40代母親の子どもの不登校 中学生不登校 無気力・無気力症候群

中学生の無気力、背後にある発達障害|40代母親が知るべきポイントと対策

2023年6月18日

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

middle-school-apathy-developmental-disorder

中学生のお子さんを持つ40代の母親の皆様、お子さんの突然の無気力ぶりに戸惑いを感じていませんか?「ただの思春期かな」と考えがちですが、その背後には発達障害が隠れている可能性があります。この記事では、中学生の無気力の背後にある発達障害の兆候、それを理解しサポートするためのポイント、そして具体的な対策方法詳しく解説しています。発達障害を抱えるお子さんへの適切なサポートが、彼らの将来に大きな差を生むことは間違いありません。しかし、情報があふれる中で何が正しくて、何をすべきかを見極めることは簡単ではありません。

この記事を読んで分かること

  • 発達障害の基本的な知識: 中学生の無気力の背後にある可能性のある発達障害についての基本的な情報を提供し、その特徴や兆候を理解することができます。
  • 無気力の原因と対応: お子さんが示す無気力な行動の原因を探り、それにどのように対応すべきか具体的な方法を学べます。
  • 40代母親自身の感情管理: お子さんの無気力に対して、母親自身が感じる不安や戸惑いにどのように対処すべきかの指針を提供します。
  • サポートの具体的な方法: 発達障害を抱える中学生に対して、母親ができるサポートの具体的な方法とは何かを解説します。
  • 不登校克服のサポート体制: カウンセリング支援事業「Osaka-Child」について紹介し、不登校克服へのサポート体制を理解することができます。

この記事を読むことで、中学生のお子さんが示す無気力な行動の背後にある発達障害の兆候を早期にキャッチし適切なサポートを提供するための知識と方法を手に入れることができます。また、40代の母親自身が感じるかもしれない不安や戸惑いに対しても、理解と対処の手がかりを得ることが可能です。

この記事を読むメリットは大きく、お子さんの今後の人生をより良い方向へ導くための一助となるでしょう。そして、不登校克服のサポートが必要な際には、不登校克服カウンセリング支援事業「Osaka-Child」があります。こちらでは、40代母親と中学生のお子さんを対象に、専門のカウンセラーが一人一人に合わせたサポートを提供し不登校克服へと導くお手伝いをしています。ぜひ、この記事を読み、お子さんへの理解を深め、必要なサポートを提供してあげてください。

監修者

株式会社Osaka-Child所属 精神科医

  • 名前: 川村恵子
  • 出身地: 福岡県
  • 最終学歴: 京都大学医学部 精神神経学専攻
  • 専門分野: 精神病理学、ストレス管理、認知療法
  • 職歴: 京都大学医学部附属病院精神科勤務(10年)、独立後、大阪で精神科クリニックを開設

専門分野について一言: 「心の健康は全身の健康へとつながります。一人ひとりの心の声を大切にしたいと思っています。」

株式会社Osaka-Child所属 小児科医

  • 名前: 高橋和明
  • 出身地: 大阪府
  • 最終学歴: 東京大学医学部 小児科学専攻
  • 専門分野: 小児感染症、アレルギー科学
  • 職歴: 東京大学医学部附属病院小児科勤務(10年)、その後、大阪で小児科クリニックを開設
  • 専門分野について一言: 「子供たちは未来です。彼らが健康に、元気に育つことをサポートします。」

株式会社OsakaChildの中学生の発達障害の不登校復学支援・カウンセリング支援を受ける

目次

子どもの発達障害と無気力の関係とは

発達障害を持つ子どもが無気力に見える理由は、複数の要素が絡んでいると考えられます。発達障害によって学校や特定の活動苦手になることがあり、その結果として無気力な態度が現れることがあります。特に、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ子どもは、行動や注意力の制御困難なため、日常生活や学習において機能面での課題が生じることが多いです。このような困難が積み重なると、子どもは無気力に見えることがあります。

発達障害の子どもが無気力に見える場面

発達障害による無気力の背景を具体的に見てみましょう。まず、学校環境においては、発達障害を持つ子どもが苦手とする科目や社交面での課題が存在します。このような状況に直面すると、子どもは自信を喪失し無気力になることがあります。例えば、学校での成績不振や友人関係の構築の難しさなどが挙げられます。
さらに、発達障害による行動の特異性も無気力の要因となります。例えば、ADHDの子どもは過活動や衝動的な行動がみられることがあり、周囲との関わり方に制約を受けることがあります。その結果、他の子どもたちとのコミュニケーションや協調性が困難になり、無気力な態度を示すことがあります。
将来に対する不安や希望の欠如無気力の一因です。発達障害を持つ子どもは、学業や社会生活において困難を抱えることが多く、自己肯定感や目標設定の難しさを経験します。これによって、子どもは将来に対する不安を抱き、無気力な状態に陥ることがあります。
したがって、発達障害を持つ子どもの無気力には様々な要素が関与しています。愛情バロメーターを上げるだけでは、発達障害による課題や特異な行動に対応することはできません。適切な対応策としては、まずは専門家の支援を受けることが重要です。発達障害の特性や子どもの個別のニーズを理解し、適切なサポートを提供することで、子どもの能力を伸ばし、無気力な状態を改善する可能性があります。また、子どもとのコミュニケーションを通じて彼らの感情や意欲に寄り添い将来に対する希望や目標を持つことが重要です。適切な支援を提供することで、発達障害を持つ子どもたちも自己実現の道を見出し、将来への希望を持つことができるでしょう。

株式会社OsakaChildのADHDのカウンセリング支援を受ける

発達障害と無気力の相関性

発達障害と無気力の相関性について、私たち株式会社OsakaChildの発達障害支援の経験から申し上げると、両者の間にはほとんど関係がないと考えています。発達障害は、子どもの小さい頃から一定程度分かることが多く特徴的な行動や興味の偏りが見られます。例えば、極端に興味が偏ったり、こだわりが強かったり、他の子と比べて落ち着きがなかったりすることがあります。
しかし、発達障害を持つ子どもたちが思春期になっても全員が無気力になるわけではありません。むしろ、エネルギッシュに活動している子どもたちもたくさんいます。私の経験から言えるのは、発達障害と無気力の関係性ほとんど存在しないということです。
このような理由から、私たちは発達障害と無気力の相関性疑問を抱いています。発達障害には様々なタイプや特徴があり、個々の子どもの状況や環境も異なるため、一概に関連付けることは難しいと考えています。
ただし、発達障害を持つ子どもたちには学校や社会生活において苦手な面や困難が存在することも事実です。その中には無気力の要素が含まれる場合もあるかもしれません。しかし、それは発達障害自体とは別個の問題であり、個別のケースによって異なる可能性があります。
したがって、発達障害と無気力の関係性については注意が必要です。個々の子どもの行動や特性を理解し、それぞれの状況に合わせたサポートや対応を行うことが重要です。将来に向けて子どもたちが可能な限り自己実現できるように支援することが求められます。

子どもの無気力の増加という現実

近年、子どもの無気力状態が増加している現実があります。この増加の背景には複数の要因が関与しています。
発達障害を持つ子どもの中には、無気力な子が比較的多いと感じることがあります。これには2つの理由が考えられます

発達障害の子どもに無気力が多い2つの理由

愛情バロメータが下がりやすい

  • 発達障害を持つ子どもは、一部の能力や苦手な面で平均的な子どもより劣ることがあります。
  • この能力の違いから、親や周囲の子どもたちと比較することで劣等感を感じることがあります。
  • 劣等感によって親の愛情バロメータが下がり、子どもへの愛情の表現が減少します。
  • 愛情の表現が減少することで、子どもは無気力な状態になりやすくなります。

自信を失いやすい

  • 発達障害のある子どもは成長とともに自身の違いを自覚し始めます。
  • 「なぜ自分だけできないのか?」と自分自身に問いかけ、劣等感を抱くことが増えます。
  • 劣等感と自己疑念は、子どもの自信を失わせる要因となります。
  • 自信を失うことで、子どもは無気力な状態に陥りやすくなります。

これらの理由から明らかなように、発達障害自体が無気力の直接的な原因ではないものの無気力になりやすい要因となることがあります。発達障害を持つ子どもたちは学校や社会生活においてさまざまな困難を抱えています。その中には無気力の要素も含まれます。しかし、発達障害の子どもたちの無気力には個別のケースや要素も絡んでおり、一概に関連付けることは難しいと言えます
したがって、無気力状態の子どもたちに対しては個別の要因を考慮し、適切なサポートや対応策を検討する必要があります。発達障害を持つ子どもたちには特に、個々のニーズや能力に合わせた支援を提供することが重要です。将来への希望を持ち、自己実現を果たすための環境を整えることが子どもたちの成長にとって重要です。

母親として発達障害の子に取り組む二つのポイント

母親として発達障害の子どもにどのように接するべきか、その方法を二つに絞って提案します

発達障害の子どもの無気力を改善する2つの実践

愛情バロメータを上げる

  • 親の愛情がしっかり子どもに伝わることが、自信を持って人生を歩んでいく上で重要です。
  • 発達障害を持つ子どもでも、親が彼らの特性や苦手な面を受け入れ、理解し、愛情を注ぐことが大切です。
  • 親からの愛情は、子どもの自尊心や自己肯定感を育み、無気力に陥るリスクを軽減します。
  • 愛情は子どもにとって安定した支えとなります。

個別のニーズに合わせた支援を提供する

  • 発達障害を持つ子どもは、学校や社会生活で特定の困難を抱えることがあります。
  • 親は子どもの強みや苦手な面を理解し、適切なサポートを提供する役割を果たすことが重要です。
  • 学校や専門家と連携し、個別教育計画や支援プログラムの作成を行います。
  • 子どもの興味や才能に合わせた活動や療法を提供し、彼らが自身の可能性を感じ、成長できる機会を提供します。
  • これにより、子どもは将来に対する展望を持ち、無気力に陥ることを予防できます。

親としての愛情と個別のサポートは、発達障害の子どもたちの成長において重要な要素です。適切な支援を提供することで、子どもたちは自信を持ち将来への希望を抱きながら自己実現を果たしていくことができるでしょう。
発達障害の子どもに対する親の取り組みの2つ目のポイントは、小さながんばりを褒めることです。前述したように、発達障害を持つ子どもは劣等感を感じやすく自信を失いやすい傾向があります。
親は、子どもが小さな成果や努力を出した際に積極的に褒めることで、自己肯定感を高めることが重要です。例えば、人に優しくすることができたり少しだけ努力ができたりした場合でも、それを褒めること子どもの自信を育みます。小さな成功体験を積み重ねることで、発達障害を持つ子どもたちも無気力ではなくなることがあります。
このような褒める取り組みは、子どもの成長と自己肯定感を促進するために効果的です。親が子どもの取り組みや努力に目を向け、それを評価し褒めることで、子どもは自信を持つようになります。さらに、褒められた経験を通じて自己価値を高め、将来に対する希望や意欲を育むことができるのです。

株式会社OsakaChildの不登校復学支援・カウンセリング支援を受ける

不登校の「無気力型」とその特徴・症状

「無気力型」と呼ばれる特性を持つ子ども特徴や対応について説明します。
無気力型の子どもは、登校しないことに対して罪悪感が少なく、親が登校を促しても一時的に登校することもありますが長続きしません。彼らは心因性の身体症状を示さず、楽しい行事がある場合や友達に誘われる場合には自発的に登校することもあります。しかし、日常生活では自ら行動しようとする意欲主体性を持ちません。課題に対して積極的に取り組もうとする意欲が乏しい状態です。家では比較的元気であり自分の好きなこと(例:インターネットやゲームなど)没頭することがあります。
このような特性を持つ子どもに対しては、以下の点に注意して対応する必要があります。

無気力な子どもへの対応はとにかく思考・行動すべてを受け入れる

まず、彼らの無気力な状態に対してすべてを受け入れてあげることです。彼らが登校しないことや行動に消極的であることに罪悪感を抱かせるのではなく、彼らの感情やニーズに寄り添い受け入れる姿勢を持ちましょう。また、無気力な状態に心因性の身体症状が伴わないことにも留意し、過度な心配や責任を抱かないようにしましょう。
さらに、子どもが自発的に登校したり楽しい行事がある場合には積極的にサポートを提供しましょう。彼らが興味を持ったり、友達に誘われることで動機付けが生まれる場合があります。そうした時には、彼らの意欲を引き出すために支援や励ましの言葉をかけ、積極的な参加を促すことが大切です。
また、家庭では彼らの興味や好きなことに対して適度な時間を設け、自由に過ごす空間を提供しましょう。彼らが自分自身を表現し、リフレッシュできる環境を整えることが彼らの活力ややる気を引き出す一助となります。
以上のように、無気力型の子どもには理解と受容自発的な動機付け自由な表現の場を提供することが重要です。親や周囲の支援によって、彼らの発達と将来の展望を促進し、自己肯定感や意欲を育むことができるでしょう。

無気力型の子どもに接する際の気をつけるべき点

周囲が見守るだけの対応では、不登校の期間が長引き長期のひきこもりとなる可能性があります。このため、彼らの状況を放置せず積極的な支援が必要です。
無気力型の子どもは、自身の気持ちの中に親や教師社会に対する不信感進学や就労に対する不安感を抱えていることが多く、将来に対する根本的な疑問に直面しています40代の母親であるあなたは、彼らの内面に寄り添いながら生き方や進路について向き合ってあげましょう
同時に、彼らにはこれまで経験してこなかった機会を提供し、自己の確立キャリア設計について援助していくことが重要です。彼らが自己を見つけ自己の可能性を探求することで、自己肯定感や意欲を高めることができます。
無気力型の子どもへの接し方においては、彼らの気持ちに寄り添いながらも将来に向けての具体的なアクションを促してあげましょう。彼らには自分自身の可能性を信じ、経験を通じて成長し、自己のキャリアを築いていけるようになります。母親として無気力の子どもを見てとまどうでしょう。それでも大丈夫ですもし対応してうまくいかなくても意識をゼロベースの戻せば子どもの意識レベルで新しい接点を作れます
親や教師は、彼らの心情に敏感に対応するだけでなく、サポートの中で新たな経験を提供し、自己の確立や将来の展望に向けた援助を行う必要があります。彼らの気持ちや成長に寄り添いつつ、キャリア設計や自己実現の道を共に歩むことで、彼らの将来に希望と意義をもたらすことができるのです。

株式会社OsakaChildの不登校復学支援・カウンセリング支援を受ける

無気力型の子どもの4つのフェーズと特徴

無気力型の子どもの状況時間とともに変化し異なる期間ごとに特徴が現れます。それぞれの期間と、親や学校が取るべき対応について解説します。

無気力型の子どもの4つのフェーズ

前駆期: 登校に対する無気力が始まる時期

  • 子どもが登校を拒否し、不登校の状態が始まる。
  • 親や学校は子どもの状態に真剣に向き合い、原因や問題点を理解するために情報収集を行う必要がある。
  • 子どもの心情に寄り添い、不安や抵抗感に対してサポートを提供することが重要。

進行期: 長期のひきこもり状態が続く

  • 子どもが自宅に閉じこもり、社会的な活動や学校への参加を避ける。
  • 親や学校は子どもの社会的孤立感や自己肯定感の低下に対して積極的に関与し、支援や心理的な援助を提供する必要がある。
  • 家庭内や学校での支援体制を整え、子どもの回復や再参加の準備を進める。

混乱期:不安定ながらも意識が外に向き始める

  • 家族との会話が戻り、刺激を避けると落ち着いて過ごせるようになる
  • 子どもは出席日数や進級のことを気にするようになり、学校の話題を自発的に出してくる

回復期: 徐々に外部への関与が増える

  • 子どもが社会的な活動や学校への参加に向けて取り組むようになる。
  • 親や学校は子どもの進歩を支えるために安定した環境やサポートを提供し続ける。
  • 子どもが興味や目標を見つけるためのサポートやキャリア教育の機会を提供することも重要。

無気力型の子どもの各期間に対応するためには、親と学校が連携し状況の変化に柔軟に対応することが必要です。子どもの心情やニーズに敏感に寄り添いながら、適切なサポートやケアを提供し、彼らが社会的に参加し、将来に向けて自己実現することを支援することが重要です。

無気力の子どものフェーズ|前駆期

前駆期においては、「めんどくさい」「だるい」という言葉をよく口にし元気がなくなり無気力化していく傾向が見られます。子どもは「先生が嫌いだ」「学校が面白くない」といった理由を主張して休みたがることもありますが、具体的な原因は明確ではありません
一方で、友達からの誘いや学校の先生の訪問などに対しては、登校することもあります。また、登校刺激がなければ家族関係も悪化せず、和やかに過ごすことができます。彼らはテレビやゲームなど、好きなことに没頭して一日を過ごすことが多いです。

前駆期における症状への対応

親や学校は、前駆期における症状に対応するために以下のような対策を取ることが重要です。
まず、子どもの不満や苦手意識に耳を傾け、彼らの気持ちや思い受け止めることが大切です。具体的な原因が見当たらなくても、彼らの言葉や感情に寄り添いながらサポートすることで、彼らの心情を理解しやすくなります。
また、子どもが友人との交流や学校関係においてポジティブな経験をする機会を提供することも重要です。友達との関わりや学校生活での成功体験は、彼らの自己肯定感学校への意欲を高める一助となります。
さらに、家庭内での適切な環境づくりを心がけることも大切です。和やかな雰囲気の中子どもが自分自身で過ごせるようにし彼らの興味や関心を引き出すことが役立ちます。
前駆期における子どもの症状に対応するためには、子どもの気持ちに寄り添いながら、彼らが健やかに成長できる環境を整えることが重要です。親や学校は、子どもの言葉や行動に敏感に対応し、適切なサポートを提供することで、彼らの意欲や自己肯定感の向上を促すことができます。
無気力型の前駆期における典型的な症状について掘り下げると、子ども自身が明確な原因を言語化することができないため、原因を追求することは避けるべきです。
代わりに、子どもの興味や関心のある話題を取り上げ、本心から共感を示すことや情緒的な交流を持つことが重要です。子どもが心を開いてくれたら、学校や進路に関して困っていることがないかを尋ね、親と共に解決策を考える姿勢を示すことも大切です。

無気力の子どものフェーズ|進行期

進行期における無気力型の典型的な症状には、学校に行かないと宣言したり生活のリズムが乱れて一日中ネットやスマホに没頭し昼夜逆転の状態になるなどがあります。表情も暗くなり家族とのコミュニケーションも最低限になり、学校の話題を避ける傾向が見られます。刺激的な人や状況を避け、普通にコミュニケーションが取れる人とだけ交流するようになり、自室に閉じこもる生活を送り外出することがほとんどなくなります
このような症状に対して、親や学校は適切な対応を行う必要があります。まずは、子どもが安心して話せる環境を整えることが重要です。穏やかな態度で接し、彼らが話したいことを自発的に話せるように促しましょう。同時に、学校や生活に関する刺激を避けることも大切です。

進行期における症状への対応

無気力型の子どもは自室に閉じこもりがちな傾向があるため、親や学校外出を促すよう努めるべきです。例えば、少しずつ外出する機会を設けたり興味のある活動や趣味に関連するイベントに参加することを提案しましょう。子どもが外部の刺激を受けながら社会とのつながりを持つことは、無気力状態を軽減させる助けになる可能性があります。
進行期における無気力型の子どもに対応するためには、親や学校は子どもの安心感を重視し、コミュニケーションの機会を増やすことや外出を促すことが重要です。子ども自身が興味や関心を持てる活動やイベントに参加することを支援し、社会とのつながりを持つ機会を提供しましょう。

進行期の母親ができる3つの対応

登校刺激を避け、普通の会話を回復させる

  • 登校に関する刺激を避ける。
  • 子どもの興味や関心がある話題を取り上げて会話を回復させる。
  • 指示的な関わりを避け、子どもの気持ちを理解する努力をする。

両親は子どもに対して本心からの共感を示すよう心掛ける。

  • 無気力型の子どもへの適切な言葉かけ
  • 子どもは人生そのものに行き詰まりを感じやすい。
  • 「自分の人生だから」と突き放すような発言は避ける。
  • このようなアプローチは子どもの無気力状態を長期化させる可能性がある。

高校生の進級に関するサポート

  • 特に高校生は出席日数や単位の問題がある。
  • 学校の先生と連携して進級の条件や出欠状況を確認する。
  • この情報を共有することで、子どもが進級に向けて適切なサポートを受けることができる。

親や学校は子どもの状況に対して理解を示し、指示的なかかわりを避けながら共感を示すことが重要です。子どもが安心して話せる環境を整え、登校に関わる問題や学校の出欠状況を把握しながら適切なサポートを提供しましょう。

無気力の子どものフェーズ|混乱期

混乱期では家族との会話が戻り刺激を避けると落ち着いて過ごせるようになります。子どもは出席日数や進級のことを気にするようになり、学校の話題を自発的に出すこともあります。また、学校への復帰には前向きではありませんが、「アルバイトしてみたい」「一人暮らしがしたい」といった独立心を示すこともあります。さらに、ネットで転編入や進学、受験、就職に関する情報を調べることもあります。

混乱期における症状への対応

この時期には子どもの興味や関心寄り添いながら将来についての具体的な計画や目標を考える機会を提供することが重要です。親や学校は子どもとのコミュニケーションを大切にし、子ども自身が関心を持つテーマについて話し合い、進路や将来の選択肢について考える支援を行うことが求められます。また、必要な情報収集や学校への復帰の可能性についても検討し、子どもが自分自身の進路や将来について前向きな姿勢を持つことを促すことが重要です。
混乱期では少しずつ意欲が出てくる傾向がありますが、その気持ちを後押しするため「これを買ったら学校へ行くか」といった釣り合わせ的な対応は避けるべきです。代わりに、親も一緒に行動することを伝え子どもが抱えている問題や進路上の課題について一緒に解決していく姿勢を示しましょう。親が子どもの小さな意欲を行動につなげるためのサポートをし、一緒に行動することで子どもの自己肯定感を高めることが重要です。
進級の可能性がある場合は、学校の先生から子どもに対してまだ間に合うことや取り戻すことが可能であることを伝えてもらうことが有益です。一方、進級が難しい場合は、親が子どもの気持ちに寄り添いながら進路の情報収集を行い一緒に学校見学などを行うことが重要です。子どもと共に進路の選択肢を検討し、将来への展望を持つことで子どもの意欲を促すことができます。

株式会社OsakaChildの不登校復学支援・カウンセリング支援を受ける

無気力の子どものフェーズ|回復期

回復期に入ると、子どもは心惹かれるものや興味を持つことを見つけたり、これまでの考え方が前向きに変化してくる傾向があります。家族との会話も深まり将来のことや学校のことなどをじっくり話すことができるようになります。また、与えられた役割や課題に対して積極的に取り組もうとする姿勢も出てきます。さらに、放課後の先生に会いに行ったり別室や保健室への慣らし登校が始まるようになることもあります。

回復期における症状への対応

この時期には、子どもが興味を持つことや心惹かれること積極的にサポートしましょう。家族とのコミュニケーションを大切にし、将来の目標や学校での進路についての話し合いを行うことが重要です。子どもの関心や興味を尊重し、彼らが自ら取り組みたいと思う役割や課題を与えることで、自己肯定感や意欲を高めることができます。
また、学校との連携も重要です。放課後の先生や学校のサポートを受けながら、子どもが別室や保健室への慣らし登校を始めることを支援しましょう。適切な環境やサポートを提供することで、子どもが学校生活に復帰していくプロセスをサポートすることができます。
この期間では子どもの回復を喜びつつも、引き続きサポートと理解を提供することが重要です。子どもの意欲を尊重し彼らが興味を持ち主体的に行動できる環境を整えることで、回復を促進し将来への展望を持つことができます。

まとめ|子どもの無気力を解決へと導く母親の一歩

この記事を通して、中学生の無気力とそれが発達障害と関連している可能性について理解を深めることができたでしょう。40代の母親として、お子さんが抱える課題にどう向き合い、どうサポートしていくべきか、具体的なポイントと対策方法が明らかになったはずです。
無気力の背後にある発達障害に早期に気付き、適切な対応をすることで、お子さんの将来に大きな差をつけることができます。ただし、これには正確な情報と理解、そして適切なサポートが必要不可欠です。お子さんへの愛情だけでなく、自身の感情管理も重要であることを忘れずに、一歩ずつ進めていくことが大切です。
また、不登校克服のサポートが必要な場合、カウンセリング支援事業「Osaka-Child」があります。こちらでは、中学生とその母親を対象に、専門のカウンセラーが一人一人の状況に合わせたサポートを提供し、お子さんが学校に戻ることができるようお手伝いしています。
最後に、母親自身も自己ケアを忘れずに、家族全員でこの課題を乗り越えていけるよう、力を合わせていきましょう。お子さんの無気力と発達障害の課題は大きなものかもしれませんが、適切な情報とサポート、そして愛情をもって向き合うことで、必ず解決へと導くことができるでしょう。これからの母子の成長とともに、希望の未来へと一歩を踏み出していきましょう。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校復学支援事例

refusal-overcome-experience

株式会社Osaka-Childは、中学生の無気力が発達障害による原因で不登校になった子どもの復学支援を行いました。支援内容には、母親のメンタルサポート、子どものカウンセリング、身体調整、家庭学習支援、進学・キャリアデザインサポート、復学後の1年間のサポートが含まれています。母親には専門的なカウンセリングと子育てのサポートを提供し、子どもには心の成長を促すカウンセリングや身体調整を行いました。また、オンラインを活用した学習支援や自己イメージのリセット、具体的な人生設計の描き方もサポートしました。復学後も学校との連携や継続的なカウンセリングを行い、安定した復学生活をサポートしました。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校復学支援事例1

middle-school-apathy-developmental-disorder

私たち株式会社Osaka-Childは、発達障害が原因で不登校になってしまった中学生の子どもさんを支援しています。この事例では、母親のオキシトシン分泌を促進し、子どもさんの不登校復学をサポートする内容をご紹介します。
まず、母親のメンタルサポートとして、専門的なカウンセリングを提供します。母親が子どもさんと接する際に必要な心理的なサポートを行い、子育ての疲れやストレスを軽減します。さらに、母親の胎児期や幼少期の体験に関わるインナーチャイルドの修正を行い、親子関係についての気づきを促します。カウンセリングを通じて母親の主体性を引き出し、より良い生き方を見つけるお手伝いをします。
不登校の子どもさんに対しても、オキシトシン分泌を促進するためのカウンセリングを行います。子どもさんが抱えるココロの動きを促進し、幼少期の負の体験の心理システムの循環を解消します。また、親子関係による負の自己イメージを修正し、学校環境での存在価値を高めるサポートを行います。過去から現在、そして未来へと時間軸を自然に循環させることで、子どもさんの心の健康を促進します。
さらに、子どもさんの身体調整にも取り組みます。姿勢のコントロールを修正し、全身の関節運動や筋肉の出力を調整します。姿勢コントロールから重心作りに取り組み、三半規管や脳神経系の修正も行います。触覚刺激を用いたハンドリングにより感覚系のコントロールを促し、皮ふ刺激を通じてオキシトシンの分泌を促進します。また、身体への関わりを通じて不足した愛着を補完します。
家庭学習の面でも支援を行います。オンラインを活用し、苦手教科に対する徹底的な学習サポートを提供します。子どもさんに合った教材や学習法を見つけ、実践します。また、得意科目を地域で上位に入るための学習法も提案します。時間的な関わりを考慮した苦手科目の学習や、予習・復習の時間の共有も行います。さらに、子どもさんの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践し、学習効果を最大化します。
子どもさんの進学やキャリアデザインについてもサポートします。カウンセリングを通じて自己イメージをリセットし、意識と覚醒の自然現象を共有します。子どもさんの好きなことや得意なこと、使命感に気づき、未来像を具体化します。現実の自己と未来像をつなぐプログラミングを行い、具体的な人生設計を描きます。
不登校復学後も、1年間のサポートを提供します。学校との連携を行い、復学後の子どもさんと母親のカウンセリングを実施します。さまざまな問題の解決と実践をサポートし、生きづらさを軌道修正します。また、母親のメンタルサポートも継続して行い、安定した復学生活を送れるようにサポートします。
このような支援内容を通じて、子どもさんの悩みや心理システムの苦しみを言語化し、解放された変化を促します。母親のオキシトシン分泌の促進を通じて、子どもさんの不登校復学をサポートし、一緒に未来を築いていきます。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校復学支援事例2

middle-school-apathy-developmental-disorder

私たち株式会社Osaka-Childは、発達障害が原因で不登校になってしまった中学生の子どもさんを支援しています。この事例では、母親のオキシトシン分泌を促進し、子どもさんの不登校復学をサポートする内容をご紹介します。
子どもさんのお母さんであるYさんは、子育てに関して悩みを抱えていました。彼女は子どもさんの無気力や不登校に対してどう向き合っていいのかわからず、心身ともに疲弊していました。私たちはYさんのメンタルサポートを行うことから始めました。
まず、Yさんに専門的なカウンセリングを提供し、彼女が子どもさんに接する際の心のサポートを行いました。Yさんの子育ての疲れやストレスを軽減し、心身の健康を取り戻すことを目指しました。さらに、Yさんの胎児期や幼少期の体験に関わるインナーチャイルドの修正を行い、彼女自身の成長と癒しを促しました。カウンセリングを通じて、Yさんは親子関係について新たな気づきを得ることができ、自分自身の生き方に主体性を持つようになりました。
同時に、子どもさんであるA君のカウンセリングも行いました。A君は自身のココロの動きに抑制感を抱えており、幼少期の負の体験が心理システムの循環を生み出していました。私たちはA君に寄り添い、彼の内なる苦しみを解放するためのカウンセリングを提供しました。また、親子関係による負の自己イメージの軌道修正を行い、A君の学校環境での存在価値を高める支援をしました。さらに、過去から現在、そして未来へと時間軸を自然に循環させることで、A君の心の健全な発達を促しました。
子どもさんの身体調整も重要な要素でした。A君の姿勢コントロールを修正し、全身の関節運動や筋肉の出力調整を行いました。姿勢コントロールから重心作りに取り組み、彼の三半規管や脳神経系の修正を行いました。また、触覚刺激を用いたハンドリングにより感覚系のコントロールを促し、皮ふ刺激を通じてオキシトシンの分泌を促進しました。さらに、彼の身体への関わりを通じて不足していた愛着を向上させるための支援を行いました。
また、家庭学習のサポートも行いました。オンラインを活用し、A君が苦手とする教科に対する徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材や学習法を見つけ、実践することで学習効果を最大化しました。得意科目を地域で上位に入るための学習法や、苦手科目の時間的な関わりにも取り組みました。予習・復習の時間を共有することで、学習の習慣化をサポートしました。さらに、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践し、彼の学習能力の向上を図りました。
A君の進学やキャリアデザインにも力を注ぎました。カウンセリングを通じて彼の自己イメージをリセットし、意識と覚醒の自然現象を共有しました。彼の好きなことや得意なこと、使命感に気づき、未来像を具体化するサポートを行いました。そして、未来像と現実の自己をつなぐプログラミングを行い、具体的な人生設計を描くことを支援しました。
不登校復学後も、1年間のサポートを行いました。学校との連携を行い、復学後のA君とYさんのカウンセリングを実施しました。復学後に生じるさまざまな問題の解決と実践をサポートし、彼らの生きづらさを軌道修正しました。また、Yさんのメンタルサポートも継続して行い、彼らが安定した復学生活を送れるようサポートしました。
YさんとA君の支援を通じて、彼らの悩みが言語化され、心理システムの苦しみが解放される様子を目の当たりにしました。母親のオキシトシン分泌を促進することで、A君の不登校復学をサポートし、彼らの未来に明るい展望をもたらすことができました。私たちは支援者として、お客さまの目線に立ちながら、自然でスムーズな対応を心掛けています。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校校復学支援事例3

middle-school-apathy-developmental-disorder

私たちのサポートにより、中学生の子どもさんであるS君とそのお母さんであるMさんを支援しました。S君は発達障害による無気力から不登校になってしまい、Mさんも子育てに関して悩みを抱えていました。以下では、私たちの支援内容をご紹介します。
まず、Mさんのメンタルサポートを行いました。不登校の子どもに接するための専門的なカウンセリングを提供し、Mさんの子育ての疲れやストレスを軽減しました。彼女の胎児期や幼少期の体験に関わるインナーチャイルドの修正を行い、彼女自身の成長と癒しを促しました。また、親子関係についてのカウンセリングを通じて、Mさんに気づきをもたらし、自分自身の生き方に主体性を持たせるサポートをしました。
同時に、S君のカウンセリングも行いました。彼は不登校によるココロの動きの停滞を抱えており、幼少期の負の体験が心理システムの循環を生み出していました。私たちはS君のココロの動きを促進し、彼が抱える心の苦しみを解放するためのカウンセリングを行いました。また、親子関係による負の自己イメージの軌道修正を行い、学校環境での存在価値を高めるサポートをしました。さらに、過去から現在、そして未来へと時間軸を自然に循環させることで、S君の心の成長を促しました。
S君の身体調整も重要な要素でした。姿勢コントロールの修正を行い、全身の関節運動や筋肉の出力調整を行いました。姿勢コントロールから重心作りに取り組み、彼の三半規管や脳神経系の修正を行いました。また、触覚刺激を用いたハンドリングにより感覚系のコントロールを促し、皮ふ刺激によるオキシトシンの分泌を促進しました。さらに、彼の身体への関わりを通じて不足していた愛着を向上させる支援を行いました。
家庭学習の支援も行いました。オンラインを活用し、S君の苦手教科に対する徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材や学習法を見つけ、実践することで学習効果を最大化しました。また、得意科目を地域で上位に入るための学習法や、苦手科目の時間的な関わりにも取り組みました。予習・復習の時間を共有することで、学習の習慣化をサポートしました。さらに、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践し、彼の学習能力の向上を図りました。
S君の進学やキャリアデザインにも力を注ぎました。彼の自己イメージのリセットを図るためにカウンセリングを提供し、意識と覚醒の自然現象への共有を行いました。彼の好きなことや得意なこと、使命感に気づき、未来像をマインドから発見するサポートをしました。また、未来像と現実の自己をつなぐプログラミングを行い、具体的な人生設計を描くことを支援しました。
不登校復学後も、1年間のサポートを行いました。学校との連携を行い、復学後のS君とMさんのカウンセリングを実施しました。復学後に生じるさまざまな問題の解決と実践をサポートし、S君の生きづらさを軌道修正しました。また、Mさんのメンタルサポートも継続して行い、彼らが安定した復学生活を送れるようサポートしました。
S君とMさんの支援を通じて、彼らの悩みが言語化され、心理システムの苦しみが解放される様子を目の当たりにしました。私たちは支援者として、お客さまの視点に立ちながら、自然でスムーズな対応を心がけています。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校復学支援事例4

middle-school-apathy-developmental-disorder

私たちのサポートにより、中学生の子どもさんであるK君とそのお母さんであるHさんを支援しました。K君は発達障害による無気力から不登校になってしまい、Hさんも子育てに関して悩みを抱えていました。以下では、私たちの支援内容をご紹介します。
まず、Hさんのメンタルサポートを行いました。不登校の子どもに接するための専門的なカウンセリングを提供し、Hさんの子育ての疲れやストレスを軽減しました。彼女の胎児期や幼少期の体験に関わるインナーチャイルドの修正を行い、彼女自身の成長と癒しを促しました。また、親子関係についてのカウンセリングを通じて、Hさんに気づきをもたらし、自分自身の生き方に主体性を持たせるサポートをしました。
同時に、K君のカウンセリングも行いました。彼は不登校によるココロの動きの停滞を抱えており、幼少期の負の体験が心理システムの循環を生み出していました。私たちはK君のココロの動きを促進し、彼が抱える心の苦しみを解放するためのカウンセリングを行いました。また、親子関係による負の自己イメージの軌道修正を行い、学校環境での存在価値を高めるサポートをしました。さらに、過去から現在、そして未来へと時間軸を自然に循環させることで、K君の心の成長を促しました。
K君の身体調整も重要な要素でした。姿勢コントロールの修正を行い、全身の関節運動や筋肉の出力調整を行いました。姿勢コントロールから重心作りに取り組み、彼の三半規管や脳神経系の修正を行いました。また、触覚刺激を用いたハンドリングにより感覚系のコントロールを促し、皮ふ刺激によるオキシトシンの分泌を促進しました。さらに、彼の身体への関わりを通じて不足していた愛着を向上させるサポートをしました。
家庭学習の支援も行いました。オンラインを活用し、K君の苦手な教科に対して徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材や学習法を見つけ、実践することで学習効果を最大化しました。また、彼の得意科目を地域で上位に入るための学習法や、苦手科目に対する時間的な関わりにも取り組みました。予習や復習の時間を共有し、学習の習慣化を支援しました。さらに、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践し、彼の学習能力の向上を図りました。
K君の進学やキャリアデザインにも力を注ぎました。彼の自己イメージのリセットを図るためにカウンセリングを提供し、意識と覚醒の自然現象への共有を行いました。彼の好きなことや得意なこと、使命感に気づき、未来像をマインドから発見するサポートをしました。また、未来像と現実の自己をつなぐプログラミングを行い、具体的な人生設計を描くことを支援しました。
不登校復学後も、1年間のサポートを行いました。学校との連携を図り、復学後のK君とHさんのカウンセリングを実施しました。また、復学後に生じるさまざまな問題の解決と実践をサポートし、K君の生きづらさを軌道修正しました。さらに、Hさんのメンタルサポートも継続し、彼らが安定した復学生活を送れるようサポートしました。
私たちは支援者として、K君とHさんの悩みを言語化し、心理システムの苦しみから解放された変化を強調してサポートを行ってきました。お客さまの視点に立ちながら、自然でスムーズな対応を心がけています。

株式会社Osaka-Childの中学生の無気力が発達障害が原因の子どもの不登校復学支援事例5

middle-school-apathy-developmental-disorder

私たちの支援では、中学生の子どもであるS君と彼のお母さんであるMさんをサポートしました。S君は発達障害による無気力から不登校になってしまい、Mさんも子育てに関して悩みを抱えていました。以下では、私たちの支援内容を具体的にご紹介します。
まず、Mさんのメンタルサポートを行いました。不登校の子どもに接するための専門的なカウンセリングを提供し、Mさんの子育ての疲れやストレスを軽減しました。また、Mさんの胎児期や幼少期の体験に関わるインナーチャイルドの修正を行い、彼女自身の成長と癒しを促しました。さらに、Mさんの親子関係についてのカウンセリングを通じて、彼女に気づきをもたらし、自分自身の生き方に主体性を持たせるサポートをしました。
同時に、S君のカウンセリングも行いました。彼は不登校によるココロの動きの停滞を抱えており、幼少期の負の体験が心理システムの循環を生み出していました。私たちはS君のココロの動きを促進し、彼が抱える心の苦しみを解放するためのカウンセリングを行いました。また、親子関係による負の自己イメージの軌道修正を行い、学校環境での存在価値を高めるサポートをしました。さらに、過去から現在、そして未来へと時間軸を自然に循環させることで、S君の心の成長を促しました。
S君の身体調整も重要な要素でした。姿勢コントロールの修正を行い、全身の関節運動や筋肉の出力調整を行いました。姿勢コントロールから重心作りに取り組み、彼の三半規管や脳神経系の修正を行いました。また、触覚刺激を用いたハンドリングにより感覚系のコントロールを促し、皮ふ刺激によるオキシトシンの分泌を促進しました。さらに、彼の身体への関わりを通じて不足していた愛着を向上させるためのサポートも行いました。
家庭学習支援も重要な要素でした。オンラインを活用し、S君の苦手な教科に対して徹底的な学習サポートを提供しました。彼に合った教材や学習法を見つけ、実践することで学習効果を最大化しました。また、彼の得意科目を地域で上位に入るための学習法や、苦手科目に対する時間的な関わりにも取り組みました。予習や復習の時間を共有し、学習の習慣化を支援しました。さらに、彼の脳の特性に合わせた学習プログラムを実践し、彼の学習能力の向上を図りました。
S君の進学やキャリアデザインにも力を注ぎました。自己イメージのリセットを図るためにカウンセリングを提供し、意識と覚醒の自然現象への共有を行いました。彼の好きなことや得意なこと、使命感に気づき、未来像をマインドから発見するサポートをしました。また、未来像と現実の自己をつなぐプログラミングを行い、具体的な人生設計を描くことを支援しました。
不登校復学後も、1年間のサポートを行いました。学校との連携を図り、復学後のS君とMさんのカウンセリングを実施しました。また、復学後に生じるさまざまな問題の解決と実践をサポートし、S君の生きづらさを軌道修正しました。さらに、Mさんのメンタルサポートも継続し、彼らが安定した復学生活を送れるようサポートしました。
私たちは支援者として、S君とMさんの悩みを言語化し、心理システムの苦しみから解放された変化を強調してサポートを行ってきました。お客さまの視点に立ちながら、自然でスムーズな対応を心がけています。

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

復学支援の専門家が教える、家庭学習支援のポイントと効果的な学習方法

不登校の子どもの復学支援に必要な心理的サポートとは?

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。
  2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。
  3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。
  4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。
  5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。
  6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。
  7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。
  8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。
  9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。
  10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。
  11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

オキシトシンの多い人の特徴と効果!幸福ホルモンの驚きの効能

【幸せホルモン】オキシトシンの増やし方12選|瞑想やマインドセット・身体調整が効果的

不登校の原因を知る方法!40代の母親が的確にサポートする方法とは?

中学生の不登校の原因は母親にあった!母親へのカウンセリングで復学につなげる

【40代子育ての悩み】不登校の原因を解明!不登校になる子の親の特徴と改善策

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容
1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

  1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。
  2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。
  3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。
  4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。
  5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。
  6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。
  7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。
  8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。
  9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。
  10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。
  11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

counseling
参考カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

抱える問題が解決できないあなたへ 日々の生活で様々な悩みや困難に直面することはよくあります。気分の落ち込みややる気の喪失、職場や学校での人間関係のストレス、家族や恋人とのトラブル、過去のトラウマによる ...

続きを見る

来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

client-centered-therapy-counseling
参考来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

焦点は来談者|来談者中心療法 焦点は来談者中心療法、またはクライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチとして知られる心理療法です。この療法は、1940年にロジャースによって提唱されました ...

続きを見る

トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

trauma-informed-care-counseling
参考トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

トラウマインフォームドケアの理念 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の心理的な傷を理解し、適切にサポートを提供するためのアプローチの一つです。 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の ...

続きを見る

オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

online-counseling
参考オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

オンラインカウンセリングの概念 オンラインカウンセリングは、インターネットを通じて行われる心理カウンセリングの形式であり、クライアントとカウンセラーが対面で会う必要がなく、遠隔地からでもセッションを行 ...

続きを見る

精神分析的心理療法でカウンセリングを実施し心理システムの正常化で生きづらさ克服

ゲシュタルト療法で心理システムを正常化し知覚・感覚・認識を自然世界と共有させる

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容
1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。
  2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。
  3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。
  4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。
  5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。
  6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。
  7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。
  8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。
  9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。
  10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。
  11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。
  12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。
  13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。
  14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。
  15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

株式会社Osaka-Childの身体調整とカウンセリング技法

催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

hypnotherapy-counseling
参考催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

催眠療法の多様性 催眠療法は心身をリラックスさせ、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行われる心理療法であり、その多様性は豊富です。個々の治療法は患者のニーズに合わせて変化します。 この療法は、潜 ...

続きを見る

自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

autogenic-training
参考自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

自律訓練法(じりつくんれんほう)の理解 自律訓練法は、心理療法の一種であり、ストレス緩和と自己調整を目的としています。この訓練法は、日々の生活におけるストレスや不安を軽減し、全体的な生活の質を高めるこ ...

続きを見る

呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

breathing-technique-counseling
参考呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

呼吸による健康改善!自律神経をバランスさせる呼吸法について 呼吸による健康改善には、自律神経のバランスを整える呼吸法が効果的です。自律神経は、交感神経と副交感神経の調和が重要であり、これらの神経のバラ ...

続きを見る

メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

mentalization-based-therapy
参考メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

メンタライゼーションの概念について メンタライゼーションは「心で心を思うこと:Holding mind in mind」と表現され、他者や自己の行動の背後にある精神状態に注意を向け、それを認識すること ...

続きを見る

グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

grief-care-counseling
参考グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

治療法としてのグリーフケアとは グリーフケアは、患者が経験する悲しみや喪失感に対応するための専門的な治療を提供します。グリーフとは、「大切な存在」を失ったことによる、深い心の苦しみを含む様々な反応を指 ...

続きを見る

リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

relaxation-technique
参考リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

リラクセーション技術の概要と役割 リラクセーション技術は、患者の身体的・精神的な状態を安定させるための重要な方法であり、痛みや不安を和らげる役割を果たしています。 リラクセーションは、くつろぎや緊張・ ...

続きを見る

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容
1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。
  2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。
  3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。
  4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。
  5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。
  6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。
  7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。
  8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。
  9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。
  10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。
  11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。
  12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。
  13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

発達支援・発達相談をカウンセリングと療育で発達障害の子どもの機能性を120%アップ

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ペアレント・トレーニングで40代母親の子育てを楽にする|子どもの育ちを大切にできる

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

【40代母親必見】不登校の子が復学後に勉強しない?その原因と解決策を詳解

中学3年間不登校だと勉強してないから高校受験は難しい?中学生の不登校の原因と親ができる対応

発達障害をカウンセリングで心理システムをスムーズにし克服へ|40代女性生きづらさ解決

developmental-disorder-counseling

学習障害(LD)をカウンセリングで最短で負担なく克服させる|生きづらさ解決に

learning-disability-counseling

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容
1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。
  2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。
  3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。
  4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。
  5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。
  6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。
  7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。
  8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。
  9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。
  10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。
  11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

対人関係療法カウンセリングで治りにくい精神疾患を正常化する|うつ病・摂食障害に効果的

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)で40代女性の人生を幸福に導く

コーチングで40代女性の子育てやキャリアアップを最速に機能させる

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

cognitive-restructuring-method
参考認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

認知再構成法の概要 認知再構成法は、認知療法の一つの技法で、個人のネガティブな思考や信念を変えるのに役立ちます。この手法は、認知行動療法の一部であり、適応的でない認知的行動を適応的な行動に変容させる介 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容
1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。
  2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。
  3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。
  4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。
  5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。
  6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。
  7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。
  8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。
  9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

ストレスコーピングとカウンセリングの併用で40代女性のキャリア・子育てに成果

マインドフルネスとカウンセリングで効果を最大に|40代女性のキャリア・子育てに成果を出す

行動活性化療法で精神的抑うつを改善|40代女性生きづらさ克服でキャリア・育児両立に

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています。

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-40代母親の子どもの不登校, 中学生不登校, 無気力・無気力症候群