たちで生活を創っていく姿を支えることを大切にし、子どもにかかわっています。
いつのまにか大人には見えなくなってしまったもの。今、この時の子どもにしか見えないものを大切にしながら、子どもと同じ気持ちで一緒に見たり、聞いたり、感じたりしながら一日一日をつなげ、重ねていきたいと思っています。

園の一日

園の一日

園の一日

園の一日

3歳児から5歳児

7:15 ・早朝預かり
・随時登園
8:45 ・登園
・好きな遊びをする
・生き物の世話をする(5歳児 動物当番)
10:00 ・片づける
・全園児の集い(誕生会等の行事 月2~3回程度)
・クラスでの活動
・英語指導(月1回4・5歳児)
・体育指導(月1回3~5歳児)
12:00 ・お弁当・給食
(準備する、食べる、片づける)
・好きな遊びをする
・グループやクラスの友だちと遊ぶ
・降園準備
・クラスの集い
14:00 ・降園
・預かり保育
・午睡
・おやつ
・戸外遊び
18:30 ・0歳児~5歳児 合同保育
・延長保育
19:15

0歳児から2歳児

7:15 ・早朝保育
・随時登園
9:00 ・おやつ
・散歩
・戸外遊び
・クラスの遊び、室内遊びなど
・体育指導(月1回 2歳児)
11:15 ・給食
12:00 ・午睡
15:00 ・おやつ
・好きな遊びをする
・随時降園
18:30 ・0歳児~5歳児 合同保育
・延長保育
19:15

年間行事

年間行事

4月

4月

4月

  • 3歳児から5歳児
    始業式・⼊園式、弁当・給⾷開始(4、5歳児)、顔合わせ会、学級懇談(4、5歳児)
  • 0歳児から2歳児
    進級⼊園お祝い会、顔合わせ会、個⼈懇談

5月

5月

5月

  • 3歳児から5歳児
    こども動物村、コース送迎開始(4、5歳児)、尿検査、ぴっころ懇談会、学級懇談(3歳児)
  • 0歳児から2歳児
    こども動物村、保護者会、保育参加

6月

6月

6月

  • 3歳児から5歳児
    園外保育(キッズプラザ、海遊館→5歳児)、園外保育(ビックバン→4歳児)、弁当・給⾷開始(3歳児)、コース送迎開始(3歳児)、健康診断(内科・⻭科・⽿⿐科)、視⼒・聴⼒検査、保育参加、⻭磨き指導、プール開き
  • 0歳児から2歳児
    健康診断(内科、⻭科)

7月

7月

7月

  • 3歳児から5歳児
    七⼣集会、個⼈懇談、プール参観、お泊り保育(5歳児)、終業式、夏期保育、⼣涼み広場
  • 0歳児から2歳児
    ⼣涼み広場、プール開き

8月

8月

8月

  • 3歳児から5歳児
    夏期保育、同窓会(前年度修了児)
  • 0歳児から2歳児

9月

9月

9月

  • 3歳児から5歳児
    始業式、 ⼊園説明会、⼊園願書交付、お⽉⾒集会、三原台地域敬⽼会参加(5歳児)
  • 0歳児から2歳児
    ⼊園説明会、⼊園願書交付

10月

10月

10月

  • 3歳児から5歳児
    ⼊園願書受付、運動会、保育参加、園外保育(ちょっとバン→満3歳児、3歳児)、園外保育(さつまいもほり、みかん狩り→4、5歳児)、こどもまつり、三原台地域「みはらふるさとまつり」参加
  • 0歳児から2歳児
    ⼊園願書受付、運動会・保護者会、園外保育(ちょっとバン→2歳児)、こどもまつり、三原台地域「みはらふるさとまつり」参加

11月

11月

11月

  • 3歳児から5歳児
    園外保育(動物園→3、4、5歳児)、中学⽣職業体験、⼟曜保育参加、消防訓練
  • 0歳児から2歳児
    消防訓練、保育参加

12月

12月

12月

  • 3歳児から5歳児
    お楽しみ会、⾳楽会、もちつき、個⼈懇談、終業式
  • 0歳児から2歳児
    お楽しみ会、もちつき、個人懇談

1月

1月

  • 3歳児から5歳児
    始業式、⼈形劇観賞、とんど焼き、鏡開き
  • 0歳児から2歳児
    ⼈形劇観賞

2月

2月

2月

  • 3歳児から5歳児
    節分遊び、⽣活発表会、新⼊園児重要事項説明会
  • 0歳児から2歳児
    節分遊び、⽣活発表会・保護者会、新⼊園児重要事項説明会

3月

img src="http://izumigaoka-youchien.com/wp-content/themes/twentyseventeen_child/images/schedule_photo3-2_2309.png" alt="3月" />

3月

  • 3歳児から5歳児
    おわかれ遠⾜、個人懇談(3、4歳児)、おわかれ会・カレーパーティー、⼩学校出前授業(5歳児)、保育修了証書授与式(5歳児)、⼀⽇体験⼊園(新⼊園児)、終業式
  • 0歳児から2歳児
    ⼀⽇体験⼊園(2歳児)、個⼈懇談(2歳児)、おわかれ会、保育修了式(2歳児)

園舎・園庭

園舎について

園舎・園庭

園舎・園庭

身近な環境の全てを吸収し遊びと生活につなげる子どもたち

子どもたちは、園を一つのお家として好きな場所を見つけ遊んだり、活動に適した場を見つけたりして遊びを創りだしています。園舎の日当たりも風の通りも誰かに教えられたのではなく日々の中で感じ取り、生活に活かしています。
「寒いときは、このガラスの前でままごとしよう!おもちゃのお引越ししよう!」「暑いときにはここでお茶を飲もう!」「ここってみんなが見えるねん!ここすきやねん!」気づけば子どもたちが群れて遊ぶ姿があちこちに見られます。木のぬくもりとあたたかな日差し、そして友達、先生。特別なものなどなくても子どもたちは楽しい生活を創りあげる名人です。新園舎での歴史は始まったばかり、子どもたちのつけていく足跡を丁寧にみとり、これからもたくさんの遊びを共に創り出していきます。

明るく開放的な保育室空間に動線、視線を配慮。また、多様な保育活動に対応した環境、自然採光を多く取り入れ、風が通りぬけ、四季の変化を感じる自然の要素を大切に考えています。つながる保育を目指して、一足制を導入し、遊びを止めずに内外からつながる活動が出来ます。遊びの達人を育てます。
自然環境と保育空間、安心・安全、エコロジー、園舎と園庭の繋がり、交流、3階建てのおうち

施設・設備

項目 内容
園地総面積 3,977.28㎡
運動場面積 1,369.69㎡
設備・施設 保育室、遊戯ホール、図書コーナー、職員室、厨房、子育て支援室、屋上プール、総合遊具、てつぼう、うんてい、八角ジム、ぴっころハウス、ブランコ、ぐんぐんきのぼり
安全対策 自動警報安全対策(警備会社〜警察通報)、電子錠、テレビインターホン、消防署連携、保護者名札着用、AED設置、自動警報、入退室管理【ICTシステム】

園内マップ

園内マップ

園内マップ

園内マップ

入園のご案内

園の概要

募集要項(令和6年度)

※令和5年9月1日9時より願書配布。令和5年10月2日9時より受付開始。

入園資格者の生年月日 定員 募集人数(予定)
0歳児 令和5年4月2日生まれ~
※生後57日目以降入園資格あり
3号認定11名 11名程度
1歳児 令和4年4月2日生まれ~
令和5年4月1日生まれ
3号認定19名 10名程度
2歳児 令和3年4月2日生まれ~
令和4年4月1日生まれ
3号認定30名 5名程度
3歳児 令和2年4月2日生まれ~
令和3年4月1日生まれ
1号認定26名
2号認定30名
1号認定20名程度
※兄姉枠あり
2号認定10名程度
4歳児 平成31年4月2日生まれ~
令和2年4月1日生まれ
1号認定30名
2号認定30名
若干名
※転入園に関しては受付可です
【要相談】
5歳児 平成30年4月2日生まれ~
平成31年4月1日生まれ
1号認定30名
2号認定34名
若干名
※転入園に関しては受付可です
【要相談】

令和6年度 入園説明会について

令和5年9月2日(土)10:00(受付 9:45~)より、いずみがおか幼稚園遊戯ホールにて行います

認定区分

本園は幼保連携型認定こども園です。ご入園をご希望のお子様は以下の認定区分のいずれかになります。

認定区分 対象の子ども
1号認定 3歳児以上で8時45分~14時(水曜日のみ13時)までの教育のみを受けられる方
2号認定 3歳以上で保護者の就労などにより、預かり保育の利用も必要とされる方
3号認定 2歳以下で保護者の就労などにより、保育を必要とされる方

保育料

入園時に必要な費用

対象児 教育充実費・施設整備費 入園受入準備費
1号認定 50,000円
※入園面接時に納入
3,000円
※願書提出時に納入
2号認定 3,000円
※入園面接時に納入
3号認定 0円
※1・2号認定の切り替え時(3歳児への進級時)に、教育充実費・施設整備費、入園準備費を徴収させていただきます。

※1~3号認定児いずれも登降園時に必要なIDカード代(3,000円)が別途必要となります。
※1、2号認定は別途、制服・用品代として約30,000円程度必要となります。

毎月必要となる主な費用

3歳児~5歳児(満3歳児1号認定を含む)「幼児教育・保育の無償化」の対象となっており、1号認定・2号認定の子どもの基本負担額(保育料)は、所得にかかわらず無償となります。

3号認定の子どもの基本負担額(保育料)は、保護者の所得に応じた負担となります。お住まいの各市町村から決定通知が届きますので、お納めください。ただし、堺市独自の施策により、第2子以降のお子様も保育料が無償となっています。(令和5年現在)詳しいことは、園にお問い合わせください。

対象児 基本負担額 教材費 食費
1号認定 保育料 0円
(満3歳児・1号認定含む)
毎月2,050円
※8月も含む
給食費…毎月4,200円
※8月も含む
2号認定 給食費…毎月6,300円
※8月も含む
3号認定 所得に応じる 0歳児
オムツ代実費 教材費
毎月2,050円
1・2歳児 教材費
毎月2,550円
0円
※基本負担額に含まれる。

満3歳児入園に関する案内(令和5年度分)

入園資格者の生年月日 令和2年4月2日生まれ~令和3年4月1日生まれ
※満3歳になった翌日より、入園手続きができます。
※保育開始は、手続き後の翌月1日となります。
定員 6名(先着順)
入園時に必要な費用 ○入園受け入れ準備費 3,000円
○教育充実費・施設整備費 50,000円 ※別途、制服等をご購入いただきます。
月々の利用料 ○保育料 保育料 0円(保育・教育の無償化対象)
○給食費 3,200円/月
○教材費 2,050円/月

預かり保育

定められた認定時間以外の保育が必要となった場合、別途以下の料金で利用可能です。

利用日 時間 料金
通常保育日の月~金曜日
※夏期保育日
7:15~7:29 300円
7:30~8:45(教育開始時刻) 15分おきに100円
(教育終了時間)~16:45 15分おきに100円
16:46~18:30 15分おきに200円
18:31~18:44 15分おきに300円
18:45 軽食代500円
18:45~19:15 15分おきに300円
土曜日
夏・冬・春期休業中
※基本的に18:30までの利用となります。
7:15~9:00 15分おきに300円
9:01~16:30 15分おきに100円
16:31~18:30 15分おきに200円
※18:31~ 10分おきに300円

「預かり保育利用料 月額11,300円を上限に補助」 ※日額上限あり

  • 1号認定者のうち、「保育を必要とする事由」に該当し、保育の必要性の認定(新2号認定)を受けた場合、預かり保育にかかる利用料が無償(上限あり)となります。
  • 1日450円×利用日数分が、月の無償化の上限額となります。
  • 「無償化の上限額」と「実際に支払われた金額」とを比較し、金額の低い方が支給されます。
  • 月額11,300円が限度額となっておりますので、差額は保護者負担となります。

詳しくは、園にお問い合わせください。

園へのアクセス

項目 内容
住所 〒590-0111 堺市南区三原台3-3-1
最寄り駅から 泉北⾼速鉄道線「泉ヶ丘」駅から徒歩12分
駅前からバス(改札を出て左へ階段を降り3番のりば)「三原台⼩学校前」下⾞すぐ
電話 072-291-0393
FAX 072-291-4093

いずみがおか幼稚園の口コミまとめ

総合評価

いずみがおか幼稚園は、子供の成長を第一に考えた教育理念と実践で評価されています。先生方の愛情深い接し方や、子供中心の教育方針が信頼と安心感をもたらしています。

長所と短所

長所

方針・理念

  • 園の方針は「子供第一」であり、勉学よりも体験を通じた学びや情操教育に力を入れています。自己肯定感を高めることを重視し、子供たちがのびのびと成長できる環境を提供しています。

先生

  • 園長先生をはじめ、すべての先生が子供たちに深い愛情を持って接しています。園児の名前を覚え、一人ひとりを大切にする姿勢が感じられます。先生たちは明るく元気で、子供たちとのコミュニケーションが活発です。

保育・教育内容

  • 勉学は基礎にとどめ、遊びや体験を通じての学びに重点を置いています。園庭での活動や、運動、英語教育など多岐にわたるカリキュラムが提供され、子供たちが自然に成長できる環境が整っています。

施設・セキュリティ

  • 近年改装され、セキュリティも完備されています。建物や園庭が清潔で使いやすく、子供たちが安全に過ごせる環境が整っています。

アクセス・立地

  • 最寄り駅から徒歩圏内にあり、周囲には住宅街や緑が広がっているため、環境も良好です。車の心配も少なく、安心して通園できます。

短所

アクセス・立地

  • 駅からやや遠く、バスなどの公共交通機関の利用が少し不便かもしれません。特にイベント時に遠方からのアクセスが難しい点がデメリットです。

行事の負担

  • 行事が多く、ワーキングママにとっては負担が大きいかもしれません。しかし、子供たちの成長を見られる機会が多いことは利点でもあります。

幼稚園について

父母会の内容

  • 特に大きな父母会はありませんが、イベント時に保護者が参加する機会があります。参観や運動会など、親子で楽しむ行事が多いです。

イベント

  • 年間を通じて多くの行事があります。運動会、誕生日会、遠足、発表会など、子供たちがさまざまな体験を通じて成長する機会が豊富です。行事は子供中心に行われ、親も楽しむことができます。

保育時間

  • 通常の保育時間は朝8時から18時30分までです。延長保育も対応しており、共働き家庭にも優しい環境です。

入園に関して

幼稚園を選んだ理由

  • 自宅から近く、園の教育理念に共感したため選ばれました。見学時に感じた園の雰囲気や先生方の人柄が決め手となりました。

試験内容

  • 入園試験はなく、親子面接が行われます。面接では子供の名前や好きなものなど簡単な質問がされます。子供がリラックスできる雰囲気で行われ、不合格になることはほぼありません。

いずみがおか幼稚園を選ぶ理由

いずみがおか幼稚園は、子供の成長を第一に考え、愛情深い教育が行われる環境が整っています。子供たちがのびのびと成長し、多くの体験を通じて学ぶことができる幼稚園です。

いずみがおか幼稚園 公式サイト

株式会社Osaka-Childの幼稚園えらびでなやむ40代女性の心理作用をととのえるカウンセリング

子育ての真っ最中で、仕事と家庭の間で揺れ動いている女性の皆さんへ。私たちのカウンセリングサービスは、あなたのためにあります。もし心の中で悩みや生きづらさを感じている場合、それは特別な心のケアが必要な証拠です。株式会社Osaka-Childとして、日々の生活で直面している困難を理解し、その解決をサポートします。
私たちは、あなたが人生の困難に立ち向かう勇気を見つけるための安全な空間を提供します。当社のプロフェッショナルなカウンセラーは、あなたの問題や感情に深い理解を持ち、あなたを尊重します。ここでは、あなたの気持ちを自由に表現し、過去の影響から解放され、自分自身を再発見することができるでしょう。
カウンセリングは、心理システムの問題を共に解決するための有力な手段です。私たちのカウンセリングでは、まずじっくりとあなたのお話を聴きます。過去の経験やトラウマ、日常生活でのストレスなど、あなたが抱える悩みや心の中での葛藤を理解し、共感します。その後、適切なカウンセリング技法を用いて、心の中のブロックを取り除き、自分自身と向き合い、成長するためのサポートを行います。
初めての方でも、私たちのサービスを利用することはとても簡単です。当社のウェブサイト上で、カウンセリングセッションの申し込みをすることができます。また、具体的な問い合わせや不明点がある場合は、お気軽に当社までメールをお送りください。
心の中で抱える悩みや生きづらさに苦しんでいるなら、あなたは一人ではありません。株式会社Osaka-Childは、あなたが自分自身の価値を見つけ、生活の質を改善するためのサポートを提供します。カウンセリングを通じて、あなたがより健康的で充実した人生を歩む手助けをいたします。
カウンセリングのプロセスは、あなたの個別のニーズや目標に合わせてカスタマイズされます。私たちは、あなたが心地よく感じるペースでサポートを提供し、尊重と信頼の関係を築くことを大切にしています。カウンセリングを通じて、自己理解を深め、心の中の問題を克服し、より充実した人生を築いていきましょう。
あなたが心の支えを必要としているなら、ぜひ株式会社Osaka-Childのカウンセリングにお越しください。私たちがあなたの側にいて、共に問題を解決し、より健康で幸せな未来を築くお手伝いをいたします。一歩踏み出す勇気を持ってください。私たちと一緒に、新しい人生の扉を開いてみましょう。

osaka-child-counseling

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

復学支援の専門家が教える、家庭学習支援のポイントと効果的な学習方法

不登校の子どもの復学支援に必要な心理的サポートとは?

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。
  2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。
  3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。
  4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。
  5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。
  6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。
  7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。
  8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。
  9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。
  10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。
  11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

オキシトシンの多い人の特徴と効果!幸福ホルモンの驚きの効能

【幸せホルモン】オキシトシンの増やし方12選|瞑想やマインドセット・身体調整が効果的

不登校の原因を知る方法!40代の母親が的確にサポートする方法とは?

中学生の不登校の原因は母親にあった!母親へのカウンセリングで復学につなげる

【40代子育ての悩み】不登校の原因を解明!不登校になる子の親の特徴と改善策

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容
1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

  1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。
  2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。
  3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。
  4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。
  5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。
  6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。
  7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。
  8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。
  9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。
  10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。
  11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

counseling
参考カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

抱える問題が解決できないあなたへ 日々の生活で様々な悩みや困難に直面することはよくあります。気分の落ち込みややる気の喪失、職場や学校での人間関係のストレス、家族や恋人とのトラブル、過去のトラウマによる ...

続きを見る

来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

client-centered-therapy-counseling
参考来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

焦点は来談者|来談者中心療法 焦点は来談者中心療法、またはクライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチとして知られる心理療法です。この療法は、1940年にロジャースによって提唱されました ...

続きを見る

トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

trauma-informed-care-counseling
参考トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

トラウマインフォームドケアの理念 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の心理的な傷を理解し、適切にサポートを提供するためのアプローチの一つです。 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の ...

続きを見る

オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

online-counseling
参考オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

オンラインカウンセリングの概念 オンラインカウンセリングは、インターネットを通じて行われる心理カウンセリングの形式であり、クライアントとカウンセラーが対面で会う必要がなく、遠隔地からでもセッションを行 ...

続きを見る

精神分析的心理療法でカウンセリングを実施し心理システムの正常化で生きづらさ克服

ゲシュタルト療法で心理システムを正常化し知覚・感覚・認識を自然世界と共有させる

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容
1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。
  2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。
  3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。
  4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。
  5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。
  6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。
  7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。
  8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。
  9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。
  10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。
  11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。
  12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。
  13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。
  14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。
  15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

株式会社Osaka-Childの身体調整とカウンセリング技法

催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

hypnotherapy-counseling
参考催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

催眠療法の多様性 催眠療法は心身をリラックスさせ、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行われる心理療法であり、その多様性は豊富です。個々の治療法は患者のニーズに合わせて変化します。 この療法は、潜 ...

続きを見る

自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

autogenic-training
参考自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

自律訓練法(じりつくんれんほう)の理解 自律訓練法は、心理療法の一種であり、ストレス緩和と自己調整を目的としています。この訓練法は、日々の生活におけるストレスや不安を軽減し、全体的な生活の質を高めるこ ...

続きを見る

呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

breathing-technique-counseling
参考呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

呼吸による健康改善!自律神経をバランスさせる呼吸法について 呼吸による健康改善には、自律神経のバランスを整える呼吸法が効果的です。自律神経は、交感神経と副交感神経の調和が重要であり、これらの神経のバラ ...

続きを見る

メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

mentalization-based-therapy
参考メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

メンタライゼーションの概念について メンタライゼーションは「心で心を思うこと:Holding mind in mind」と表現され、他者や自己の行動の背後にある精神状態に注意を向け、それを認識すること ...

続きを見る

グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

grief-care-counseling
参考グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

治療法としてのグリーフケアとは グリーフケアは、患者が経験する悲しみや喪失感に対応するための専門的な治療を提供します。グリーフとは、「大切な存在」を失ったことによる、深い心の苦しみを含む様々な反応を指 ...

続きを見る

リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

relaxation-technique
参考リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

リラクセーション技術の概要と役割 リラクセーション技術は、患者の身体的・精神的な状態を安定させるための重要な方法であり、痛みや不安を和らげる役割を果たしています。 リラクセーションは、くつろぎや緊張・ ...

続きを見る

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容
1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。
  2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。
  3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。
  4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。
  5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。
  6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。
  7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。
  8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。
  9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。
  10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。
  11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。
  12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。
  13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

発達支援・発達相談をカウンセリングと療育で発達障害の子どもの機能性を120%アップ

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ペアレント・トレーニングで40代母親の子育てを楽にする|子どもの育ちを大切にできる

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

【40代母親必見】不登校の子が復学後に勉強しない?その原因と解決策を詳解

中学3年間不登校だと勉強してないから高校受験は難しい?中学生の不登校の原因と親ができる対応

発達障害をカウンセリングで心理システムをスムーズにし克服へ|40代女性生きづらさ解決

developmental-disorder-counseling

学習障害(LD)をカウンセリングで最短で負担なく克服させる|生きづらさ解決に

learning-disability-counseling

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容
1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。
  2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。
  3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。
  4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。
  5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。
  6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。
  7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。
  8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。
  9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。
  10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。
  11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

対人関係療法カウンセリングで治りにくい精神疾患を正常化する|うつ病・摂食障害に効果的

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)で40代女性の人生を幸福に導く

コーチングで40代女性の子育てやキャリアアップを最速に機能させる

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

cognitive-restructuring-method
参考認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

認知再構成法の概要 認知再構成法は、認知療法の一つの技法で、個人のネガティブな思考や信念を変えるのに役立ちます。この手法は、認知行動療法の一部であり、適応的でない認知的行動を適応的な行動に変容させる介 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容
1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。
  2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。
  3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。
  4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。
  5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。
  6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。
  7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。
  8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。
  9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

ストレスコーピングとカウンセリングの併用で40代女性のキャリア・子育てに成果

マインドフルネスとカウンセリングで効果を最大に|40代女性のキャリア・子育てに成果を出す

行動活性化療法で精神的抑うつを改善|40代女性生きづらさ克服でキャリア・育児両立に

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています。

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-3歳の子どもの幼稚園選び|堺市南区幼稚園紹介, 40代母親の子どもの保育園・幼稚園・子ども園選び方, 40代母親子育て・40代女性の人生の悩み