40代母親の子どもの不登校 不登校・学習支援 小学生不登校

小学生対応の家庭学習教材のおすすめ11選|自宅でできる家庭学習のポイントも解説

不登校・発達障害・アダルトチルドレン・うつ病支援

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

elementary-school-home-learning-recommended

近年、小学生の家庭学習の重要性が増してきています国の学習指導要領の改訂や進学競争の激化、さらには社会的背景としての不登校の増加など、さまざまな要因から、家庭での学習をサポートする教材の選び方が求められています。しかし、多種多様な教材が市場に出回っている中、どれを選べばよいのか迷ってしまう親御さんも多いのではないでしょうか。
この記事では、小学生の家庭学習をサポートするための「おすすめ教材11選」をご紹介します。各教材の特徴や、それぞれの教材がどのようなニーズに応えられるのか、そしてどんな子供に最適なのかを詳しく解説しています。さらに、家庭学習を成功させるためのポイントや、不登校克服支援事業Osaka-Childが実践している家庭学習のサポート方法についても深く掘り下げます。

この記事を読んでわかること

  • 小学生の家庭学習をサポートするための「おすすめ教材11選」。
  • 各教材の主な特徴や適用する子供のタイプ。
  • 家庭学習を効果的に進めるためのポイント。
  • 不登校克服支援事業Osaka-Childの実践する家庭学習のサポート方法。
  • 子供との質の高い学びの時間を作るためのヒントとアドバイス。

この記事を読むことで、家庭学習教材選びの迷いや不安を解消するヒントを得ることができます。また、Osaka-Childの豊富な経験と実績をもとにした家庭学習のサポート方法を知ることで、ご自宅での教育環境をより充実させる手助けとなるでしょう。最適な教材を選ぶことで、子供の学びの質を高めるだけでなく、親子の関係も深化させることが期待できます。

目次

小学生の家庭学習|正しい選び方の重要性

小学生の家庭学習の成功には、選ぶ教材や方法が大きな影響を及ぼします。家庭学習を効果的に進めるためには、以下のポイントに注目して選ぶことが重要です。

自宅学習(家庭学習)方法の選び方

  • 学習の目的
  • 子どもの学習レベル
  • 料金

学習の目的を考えましょう自宅学習の目的は、日常的な学習習慣を育むことや、学校の授業を補完して受験勉強に活用することなど、様々です。目的に合った教材や方法を選ぶことが必要です。
子どもの学習レベルを考慮しましょう小学生の学習は段階的に進行します。子どもの理解力や興味に合わせて、適切な内容と難易度の教材を選びましょう

elementary-school-home-learning-recommended

elementary-school-home-learning-recommended

家庭教師費(通信教育を含む)の平均月額
公立 1,084円
私立 3,546円

 

料金も検討ポイントです家庭教師費の平均月額は公立学校が1,084円私立学校が3,546円とされています。家計に負担をかけず、コストパフォーマンスの良い選択をすることが大切です。
例えば、タブレット教材は子供たちの興味を引く図柄やアニメーションを活用し、ゲーム感覚で楽しく学べるため、家庭での学習習慣を育むのに適しています。また、通信教育を活用する際には、自宅で学習する環境を整え、計画的に進めることが重要です。
家庭学習においては、学校の授業と連動した教材や、苦手な教科に特化したコースも選択肢として考えられます。定期的なテスト対策や復習、先取り学習にも対応することで、子どもの学力向上に効果的です。
最後に、子ども自身のやる気や興味を尊重し、選んだ教材や方法を継続的に活用することが重要です。選ぶ教材や方法が子どもに合ったものであれば、自宅学習の成功へと繋がるでしょう。

家庭学習教材が小学生に向いている2つの主要な理由

小学生にとって、学校内での勉強だけでなく、自宅学習を取り入れることは、学力向上において重要な要素となります。しかし、なぜ自宅学習教材が推奨されるのか、その具体的な理由を理解している人は多くないかもしれません

以下に、小学生に自宅学習が有益である主な理由を2つ紹介いたします。

小学生に自宅学習が有益である主な理由を2つ

  • 自分のペースで学習しやすい
    小学生は、学校の授業と並行して、自宅学習教材を活用することで、個々の学習ペースに合わせた学びが可能です。通常の学校環境では、クラス内の進行に合わせて学習を進めるため、個別の理解度に合ったペースで学ぶことは難しいことがあります。しかし、自宅学習教材を通じて、子供たちは自分の理解度に合わせて進捗を調整することができます。苦手な分野に時間をかけ、得意な分野は追加の学習を行うなど、自身のペースで学びを進めることができるのです。
  • 学習の進行状況が把握しやすい
    自宅学習教材は、学習の進行状況を明確に把握しやすい特徴を持っています。従来の学校や塾では、個々の生徒の進捗状況を把握するのが難しく、子供たちがどの程度の理解度で学んでいるかを把握するのが難しいことがあります。しかし、自宅学習教材を使用することで、子供たちの学習状況をアプリやオンラインプラットフォームを通じて確認することができます。これにより、保護者はどの分野で子供が苦手意識を持っているかを把握し、適切なサポートを行うことができます。

自宅学習教材は、小学生にとって理想的な学習方法であると言えます。子供たちは自分の学習ペースに合わせて学ぶことができ、学習の進行状況も把握しやすくなります。これにより、自宅学習を通じて効果的な学習習慣を身につけ、学習成果を最大限に引き出すことができるでしょう。

不登校の子どもの学習支援で不可欠な家庭教師の最適な選び方|オススメの家庭教師も解説

不登校に対応した家庭教師は必要?不登校で悩む学習支援の最適化を解説

理由1|個々の学習スピードに合わせられる

子供が自分のペースで教材を進めることができるため、学習にプレッシャーを感じることなく効果的な成果を得られます。学校の環境では、多くの生徒が同じスピードで授業を進めるため、理解しきれないまま新たな内容に移ってしまうことがあります。その結果、未消化のままの理解が残り、基本的な概念の習得が難しくなることもあります。
自宅学習の場合、子供は自身の理解度に合わせて進めることが可能です。例えば、理解できない部分に何度も取り組むことで、概念を徹底的に理解し、基礎をしっかり固めることができます。逆に、得意な部分は予習や先取り学習を行い、新たな知識を探求する余裕も生まれます。このように、個別の学習スタイルに合わせた進捗が可能なため、自信を持って学習に取り組むことができるでしょう。
また、短い時間でも効果的に学習ができる点も魅力です。たとえば、1日たった数十分の学習でも、自分のペースで進めることができれば、学習意欲を高めながら成果を上げることができます。このような環境で積み重ねていくことで、自然と学習習慣が身につくことも期待できます。
個々の学習スピードに合わせられる自宅学習は、プレッシャーの少ない環境で確実な学習効果を得る手段と言えます。子供が自分自身のペースで学び、深い理解を築き上げることで、学習への意欲が高まり、学力の向上につながるでしょう。

理由2|学習の進捗が明確になる

教材を使うことで、学習の進行状況が一目瞭然となり、モチベーションの維持にも役立ちます。通常の学校や塾環境では、子どもの学習がどこまで進んでいるのか、内容に対する理解度はどうかなどを完璧に把握することができません学習の進行状況を知るためには、学校からもらう通知表やテストなどがありますが、それだけでは状況を知ることはほぼ不可能です
その一方、自宅学習であれば進行度を理解しやすいのが大きなメリットといえます。教材によっては、アプリやメールなどで学習状況を知ることができるものもあるため、一目で状態をチェックできるのは大きな特徴です。子供たちは自分の進捗状況を把握し、どの分野でどれだけの時間を費やしたかを確認することができます。これにより、自身の学習ペースや課題の進捗に合わせて、自主的な学習スケジュールを立てることが可能です。
学習の進行状況が明確になることで、子供たちは自身の成長を実感しやすくなります。未完了の課題や目標に対して意欲的に取り組む姿勢が養われ、自己管理能力や集中力も向上するでしょう。このような学習環境は、小学生にとって重要なスキルを身につける基盤を築く一助となるでしょう。

不登校の子どもにオススメなオンライン学習できる塾・アプリ10選ご紹介

【中学1・2年生対象】不登校の学習支援サポート期間・学習施設を探す|子どもの個性に合った環境づくり

家庭学習が小学生に求められる3つの理由

家庭学習は単なる日課ではなく、将来にわたる学びの礎を築く上での必要不可欠な要素です。学校の授業だけでは物足りないと感じる方も多く、自宅学習の必要性に疑問を感じる保護者もいます。しかし、実際には小学生にとって自宅学習が必要な理由大きく3つ存在します。これらの理由を正しく把握し、子供たちにとって効果的な学習環境を整えることが大切です。

小学生の自宅学習が必要な3つの理由

  • 理由1|学習を習慣化させるため
    小学生にとって、学習を習慣化させることは非常に重要です。学校の授業だけでは十分な学習量を確保することが難しく、継続的な勉強習慣が求められます。自宅学習を取り入れることで、毎日一定の時間を学習に割り当てる習慣が身につきます。これにより、子供たちは自らの成長に対する責任感を持ち、学習を怠ることなく取り組む姿勢を養うことができます。
  • 理由2|子どもの自信を育てるため
    自宅学習は、子供の自信を育むための有効な手段です。学校の授業では個々の進度に合わせたフォローが難しいことがあり、理解が追いつかない場面もあります。しかし、自宅学習ならば自分のペースで学習することができます。新しい知識やスキルを段階的に習得し、成功体験を積み重ねることで子供たちは自信を持つようになります。また、自宅での学習過程を通じて、努力の成果を実感し、学びへの意欲を高めることができます。
  • 理由3|将来の受験時の基礎になるため
    自宅学習は将来の受験に向けて強固な基礎を築くための重要なステップです。小学生のうちから基本的な学力や思考力を培うことは、中学受験や高校受験において大きなアドバンテージとなります。自宅学習を通じて、学校の授業ではカバーしきれない範囲や応用力を養うことで、将来の受験に自信を持つことができます。また、早い段階から学習習慣を身につけることで、受験勉強へのストレスを軽減し、効率的な学習を実現できます。

これらの理由から、小学生にとって自宅学習は単なる課題ではなく、学びの基盤を築く上で欠かせない重要な要素であることがわかります。適切な教材や学習スケジュールを用意し、子供たちの学習環境をサポートすることで、将来の成長に向けた堅固なステップを踏むことができるでしょう。

理由1|日常的な学習を習慣化させるため

学習習慣を日常に組み込むことは、子供たちにとって持続的な学びを確立する上で重要です。学習習慣を身につけるには、経済社会研究評議会による研究によれば、約60日間の継続が必要です。

この習慣を身につける期間は小学生の段階から始めることが有効であり、また中学生や高校生にとっても同様に重要です。自宅学習を通じて、学習が日常生活の一部として認識されるようになり、定着しやすくなります。
自宅学習は、学習習慣を身につけるための適切な環境を提供します。学校の授業だけではカバーしきれない内容や興味のある分野にも、自分のペースで取り組むことが可能です。これにより、子供たちは学習に対する抵抗感を減少させ、学びへの意欲を高めることができます。学習が日常の一環として受け入れられれば、効果的な学習習慣を築く上での重要なステップとなります。
習慣化された学習は、将来に向けて子供たちが自分の進路を選ぶ際にも影響を与えます。興味を持った分野や得意な科目に対する学習意欲が高まり、自己成長を実感できる環境を提供します。学習が日常的な習慣として根付いていれば、将来の学習へのアプローチも前向きになります。こうした学習の習慣化は、子供たちが成長する上での重要な土台となることでしょう。
自宅学習を通じて、学習を日常の一部として確立することで、子供たちの学習習慣を育むことができます。習慣化された学習は、将来の自己成長や進路選択において大きな影響を与える重要な要素です。適切な環境とサポートのもとで、子供たちが学びを楽しみながら持続的な成長を遂げることができるでしょう。

理由2|子供の自己の自信を育てるため

自信を持って学習に取り組む力を育むためには、定期的な成功体験が重要です。最近の統計によれば、大学への進学率は50%を超えており、しかし休学者や退学者の割合は約3割留年率は約5%という結果が示されています。これらの結果から、学業への意欲が低下したり単位が足りなかったりするなどの消極的な要因が問題とされています。このような状況を鑑みると、子供たちの自信を培い、学習への積極的な取り組みを支援することが非常に重要です。自信を持って学習に臨むことは、学校生活を充実させる上でも有益です。
学習に取り組む際の自信は、定期的な成功体験を通じて培われます。自宅学習は、子供たちが自分のペースで学習し、問題に挑戦する機会を提供します。このプロセスで達成感を感じることで、自己評価が向上し、学習に対する自信が増します。学習習慣を確立し、成果を積み重ねることで、子供たちは自身の学力を高めることができます。また、自宅学習によって失敗や難題に対する取り組み方も学び、克服する力を養うことができます。
自宅学習を通じて得られる成功体験は、学校生活においてもプラスの影響を及ぼします。自信を持って学習に臨む姿勢は、学校の授業やテストなどにおいても積極的な態度を促します。また、自信がある子供たちは、新しい分野にもチャレンジしやすく、学習の幅を広げることができます。これによって、学業に対するモチベーションが向上し、学校生活全体が充実したものとなるでしょう。
定期的な成功体験を通じて自信を培うためには、子供たちが自宅学習を取り入れることが重要です。自宅学習によって得られる達成感や克服の経験は、学習に対する自信を高める要因となります。この自信が学校生活全体にポジティブな影響を与え、子供たちの学習意欲と成果を促進します。

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

理由3|未来の受験を見据えた学力の基盤の構築のため

小学生時代の学習は、将来の大きな試験に向けた基盤を築く重要な段階です。中学受験や高校受験、難関大学への受験勉強の準備においても、小学生のうちから家庭学習を進めることは有益です。自宅学習を取り入れることで、受験に向けた学習スタイルを確立し、未来の試験に対する自信を育むことができるのです
中学受験や高校受験、難関大学受験など、これらの受験は高度な学力が求められるものです。そのため、小学生のうちから適切な基礎を築くことが重要です。自宅学習を通じて教材やコースを利用することで、必要な知識やスキルを着実に習得し、学力の基盤を固めることが可能です。小学生のうちから受験に向けた学習習慣を身につけることで、将来の受験勉強においてもスムーズな対応ができるようになるでしょう。
家庭学習を取り入れることで、受験に対する準備が早い段階から進行します。これによって、受験に必要な教科や問題形式に慣れることができます。また、家庭学習は学習のペースや方法を自分で選べるため、自身の弱点や苦手な分野に重点的に取り組むことが可能です。このような学習スタイルの確立は、将来の試験に自信を持って臨むために大きな助けとなります。
小学生のうちから家庭学習を取り入れることで、将来の受験勉強の基盤を築くことができます。中学受験や高校受験、難関大学受験などの試験に向けて、自宅学習を通じた学習スタイルの確立は、早い段階から学力を着実に高め、受験に自信を持って取り組むための有益な方法です。

小学生が不登校になる原因とは?考えられる5つの要因で最短復学に

【小学生の不登校】低学年の克服方法、親子で取り組むべきポイントとは?

【40代母親必見!】小学生のための家庭教材株式会社Osaka-Child厳選した11選

豊富な教材の中から、特に効果的で人気のあるものを厳選して紹介します小学生の成長において、家庭での学習環境は重要です。そこで、小学生におすすめの自宅学習(家庭学習)教材11選をご紹介します。これらの教材は、子どもたちの学習をサポートし、将来への準備を助ける優れた選択肢です。

株式会社Osaka-Child厳選した小学生におすすめの自宅学習(家庭学習)教材

  1. 進研ゼミ小学講座
  2. スタディサプリ
  3. すらら
  4. スマイルゼミ
  5. Z会
  6. RISU算数
  7. サブスタ
  8. ワンダーボックス
  9. 天神
  10. 小学ポピー
  11. コナンゼミ

これらの教材は、子どもたちの学習に幅広いアプローチを提供し、自宅学習の環境を充実させます学習内容は幅広い科目にわたり、算数や国語、英語などの基礎から、さまざまな教科に関する学習が含まれています。また、オンライン学習や動画授業を活用することで、子どもたちは自分のペースで学習を進めることができます。
これらの教材は、コースやレベルの選択肢が豊富であり、子どもたちの学力や興味に合わせてカスタマイズされた学習プランを提供しています。さらに、学習の成果を確認するテストや問題集も用意されており、子どもたちの成績や理解度を把握しながら効果的な学習をサポートします。
小学生におすすめの自宅学習(家庭学習)教材株式会社Osaka-Child厳選した11選は、子どもたちの学習を充実させ、将来の成功への基盤を築く優れた選択肢です。これらの教材は幅広い科目やレベルに対応し、子どもたちの成長に合わせたカスタマイズされた学習が可能です。母親の方々は、子どもたちの個性や学習スタイルに合った教材を選びながら、有意義な学習環境を整えることができるでしょう。

進研ゼミ小学講座

進研ゼミ小学講座

進研ゼミの小学講座は、広範な教科を網羅したカリキュラムが特徴です小学生向けの充実した学習内容は、子供たちの興味を引きつける要素が多く含まれています。

対象学年 小学1年生~6年生
学習内容 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
コース/料金(税込) ・1年生:3,250円

・2年生:4,320円

・3年生:5,320円

・4年生:5,590円

・5年生:6,710円

・6年生:7,150円

キャンペーン ■春割キャンペーン

特筆すべきは、学習方法の選択肢が豊富であることです。タブレット教材とテキスト教材が用意されており、子どもたちは自分の学習スタイルに合った方法を選ぶことができますタブレットを使用する場合子供たちは参加型の学習を通じて問題に取り組みます。一方で、テキストを用いる場合は、月に1回の頻度で赤ペン先生からの丁寧な添削を受けることができます。この選択肢によって、ゲーム感覚で楽しみながら学習するか、集中して机に向かうかを選択することができます。
進研ゼミ小学講座の特長の一つは、無学年学習の実施です。子どもたちは自分のレベルに合わせて学習できるため、得意な分野を伸ばし、苦手な分野を克服することができます。これにより、個々の成長に合わせたカスタマイズされた学習が可能となります。
進研ゼミ小学講座は幅広い学年に対応し、全教科をカバーする充実したカリキュラムが特徴です。子供たちの学習スタイルや興味に合わせてタブレット教材とテキスト教材を選択できるため、自宅学習をより効果的に進めることができます。無学年学習の取り組みによって、個々のニーズに合わせた学習が可能となり、得意・苦手な分野をバランスよく伸ばすことができます。

進研ゼミ小学講座もっと詳しく見る

スタディサプリ

スタディサプリ

スタディサプリは、オンライン学習サービスの中でもビデオ学習を中心としたプラットフォームですリクルートが提供するこのサービスでは、専門の講師による映像授業を通じて、小学4年生から6年生を対象とした学習が展開されています。

対象学年 小学4年生~6年生
学習内容 国語・算数・理科・社会
コース/料金(税込) 2,178円
キャンペーン ■無料トライアルキャンペーン

■キャッシュバックキャンペーン

理解度に応じて、学年をまたいだ学習が可能です。例えば、下の学年の内容を復習することも、上の学年の内容を予習することもできます。また、保護者向けに提供される「まなレポ」機能を通じて、子供たちの学習進捗や正答率を確認することができるため、学習の状況を把握しやすく、安心してサポートすることができます。
家庭の中で忙しさや習慣に合わせて学習時間を確保することが難しい場合でも、スタディサプリは便利な選択肢となります。オンラインならではの柔軟性とアクセス可能性によって、子供たちは効果的な学習を実現できます。
スタディサプリはオンライン学習の一翼を担い、小学生向けにビデオ学習を中心とした授業を提供しています。リーズナブルな価格で、映像授業を通じて基礎から応用までの学習が可能であり、保護者も学習の進捗を確認できるため、家庭での学習をサポートする強力なツールと言えます。特に習慣が難しい家庭や塾に通えない場合には、スタディサプリが有益な選択肢となるでしょう。

スタディサプリもっと詳しく見る

すらら

すらら

すららは、小学生向けの学習支援サービスであり、分かりやすい動画教材と問題集を提供しています。この教材は、幅広い学年に対応し、国語・数学・英語・理科・社会といった多岐にわたる教科をカバーしています。これにより、小学生の基礎学力の向上を支援するとともに、幅広い知識を身につける機会を提供しています。

対象学年 小学1年生~高校3年生
学習内容 国語・数学・英語・理科・社会
コース/料金(税込) 【入会金】

■小中・中高5教科コース:7,700円

■小中・中高3教科、小学4教科コース:11,000円

【利用料金】

■3教科(国・数・英)コース

・毎月支払いコース:8,800円

・4ヶ月継続コース:8,228円

■4教科(国・数・理・社)コース

・毎月支払いコース:8,800円

・4ヶ月継続コース:8,228円

■5教科(国・数・理・社・英)コース

・毎月支払いコース:10,978円

・4ヶ月継続コース:10,428円

キャンペーン ■ユニットクリアチャレンジキャンペーン150

・2023年3月10日までに「すらら」の学習単元(ユニット)をクリアした方に賞品プレゼント

「すらら」は、無学年式のインターネット学習教材です。以前の「読み書き」に限らない学習方法として、新たに「見て」「聞いて」学ぶアプローチを提供しています。このプラットフォームの大きな特徴は、年齢に応じたキャラクターが登場し、理解度を確認するための質問を投げかけることで、対話型の授業を受けることができることです。

すららは小学生の学習をサポートするための幅広い教材と機能を提供しています。対話的な学習体験や短い学習範囲による効果的な学習方法など、子供たちの学びに対する理解度を高めるアプローチが取られています。豊富なコース選択とキャンペーンも、学習環境の充実度を高める要素として挙げられます。

すららもっと詳しく見る

スマイルゼミ

スマイルゼミ

スマイルゼミは、タブレットを活用した学習プログラムで、親子で学ぶことができる特長的な教材です対象学年年中から高校生まで幅広く対応し、国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング・全国学力診断テスト・無学年学習・発展クラスなどの幅広い学習内容が提供されています

対象学年 年中~高校生
学習内容 国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング・全国学力診断テスト・無学年学習・発展クラス
コース/料金(税込) ■標準クラス

・毎月払い:4,268円

・6か月一括払い:22,308円

・12か月一括払い:39,336円

■発展クラス

・毎月払い:5,038円

・6か月一括払い:26,268円

・12か月一括払い:45,396円

キャンペーン ■おトクにスタートキャンペーン

・資料請求で全員もらえる

・入会で合計100名様に当たる

・ごきょうだいスタート応援キャンペーン

・ごきょうだい受講応援キャンペーン

・ご紹介キャンペーン

スマイルゼミはタブレットを使用して学習することを中心としたプログラムで、幅広い学年に対応した多彩な学習コンテンツが提供されています。自宅での学習が可能なため、親子でコミュニケーションを深めながら効果的な学習が行える点が特長です。また、学校の教科に合わせた学習や多様な支払いオプションなど、子供たちの学習状況や家庭のニーズに合わせたサポートが行われています。

スマイルゼミもっと詳しく見る

Z会

Z会

Z会は、通信教育の分野で長い歴史と実績を誇るサービスです。このサービスは、伝統的な教材とデジタル教材を組み合わせて学習を進めることが可能です。主に小学生を対象としたコースが展開されており、国語・算数・英語・経験学習・プログラミング学習・みらい思考力ワークなど多彩な学習内容が提供されています。

対象学年 小学1年生~6年生
学習内容 国語・算数・英語・経験学習・プログラミング学習・みらい思考力ワーク
コース/料金(税込) 【小学生コース1・2年生】

・1年生:4,420円~

・2年生:4,760円~

【小学生タブレットコース1・2年生】

・1年生:3,315円~

・2年生:3,910円~

【小学生コース(3~6年生)】

・3年生:6,500円

・4年生:7,350円

・5年生:8,345円

・6年生:9,195円

【小学生タブレットコース(3~6年生)】

・3年生:4,760円
・4年生:5,355円

・5年生:6,205円

・6年生:6,800円

【中学受験コース】

・3年生:17,600円

・4年生:19,200円

・5年生:23,200円

・6年生:24,000円

キャンペーン ・小学生コース早期入会で特典プレゼント
・小学生コース資料請求でおためし教材プレゼント
・プログラミング資料請求で小学生向け特典冊子プレゼント

また、Z会は様々なキャンペーンも展開しており、早期入会や資料請求などで特典が提供されています
Z会は通信教育のリーダーとして長い歴史を持ち、伝統的な教材とデジタル教材を組み合わせた学習が行えるサービスです。小学生向けのコースでは、国語・算数・英語をはじめとした幅広い学習内容が提供され、中学受験を目指す子供たちにも対応しています。個々のニーズに合わせたコースや料金プランが用意されており、基礎から段階的に学習を進めることができるため、幅広い層の子供たちに適した学習環境を提供しています。

Z会もっと詳しく見る

RISU算数

RISU算数

RISU算数は、算数に特化した学習サービスで、子供たちの算数の苦手を克服するカリキュラムを提供しています小学1年生から6年生を対象とし、算数と数学の学習内容に焦点を当てています

対象学年 小学1年生~6年生
学習内容 算数・数学
コース/料金(税込) 【基本料】2,750円

【月ごとの利用料】

・1ステージ未満/月クリア:¥0
・1.2ステージ/月クリア:¥1,100
・1.7~2ステージ未満/月:\3,300
・2~2.5ステージ未満/月:¥5,500
・3ステージ以上/月:¥9,350(上限金額)

キャンペーン ■RISU算数限定お試しキャンペーン

独自のアルゴリズムを活用したRISU算数は、タブレットを使った学習教材で、1ステージに25問の問題があり、合計で94ステージ分の問題が用意されていますステージをクリアするたびに難易度が上昇するゲーム要素を取り入れており、子供たちが飽きずに学習に取り組める工夫がされています。また、「オニモード」「カギを入手して難問に挑戦する」といった要素も存在し、算数が苦手な子供たちでも楽しく学ぶことができる環境が整っています。
ただし、他のサービスとは異なる料金体系に注意が必要です。基本料金に加えて、月平均のクリアステージ数に応じて利用料が変動するため、利用プランを選ぶ際には注意深く検討する必要があります
RISU算数は算数専門の学習サービスで、子供たちの苦手分野に焦点を当てたカリキュラムを提供しています。タブレットを活用した学習教材で、ゲーム要素を取り入れた楽しい学習環境が整っています。ただし、利用料金はステージ数によって変動するため、選択する際には料金体系をよく理解し、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが重要です。

RISU算数もっと詳しく見る

サブスタ

サブスタ

近年、注目を集めている家庭学習教材「サブスタ」は、子供たちの学習環境を充実させるための優れた選択肢となっています。このセクションでは、サブスタの特徴や利点、適した子供のタイプについて詳しく探究し、家庭学習の進化に役立つヒントを提供します。また、サブスタの幅広いコンテンツや学習意欲を引き出す工夫など、その人気の理由を解説します。

対象学年 小学1年生から6年生
学習内容 国語・算数・理科・社会
コース/料金(税込) 4,900円/月
キャンペーン 無料お試しあり

サブスタの大きな魅力は、1人ひとりの状況や希望に合わせて、家庭学習のプロが毎月適切な学習計画を提供する点です。習い事や部活動などのスケジュールに合わせて学習を調整し、生活スタイルを保ちつつ効果的な学習が可能です。また、授業動画は約1週間分をたった10分でまとめており、短時間でも集中して学習が行える特長があります。
サブスタは家庭学習教材として注目を浴びており、小学1年生から6年生までの子供たちに対して幅広いコンテンツを提供しています。国語・算数・理科・社会の学習が行え、短い時間でも集中して学習を進めることができます。毎月の個別指導により、子供たちの成長をサポートし、学習習慣を身につけるのに適しています。サブスタの利用により、子供たちの学習体験が充実し、将来へのステップアップをサポートすることができます。

サブスタもっと詳しく見る

ワンダーボックス

ワンダーボックス

ワンダーボックスは、新しい形態の教材であり、実験キットや体験型学習が魅力の一つです。この教材は、4歳から10歳の子供たちを対象にし、STEAM教育を通じて思考力、創造力、意欲といった重要なスキルを育むことを目的としています

対象学年 4歳から10歳
学習内容 STEAM教育(思考力・創造力・意欲)
コース/料金(税込) 3,700円~/月

※12ヶ月一括払いの場合

キャンペーン 最初の2ヶ月は特別号

ワンダーボックスは、国語や算数などの主要な教科の学習ではなく、未来に役立つ思考力、創造力、意欲といったスキルを育む「STEAM教育」を提供しています。この教材は、プログラミング、サイエンス、アートなどの内容を通じて、子供たちが倫理的な思考力や想像力を楽しみながら身につける手助けをします。
特に低学年の子供たちの地頭をしっかりと鍛えたい保護者にとって、ワンダーボックスはおすすめの教材です。この教材は、保護者向けの機能も充実しており、子供たちがどのコンテンツにチャレンジし、どのような成果を上げたかを把握することができます。結果的に、子供たちはプログラミングやサイエンス、アートなどの興味深い分野を通じて学び、自身の思考力や創造力を発展させることができます。
ワンダーボックスは、実験キットや体験型の学習が可能な教材として、子供たちの興味を引き、学習意欲を高める一助となっています。STEAM教育を通じて、子供たちは未来のチャレンジに備える重要なスキルを楽しみながら磨くことができます。

ワンダーボックスもっと詳しく見る

天神

天神

「天神」は、ゲーム感覚で学べる教材が特徴のデジタル学習教材です小学1年生から6年生を対象とし、国語・算数・理科・社会・生活・英語の幅広い教科を網羅しています

対象学年 小学1年生~6年生
学習内容 国語・算数・理科・社会・生活・英語
コース/料金(税込) 【教科別セット価格】

・国語:275,000円

・算数:275,000円

・理科:165,000円

・社会:165,000円

・生活:82,500円

・英語:60,500円

【1学年パック価格】

・1年生:132,000円

・2年生:132,000円

・3年生:176,000円

・4年生:176,000円

・5年生:214,000円

・6年生:214,000円

キャンペーン ■紹介キャンペーン

天神の特徴は、ゲーム感覚を取り入れた学び方です。独自の学習プログラムが入った専用USBを利用し、お持ちのパソコンで学習を行います。このデジタル教材はオフラインで使用可能であり、自宅はもちろん外出先でも学習ができます。
教材の内容は全国の教科書に準拠しており、単元ごとに応用・発展・入試問題なども収録されています。このため、幅広い学年や学力の子供たちに適しています一度購入すれば、買い切りの形式で長期間にわたって利用可能であり、兄弟姉妹がいる場合でも追加料金なしで共有できる点も魅力的です。
料金体系は教科ごとのセット価格や1学年パック価格が用意されており、自身のニーズに合ったプランを選ぶことができます。また、苦手分野を選んで購入することも可能です。料金は他の教材に比べやや高めですが、長期間にわたって使用できる買い切り教材としてのメリットがあります。
天神はゲーム感覚で学べるデジタル教材で、小学生の国語・算数・理科・社会・生活・英語の学習をサポートします。独自の学習プログラムを活用し、オフラインで利用可能な点も便利です。料金は一度購入すれば長期間にわたって使用可能な買い切り教材として兄弟姉妹での利用も考慮できます。教科ごとのセット価格や学年パック価格から選べるので、子供の学習ニーズに合わせて最適なプランを選ぶことが大切です。

天神もっと詳しく見る

小学ポピー

小学ポピー

小学ポピーは、基礎力を固めるための教材やドリルを提供する学習プラットフォームです。このプログラムは小学1年生から6年生を対象にしており、国語・算数・理科・社会・英語の幅広い教科をカバーしています。

対象学年 小学1年生から6年生
学習内容 国語・算数・理科・社会・英語
コース/料金(税込) 小学1年生:2,755円~/月

小学2年生:2,945円~/月

小学3・4年生:3,325円~/月

小学5・6年生:3,800円~/月

※12ヶ月一括払いの場合

キャンペーン 無料お試し見本あり

ポピーはこだわりのある紙教材で知られており、約50年の歴史を持つ教材プロバイダーです。教材内に余計な付録などはなく、リーズナブルな価格設定が特徴です紙とデジタルの組み合わせを活用することで、子供たちの自主学習姿勢を養い、学習意欲を高める効果があります。
教材は教科書に準拠しており、予習や復習をサポートするための内容が充実しています。要点がシンプルにまとまっており、理解しやすい構成が学習の集中力を高める要因となっています。ポピーの教材を活用することで、学校のテストの点数向上や基礎力の確立が期待できます。
料金体系は学年ごとに異なり、小学1年生から6年生までの各学年に応じた月額料金が設定されています。一括払いの12ヶ月プランも用意されています。無料お試し見本が提供されており、自分の子供に合った教材かどうかを確認することができます。
小学ポピーは基礎力を固めるための紙教材を提供する学習プラットフォームです。小学1年生から6年生までの幅広い学年に対応し、国語・算数・理科・社会・英語の教科をカバーしています。リーズナブルな価格設定とシンプルな教材内容によって、学習意欲を高めることができます。基礎力をしっかりと築くために、ポピーの教材を活用してみる価値があります。

小学ポピーもっと詳しく見る

コナンゼミ

コナンゼミ

コナンゼミは、子供たちの学習を漫画やアニメを通じて楽しく促進するプログラムです小学1年生から6年生を対象にしており、国語・算数・英語・思考力・複合教科(理科・社会)を学ぶことができます。

対象学年 小学1年生から6年生
学習内容 国語・算数・英語・思考・複合教科(理科・社会)
コース/料金(税込) 小学1年生:2,886円~/月

小学2年生:2,987円~/月

小学3年生:3,491円~/月

小学4年生:4,096円~/月

小学5年生:4,600円~/月

小学6年生:4,902円~/月

※年度内一括払いの場合

キャンペーン 夏の入会キャンペーン

コナンゼミの特徴は、人気アニメ「名探偵コナン」を活用した学習方法です。アニメのキャラクターたちが問題の中で活躍し、子供たちの興味を引きつける内容となっていますハイレベルな問題から基礎的な問題まで幅広く揃っており、思考力を鍛えるチャレンジングな問題が豊富です。また、全コースに「思考の達人ツール」が含まれており、自分の考えを整理し深める方法を学ぶことができます。この思考力や考える力の向上は、子供たちの学習において大きな助けとなります。
特に「ナゾトキ」というコーナーでは、ひらめきをトレーニングする機会が提供されています。これにより、子供たちは多角的な考え方を身につけることができ、柔軟な思考力を養うことができます。
料金体系は小学1年生から6年生までの各学年に応じた月額料金が設定されており、年度内の一括払いも可能です。さらに夏の入会キャンペーンが行われており、特別な特典を受けることができます。
コナンゼミは漫画やアニメを活用した学習プログラムであり、小学1年生から6年生までの子供たちを対象にしています。国語・算数・英語・思考力・複合教科を学ぶことができ、名探偵コナンのキャラクターたちが問題の中で活躍することで、楽しみながら学ぶことができます。思考力の鍛錬や考える力の向上を重視する家庭に特におすすめです。コナンゼミのプログラムを通じて、子供たちの学習体験を豊かにし、成長をサポートすることができます。

ボタン

自宅学習を継続させるための3つの実践方法

子供の自発的な家庭学習を促進するためには、いくつかの効果的な方法があります。これからその方法について紹介します。
自宅学習を始める際に、子供が教材を手に入れたからといって必ずしも勉強に取り組むかどうかについて不安を感じることはよくあります。小学生の自宅学習を成功させるためには、以下の3つの方法が効果的です。

小学生の自宅学習を成功させる3つの方法

  1.  勉強環境の整備
    子供が集中して勉強できる環境を整えることが重要です。静かで明るい場所を選び、学習に必要な道具や教材を用意しましょう。タブレットやパソコンを活用する場合は、ネット接続を制限するなど、学習に集中できる環境を整える工夫が大切です。
  2. 学習スケジュールの作成
    子供と一緒に勉強のスケジュールを作成することで、自宅学習の習慣を身につけることができます。毎日決まった時間に勉強する習慣を作ることで、子供は学習をすることが当たり前となり、自主的に取り組む意欲が高まります。
  3. 成果を褒める
    子供が学習で成果を上げた際には、その成果を褒めてあげることが重要です。褒めることで子供は自信を持ち、学習へのモチベーションが高まります。一つ一つの小さな成功を認めることで、子供は学習を続ける意欲を保ちやすくなります。

自宅学習は、子供が自発的に学習する環境を整えることが大切です。環境づくり、スケジュールの設定、成果の褒めることなど、これらの実践方法を取り入れることで、子供の学習意欲を高め、継続的な学習習慣を築くことができるでしょう。

順番に見ていきましょう。

子どもが1人で勉強できる環境作り

学習に適した環境を整えることで、子どもが自主的に勉強に取り組むことが促されます。勉強を行う場所や環境を整える際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

環境づくりに不可欠な4つの要素

  • レイアウト
  • 室温
  • 照明
  • 環境音

まず、勉強を行う場所の選定です。勉強机やリビングなど、どの場所で勉強するかを決める際には、集中しやすい状態を作りましょう。不必要な物を片付けてスッキリとしたレイアウトを心掛け、集中力を高める環境を整えます。
次に、室温の調節です。勉強に集中するためには快適な温度が大切です室温は25℃以下湿度は50%以下が勉強に適した状態とされています。適切な温度環境を保つことで、子どもが快適に学習に集中できるでしょう。
照明も重要な要素です。天井の蛍光灯だけでは手元が暗く、集中が難しいことがあります。デスクライトを使うことで、手元を明るく照らすことができ、視覚的な疲れを軽減することができます。
また、環境音にも注意を払いましょう完全な無音状態では物音が気になりやすく、集中力が散漫になることがあります。自然音などのBGMを流すことで、気分をリラックスさせつつ集中力を高めることができます。
以上のように、子どもが1人で勉強に集中しやすい環境を整えるためには、レイアウトや室温、照明、環境音などの要素を考慮することが大切です。これらの工夫を通じて、子どもの学習意欲を引き出し、自主的な学習環境を育むことができるでしょう。

生活習慣の乱れで不登校の中学生・高校生が長期化する理由|昼夜逆転したときの治し方

不登校から復学までのサポートでの子どもの心理システムを段階的に解説|復学のきっかけとタイミング

勉強のスケジュールを母親と一緒の作成する

子供と共に学習計画を作成することは、持続的なモチベーションを維持するための効果的な方法です。
学習スケジュールを子供と協力して決めることで、目標達成への進捗をスムーズに進めることができます計画を詰め込み過ぎず、適度な余裕を持つことで、目標に向かって焦らずに進めていけるでしょう。勉強スケジュールを立てる際には、以下の方法を考慮しましょう。

勉強スケジュールの決め方

  • 目標を立てる
  • 予定を詰めすぎない
  • 得意科目と苦手科目のバランスを良くする

まずは、具体的な目標を設定することが重要です。大きな目標を細分化し、少しずつ達成していくアプローチを取ることで、子供が自信を持って取り組めるようになります。
次に、予定を詰め込み過ぎないことがポイントです。余裕のあるスケジュールを作成することで、予期せぬ状況にも柔軟に対応できます。達成感を持ちつつ、ストレスなく学習を進めることが可能です。
また、得意科目と苦手科目のバランスを意識しましょう。得意科目ばかりでは苦手科目が疎かになり、逆に苦手科目だけにフォーカスするとモチベーションが低下することがあります。両方の科目をバランスよく組み込むことで、バラエティ豊かな学習環境を整えることができます。
子供と協力して学習スケジュールを立てる際には、彼らの意見や希望にも耳を傾けることが大切です。共に目標を設定し、計画を立てるプロセスを通じて、自主的な学習意欲を養い、継続的な学習習慣を築くことができます。

子どもが勉強でできた成果を認めてほめる

子供が学習において成果を上げた時、その努力を適切に評価し、褒めてあげることは非常に重要です

子どもへの褒め方のポイント

  • 過程も評価
  • 具体的に表現
  • 感情を伝える
  • 年齢に合わせる

自宅学習を通じて子どもが成し遂げた点を褒める際には、親の感情を込めて伝えることが大切です。喜びや感動を表現しながら、子供のやる気を刺激することができます。子どもを褒める際のポイントを以下に示します。
子供を褒める際に留意すべきは、単に結果だけでなく、取り組んだ過程も褒めることです。具体的な行動や取り組み方を称賛することで、子供は自己肯定感を高め、自信を深めることができます。褒める際には、ただ「すごい」といった言葉だけでなく、具体的なエピソードやポイントを挙げることが重要です。
さらに、褒める際には親の感情を伝えることも大切です。喜びや感激を共有することで、子供との絆を深め、彼らが自身の成果を認識し、自信を持つことを促進できます。
また、年齢や学習レベルに合わせた褒め方を心がけましょう。子供の理解力や感受性に合わせて、適切な表現を用いることで、褒め言葉がより効果的に届きます。
子供が成果を上げた際、その達成だけでなく、取り組む姿勢や工夫した点を褒めることで、彼らは学習に対する自信とやる気を高めることができます。子供の学習成果を見逃すことなく、愛情をもって褒めてあげることは、彼らの成長と学習習慣の形成にとって非常に有益です。

小学生が自宅学習(家庭学習)をする際のよくある質問

自宅学習(家庭学習)を取り入れたいと考える親御さんにとって、子供に関する疑問や不安が生じることはよくあります。ここでは、小学生が自宅学習をする際のよくある質問に対して明確な回答を提供します
自宅学習を導入する際に気になる疑問や不安に対して、以下のQ&Aを通じて解決策を見つけることができるでしょう。

  • 子どもが自宅学習をやらなくなる原因は?
    子供が自宅学習を続けなくなる原因はさまざまです。一般的な理由として、教材や学習方法が合わない場合や、モチベーションの低下が挙げられます。適切な教材選びや、子供の興味を引きつける工夫が必要です。
  • 紙とタブレット学習の違いは?
    紙とタブレットを使用した学習にはそれぞれメリットがあります。紙は直感的な学習を促し、タブレットはインタラクティブな学習体験を提供します。どちらも適切に活用することで、効果的な学習環境を構築できます。
  • 自宅学習の時間はどれくらいとればいい?
    自宅学習の適切な時間は子供の年齢や集中力によって異なります。一般的には短時間の集中学習が効果的です。休憩を挟みながら、無理なく取り組むことが大切です。

自宅学習を導入する前に、これらのQ&Aを把握しておくことで不安が軽減され、子供の学習体験をより充実させることができるでしょう。家庭学習は、子供の成長をサポートする重要な手段の一つとして活用できることを理解し、適切な情報を得ることが大切です。

子供が自宅学習をしなくなる原因は何か?

子供の自宅学習を続けない理由は、以下のような要因が考えられます。

子供の自宅学習を続けない理由

  • 勉強が苦手
    勉強が苦手な子供は、学習に対する抵抗感を抱くことがあります。この場合、子供の学力レベルに合った教材を選び、基本から着実に進めることで、自信をつけていくことが大切です。また、ポジティブなフィードバックや成功体験を重視するアプローチも効果的です。
  • 勉強以外のことに興味がある
    子供は興味を持つことに情熱を傾けることが多いです。もし勉強以外の興味が強い場合、学習を楽しさと結びつける工夫が必要です。対話型のタブレット教材やオンライン教材を活用して、学習をゲーム感覚で進めることで、子供の興味を引き出しやすくなります。
  • 勉強する理由がわからない
    子供がなぜ勉強をする必要があるのか理解していない場合、学習意欲が低下します。親や教育者は、学習の重要性や将来のメリットをわかりやすく説明し、子供に目標を設定させることが大切です。学習の目的を共有し、子供自身が成果を実感できるようにサポートすることが効果的です。

子供の自宅学習を促進するためには、個々の特性やニーズに合わせたアプローチが必要です。勉強の苦手意識を克服させるためには、適切なレベルの教材で基礎から丁寧に取り組むことが大切です。また、興味を持たせるためには対話的な学習環境を提供し、学習の目的や将来の可能性を理解させることが重要です。

紙とタブレット(デジタル)学習の違いは?

紙とタブレット学習の主な違いは、学習の手段として「書くか書かないか」という点です。それぞれの利点や選び方のポイントを考えてみましょう。

紙とタブレット学習の主な違い

  • 紙の学習
    紙の学習は、手で文字を書くことで情報を記憶しやすいとされています。特に数学の公式や重要な事実を覚える場合、手書きで書くことで脳に刻み込みやすくなります。また、文字を書く行為自体が学習のプロセスに深く関わり、理解度の向上にも寄与します。
  • タブレットの学習
    一方、タブレット学習は大まかな情報を効率よく捉えることに特化しています。タブレットのスクリーン上で情報を見たり操作したりすることで、膨大なデータを迅速に処理できます。スピード感を持って学習したい場合や、インタラクティブな教材を通じて学習を楽しみたい場合に適しています。

選ぶ際のポイントは、子供の学習スタイルや目的、および予算などによります。もし基本的な知識や公式を重視する場合は、紙に書いて学習する方法が有効です。逆に、情報を効率よく取り入れたり、学習を楽しみながら進めたりしたい場合は、タブレット学習がおすすめです。

紙とタブレットの学習にはそれぞれの長所があり、子供の学習スタイルに合わせて選ぶことが重要です。紙の学習は手書きによる記憶力の向上や基本的な理解を、タブレット学習は効率的な情報処理や楽しい学習体験を提供します。子供の個性や目標に合わせて最適な学習方法を選び、効果的な学習習慣を育てることが大切です。

不登校の子どもにオススメなオンライン学習できる塾・アプリ10選ご紹介

【中学1・2年生対象】不登校の学習支援サポート期間・学習施設を探す|子どもの個性に合った環境づくり

不登校への支援で学校が実施するサポートとは?支援が必要な子どもに有効

自宅学習に適した時間はどのくらい?

自宅学習を行う際には、学校からの宿題や課題を終えた後に取り組むことが重要です。学研教育総合研究所の調査によれば、小学1年生の週平均宿題時間は2時間22分2年生は2時間45分で、1日あたりの平均勉強時間は約20分から25分程度とされています。低学年でも宿題や課題に充てる時間がある一方で、まだ学習習慣が十分に確立されていないため、長時間の勉強は適切ではありません
低学年の子供たちにとって、集中して取り組める時間は平均15分から40分程度です。この短い時間内で効果的な学習を行うことが大切です。宿題や課題に充てる時間が1日あたり約20分程度とされており、残りの時間を自宅学習に使うことが適しています。
自宅学習の適切な時間帯は、宿題や課題の終了後に集中力が高まる時間帯です。低学年の子供たちは、平均15分から40分程度の短い時間内で効率よく学習することができます。この時間を大切にし、基本的な学習習慣を築くことが、将来の学習に対する姿勢を形成する上で重要です。

まとめ|家庭学習の悩みを解決するおすすめ教材とポイント

小学生の成長と学びの場は学校だけに限りません。自宅でも、しっかりとした学習を進めることで、子供たちはさらなる自信を持ち、学業に対する情熱を育んでいくことができます。この記事を通じて、家庭学習の大切さと、そのための最適な教材を選ぶ方法を共有させていただきました。
特に、おすすめの11の教材は、多くの家庭で実際に効果を実感しているものばかり。それぞれの教材には、独自の特徴や強みがあり、子供の学習スタイルやニーズに合わせて選ぶことができます。これらの教材は、子供たちが自分のペースで学ぶことを助け、家庭学習の習慣を根付かせるための強力なサポートとなるでしょう。
さらに、家庭学習を進める際のポイントや、子供たちがどのように学習を継続するかのヒントも紹介しました。これらのポイントを活かすことで、子供たちの学びがより効果的かつ楽しいものとなることでしょう。
最後に、不登校の子供たちへのサポートを行っているOsaka-Childの活動にも触れさせていただきました。家庭学習は、不登校の子供たちにとっても非常に重要な役割を果たしています。Osaka-Childは、家庭学習を通じて、子供たちの自信を取り戻し、学びの楽しさを再び感じる手助けをしています。
小学生の学びの場は、家庭でも豊かになることができます。家庭学習教材の選び方や活用のポイントを活かし、子供たちの明るい未来を一緒に築いていきましょう。

株式会社Osaka-Childの不登校克服プログラムで子供の学びの遅れや心の問題を共に解決するサポート

不登校のお子さまをお持ちのあなた、学校に行けないお子様を持つ毎日は難しいと感じていませんか。私たちのサポートは、そんなあなたとお子様のために存在します。不登校には様々な背景や理由があります。それは、お子様が特別なサポートや理解を必要としている証拠です。株式会社Osaka-Childは、お子様の不登校の背景や心の問題を真摯に受け止め、共に解決の道を探ります。
私たちは、お子様が学びの喜びを再発見し、学校生活を再開するための安心・安全な環境を提供します。当社の経験豊富なカウンセラーたちは、不登校の子供たちの悩みや心の動きを深く理解し、一人ひとりのペースに合わせたサポートを行います。
不登校の背後には、学びの遅れだけでなく、様々な心の問題が隠れていることも多いです。私たちのプログラムでは、お子様の話を大切に聴き、心の傷や葛藤を理解し、共感します。そして、適切なサポートやアドバイスを通して、学びの遅れを取り戻し、心の問題も解決に導きます。
初めてのご利用でも、安心して株式会社Osaka-Childのサービスを受けることができます。お問い合わせやご相談は、当社のウェブサイトから簡単に行うことができます。何か不明点や心配事があれば、お気軽にご連絡ください。
お子様の不登校に対する苦しみや心配、あなたは一人ではありません。株式会社Osaka-Childは、お子様が再び笑顔で学校に通える日を目指し、全力でサポートします。私たちと一緒に、お子様の新しい未来を築いていきましょう。
最後に、不登校のお子様を持つ親御さんへ。あなたの気持ちや不安、私たちがしっかりと受け止めます。一緒に、お子様の未来を明るくする手助けをさせてください。一歩を踏み出す勇気を持ち、株式会社Osaka-Childにご相談ください。私たちは、あなたとお子様の新たなスタートを全力でサポートします。

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援事業をする株式会社Osaka-Childとは?

【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

こちらもCHECK

return-school
【 復学率100% 】小中学生復学支援Osaka-Childの支援策とは?

小中学生復学支援Osaka-Childでは母親と子どもを同時にサポートする支援方法 不登校になられるとどうしてもお子さまに問題意識が向かいやすいですよね。 学校に行けなくなったという事実は どうすれば ...

続きを見る

【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

こちらもCHECK

refusal-returning-support
【堺市】不登校の子どもをサポートする!Osaka-Childのカウンセリング支援

Osaka-Childは、堺市にある不登校の子どもたちとその家族を支援するカウンセリング支援施設です。 以下に、Osaka-Childに関する情報を4つの見出しに分けて紹介します。 堺市不登校カウンセ ...

続きを見る

復学支援の専門家が教える、家庭学習支援のポイントと効果的な学習方法

不登校の子どもの復学支援に必要な心理的サポートとは?

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:母親のメンタルサポート

支援内容

1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング
2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験
3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減
4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正
5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる
6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる
7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築
8. 個人に合った最適な心理システムの再起動
9. 母親を子どもの親から一個人としての存在の獲得
10. 愛着育成による自己肯定感の向上
11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親のメンタルサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、母親のメンタルサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オキシトシン分泌促進で子どもに接する母親の専門的なカウンセリング

オキシトシンは愛着や絆の形成に関与するホルモンであり、母親と子どもの関係を深める重要な役割を果たします。カウンセリングにおいては、母親がオキシトシン分泌を促進する方法や子どもとの関わり方について学びます。
  2. 胎児期から乳児期のオキシトシン分泌状態の再経験

母親が胎児期から乳児期の自身のオキシトシン分泌状態を再経験することで、子どもとの関係性や愛着形成に関する理解を深めます。これにより、母親はより適切な愛着行動を身につけ、子どもの安定した成長を支援します。
  3. 母親の子育ての疲れやストレスの軽減

子育てにおける疲れやストレスは母親のメンタルヘルスに大きな影響を与えます。専門的なカウンセリングにより、母親の疲れやストレスを軽減し、心の健康を保つための具体的なケア方法を提供します。
  4. 母親の胎児期・幼少期の体験のインナーチャイルドの修正

母親の胎児期や幼少期におけるトラウマや負の体験は、子育てに影響を及ぼすことがあります。カウンセリングにより、母親は自身のインナーチャイルド(内なる子どもの存在)の修正を通じて、子育てにおける負のパターンを変容させます。
  5. 母親の親子関係をカウンセリングにより気づかせる

母親の親子関係に潜むパターンや影響をカウンセリングを通じて明示し、母親自身がその関係性に気づくことを支援します。これにより、母親はより良好な親子関係を構築し、子どもの成長を促進します。
  6. カウンセリングによって母親の生き方を主体性を持たせる

母親が自身の生き方を主体的に選択し、子どもとの関係性をより意識的に築いていくことを支援します。母親の個別のニーズや目標を考慮し、適切なカウンセリングプランを策定します。
  7. 幼少期に得られなかった愛着の再構築

母親が幼少期に得られなかった愛着を再構築することで、自己肯定感や安心感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が自身の愛着スタイルや関わり方を理解し、健全な愛着関係の構築に向けた具体的なアプローチを身につけます。
  8. 個人に合った最適な心理システムの再起動

母親の心理システムの再起動により、ストレスへの対処能力や情緒調整能力を向上させます。カウンセリングにより、母親は自身の心理的な困難や制約を克服し、より健康的な心の状態を取り戻すことができます。
  9. 母親を子どもの親から一個人としての存在として認識

母親が自身を単に子どもの親としてではなく、個別の存在として認識することを支援します。母親の自己アイデンティティや自己実現の重要性を再確認し、自己成長とバランスの取れた生活を促進します。
  10. 愛着育成による自己肯定感の向上

母親が子どもとの愛着関係を育むことで、自己肯定感や自己価値感を向上させます。カウンセリングにおいては、母親が愛着行動やコミュニケーションスキルを向上させるための具体的な手法やアドバイスを受け取ります。
  11. 人生軸上でインストールした感覚ー認識の空洞化

母親が人生軸上で自身の感覚や認識を見つめ直し、新たな視点や意味づけを行うことを支援します。これにより、母親はよりポジティブな心理状態を持ち、子どもとの関係や子育てにおいてより健全な選択を行うことができます。

具体的な支援内容として、母親は定期的なカウンセリングセッションを通じて自身のメンタルヘルスや子育てに関する課題を共有し、カウンセラーとの対話やアドバイスを受け取ります。また、母親には日常生活におけるストレス管理や自己ケアの方法、感情の調整やコミュニケーションスキルの向上など、実践的なツールや戦略が提供されます。

大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

こちらもCHECK

refusal-counseling-osaka
大阪の不登校カウンセリング|40代の母親が必知!子供の不登校を解決する支援方法と専門家のアドバイス

子供の不登校は多くの40代の母親にとって深刻な悩みです。その解決には適切な支援方法と専門家のアドバイスが必要ですが、どのように取り組めば良いのでしょうか?この記事では、大阪で利用できる不登校カウンセリ ...

続きを見る

【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

こちらもCHECK

refusal-specialized-counseling
【40代母親からの第一歩】不登校問題解決への道と専門カウンセリングでの導き

40代の母親が抱える不登校問題は深刻な課題です。子どもの不登校により家庭や学校の関係が悪化し、心配やストレスが募っていることでしょう。 この記事では、不登校問題解決への道を歩むための第一歩として、専門 ...

続きを見る

オキシトシンの多い人の特徴と効果!幸福ホルモンの驚きの効能

【幸せホルモン】オキシトシンの増やし方12選|瞑想やマインドセット・身体調整が効果的

不登校の原因を知る方法!40代の母親が的確にサポートする方法とは?

中学生の不登校の原因は母親にあった!母親へのカウンセリングで復学につなげる

【40代子育ての悩み】不登校の原因を解明!不登校になる子の親の特徴と改善策

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どものカウンセリング

支援内容
1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進
2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環
3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正
4. 学校環境での存在価値の促進
5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環
6. 幼少期に遺伝的にもっているエネルギーの再生成
7. 学校環境で経験した負の要素への関わり
8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽
9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得
10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき
11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どものカウンセリングの具体的なアプローチ

  1. 不登校の子どもが抱えるココロの動きの促進

不登校の子どもは心理的な負担を抱えている場合があります。私たちは、子どものココロの動きを理解し、彼らが抱える不安やストレスを軽減するための支援を行います。具体的な方法としては、感情の表現や認識のトレーニング、リラクゼーション技法の導入などがあります。また、子どもが自己理解を深め、自己肯定感を高めるために、自己探索のプロセスにも取り組みます。
  2. 幼少期の負の体験の心理システムの循環

幼少期に経験した負の出来事やトラウマは、不登校の原因となることがあります。私たちは、そのような負の体験が心理システムにどのように影響を与え、循環するのかを理解し、子どもと共にその解決に向けた取り組みを行います。具体的には、トラウマ解消のための技法や自己発見のプロセスを通じて、過去の負の経験に対処し、新たな自己概念を構築するサポートを行います。
  3. 親子関係による負の自己イメージの軌道修正

親子関係は子どもの自己イメージに大きな影響を与えます。不登校の子どもにおいては、負の自己イメージが形成されることがあります。私たちは、子どもと親の関係を理解し、親子のコミュニケーションの改善や共感的な対話を通じて、子どもの自己イメージの軌道修正を支援します。親には、子どもの感情や困難に対して理解を示し、受け入れる姿勢を促すためのアドバイスや指導を提供します。
  4. 学校環境での存在価値の促進

不登校の子どもは学校環境での存在価値や自己肯定感に欠けていることがあります。私たちは、子どもが学校での存在感を取り戻すための支援を行います。具体的には、学校との連携や学校内でのサポート体制の構築を行い、子どもが自分の能力や才能を発揮できる場を提供します。また、学校生活の中での達成感や成功体験を通じて、子どもの自信を育む取り組みも行います。
  5. 過去ー現在ー未来の時間軸の自然循環

不登校の子どもは、過去の困難や現在の問題に囚われる傾向があります。私たちは、子どもが過去、現在、未来の時間軸を自然に循環できるように支援します。過去の出来事への執着や現在の問題に対する固執を解放し、未来に向けて前向きに取り組むことを促します。具体的な方法としては、目標設定や将来のビジョンの明確化、行動計画の策定などがあります。
  6. 幼少期に遺伝的に持っているエネルギーの再生成

子どもの行動や感情は、幼少期に遺伝的に受け継がれたエネルギーによって影響を受けることがあります。私たちは、子どもが遺伝的に持っているエネルギーを再生成し、ポジティブな方向へと導くための支援を行います。具体的には、子どもが自己観察や自己理解を深めるプロセスを通じて、自己変容を促すことに焦点を当てます。
  7. 学校環境で経験した負の要素への関わり

不登校の子どもは、学校環境での負の要素に対して適切に関わることができない場合があります。私たちは、子どもが学校環境での負の要素に対して適切に対処できるように支援します。具体的には、コミュニケーションスキルのトレーニングや問題解決能力の向上を促すプログラムを提供し、子どもが対処方法を見つけられるようにサポートします。
  8. 学校環境で作られた他者との競争原理の滅尽

学校環境では競争原理が存在し、不登校の子どもにとっては負の影響を与えることがあります。私たちは、他者との競争原理を滅尽し、協力や共感の文化を醸成する支援を行います。具体的には、協調性やチームワークの重要性を学ぶ活動や、他者との比較ではなく自己の成長に焦点を当てる指導を行います。
  9. 母親では得られなかった愛着をカウンセラーとの共有で再獲得

不登校の子どもの中には、母親からの愛着が不足している場合があります。私たちは、子どもがカウンセラーとの関係を通じて、得られなかった愛着を再獲得できるように支援します。子どもが安心感や信頼感を育み、自己価値感や自己受容感を高めるために、カウンセラーとの関係性を重視したアプローチを取ります。
  10. 幼少期のゼロベースでの人間像への気づき

不登校の子どもには、幼少期に根付いた人間像や自己イメージに問題がある場合があります。私たちは、子どもが自己観察や内省を通じて、幼少期のゼロベースから新たな人間像への気づきを促す支援を行います。具体的には、自己評価の見直しやポジティブな特性の発見、適応的な思考や行動パターンの構築をサポートします。
  11. 負の心理システムで構成された世界観の抑制

不登校の子どもは、負の心理システムで構成された世界観を持っていることがあります。私たちは、子どもがそのような負の世界観から抜け出し、ポジティブな視点や心理的な柔軟性を取り戻すための支援を行います。

具体的には、認知行動療法やポジティブ心理学の手法を用いて、子どもの思考や信念の再構築を促し、より健康的な心理システムを構築します。

 株式会社Osaka-Childの臨床心理士(カウンセラー・セラピスト・不登校専門カウンセラー)として、私たちは不登校の子どもとその家族に対して、個別に適した支援を提供します。子どもの心の健康を重視し、不登校の原因や状況を的確に把握した上で、専門知識や経験に基づいたアプローチを用いてサポートを行います。私たちの目標は、子どもが健やかな学校生活を送り、自己成長や社会参加の機会を最大限に引き出すことです。

不登校カウンセリングでHSCの子どもを復学支援に|HSCの子どもを持つ40代の母親に向けて

こちらもCHECK

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

counseling
参考カウンセリングとは?心理システムを正常化して生きづらさを克服する効果最大

抱える問題が解決できないあなたへ 日々の生活で様々な悩みや困難に直面することはよくあります。気分の落ち込みややる気の喪失、職場や学校での人間関係のストレス、家族や恋人とのトラブル、過去のトラウマによる ...

続きを見る

来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

client-centered-therapy-counseling
参考来談者中心療法で心理システムを自然状態にして精神的苦しみを克服|40代女性の生きづらさ克服

焦点は来談者|来談者中心療法 焦点は来談者中心療法、またはクライエント・センタード/パーソン・センタード・アプローチとして知られる心理療法です。この療法は、1940年にロジャースによって提唱されました ...

続きを見る

トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

trauma-informed-care-counseling
参考トラウマインフォームドケアをカウンセリングで心理システムの最短正常化に

トラウマインフォームドケアの理念 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の心理的な傷を理解し、適切にサポートを提供するためのアプローチの一つです。 トラウマインフォームドケアは、トラウマ体験者の ...

続きを見る

オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

online-counseling
参考オンラインカウンセリングのメリット・デメリットを知って手軽に心理システムを正常化する

オンラインカウンセリングの概念 オンラインカウンセリングは、インターネットを通じて行われる心理カウンセリングの形式であり、クライアントとカウンセラーが対面で会う必要がなく、遠隔地からでもセッションを行 ...

続きを見る

精神分析的心理療法でカウンセリングを実施し心理システムの正常化で生きづらさ克服

ゲシュタルト療法で心理システムを正常化し知覚・感覚・認識を自然世界と共有させる

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの身体調整

支援内容
1. 子どもの姿勢コントロールの修正
2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築
3. 姿勢コントロールから重心作り
4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通
5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス
6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期
7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整
8. 三半規管や脳神経系の出力の修正
9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール
10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進
11. 皮ふ・筋膜・筋肉・筋肉の長さのセンサーのコントロール
12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート
13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上
14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化
15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

不登校の子どもの身体調整の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、不登校の小中学高校生や発達障害の子どもの復学支援の一環として、身体調整の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 子どもの姿勢コントロールの修正

子どもの姿勢は、身体の調整や感覚統合に重要な役割を果たします。不適切な姿勢が存在する場合、学習や集中力に悪影響を与えることがあります。私たちは、子どもの姿勢を正しい形に修正し、適切な姿勢コントロールをサポートします。具体的には、姿勢の矯正や筋力トレーニング、姿勢保持のためのエルゴノミクス指導などを行います。
  2. 姿勢コントロールによる身体アライメント構築

姿勢の改善は、身体のアライメントやバランスの向上につながります。私たちは、子どもの身体アライメントを構築するために、姿勢コントロールのトレーニングを行います。これには、正しい姿勢の保持や身体の軸の調整、バランス感覚の向上などが含まれます。
  3. 姿勢コントロールから重心作り

姿勢と重心の関係は、身体の安定性や運動の質に大きな影響を与えます。私たちは、姿勢コントロールから重心の形成に焦点を当て、子どもが適切な重心を持つことをサポートします。具体的には、姿勢トレーニングやバランスボードを使ったトレーニングなどを通じて、重心の安定化を促します。
  4. 学習に不可欠な座り姿勢での姿勢コントロールの促通

適切な座り姿勢は、学習において重要な要素です。不適切な座り姿勢は集中力の低下や身体の疲労を引き起こすことがあります。私たちは、子どもが学習に不可欠な座り姿勢を維持できるように、姿勢コントロールの促通を支援します。具体的には、正しい座り方やデスク環境の調整、体操やストレッチの指導などを行います。
  5. 姿勢に伴う手の運動構成のバランス

姿勢と手の運動は密接に関連しています。不適切な姿勢は手の運動にも影響を与えることがあります。私たちは、子どもの手の運動構成をバランス良く整えるために、姿勢と手の連動性を意識した支援を行います。具体的には、手の筋力や協調性のトレーニング、細かい手指の動作の指導などを行います。
  6. 姿勢と視覚・聴覚情報の同期

姿勢の調整と視覚・聴覚情報の適切な処理は、子どもの学習や集中力に影響を与えます。私たちは、子どもが姿勢と視覚・聴覚情報を適切に同期させるための支援を行います。具体的には、視覚情報や聴覚情報の統合を促すトレーニングやセンサリー処理の指導などを行います。
  7. 全身の関節運動・筋肉の出力調整

全身の関節運動や筋肉の出力の調整は、身体の柔軟性や運動能力に影響を与えます。私たちは、子どもの全身の関節運動や筋肉の出力を調整し、適切な身体の動きをサポートします。具体的には、関節の可動域の拡大や筋力トレーニング、コーディネーションの向上を目指したプログラムを提供します。
  8. 三半規管や脳神経系の出力の修正

三半規管や脳神経系の出力の調整は、バランス感覚や運動の調整に関与します。私たちは、子どもの三半規管や脳神経系の出力を修正し、バランス感覚や運動の質を改善するための支援を行います。具体的には、バランス感覚のトレーニングや目の運動の指導などを行います。
  9. ハンドリングによる触覚刺激で感覚系のコントロール

触覚刺激は感覚統合や身体の調整に重要な役割を果たします。私たちは、子どもの感覚系のコントロールを促すために、ハンドリングと呼ばれる触覚刺激を活用した支援を行います。具体的には、身体全体に触覚刺激を与えることで感覚統合を促し、身体の安定性や調整能力を高めます。
  10. 皮ふ刺激によるオキシトシン分泌の促進

皮ふ刺激はオキシトシンの分泌を促し、リラックスや安定感をもたらします。私たちは、子どもの皮ふ刺激を活用してオキシトシンの分泌を促進し、心身の安定をサポートします。具体的には、マッサージや触れ合いのアクティビティを通じて、子どもがリラックスした状態に入る機会を提供します。
  11. 皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーのコントロール

身体の皮ふ、筋膜、筋肉は長さの変化を感知するセンサーを持っています。私たちは、子どもの皮ふ・筋膜・筋肉の長さのセンサーをコントロールし、正常な身体の感覚を促します。具体的には、ストレッチや筋膜リリースなどの手法を用いて、身体の柔軟性や感覚統合を促進します。
  12. 感覚ー認識システム促通から無の状態へのアップデート

感覚と認識のシステムが促通し、無の状態にアップデートされることは、子どもの集中力や学習能力に大きな影響を与えます。私たちは、子どもの感覚と認識のシステムを促通させ、無の状態へのアップデートを支援します。具体的には、身体を使ったアクティビティやセンサリー統合の手法を用いて、感覚と認識の調整を促します。
  13. 身体への関わりによる不足した愛着の向上

不登校の子どもには、不足した愛着が存在する場合があります。私たちは、身体への関わりを通じて子どもの不足した愛着を向上させる支援を行います。具体的には、身体的な接触やアクティビティを通じて子どもとの関係性を構築し、安心感や信頼感を促します。
  14. 負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化

負の心理システムは、子どもの身体に過緊張や緊張を引き起こすことがあります。私たちは、負の心理システムで過緊張した筋肉の正常化をサポートします。具体的には、筋肉の緊張を緩めるエクササイズやリラクゼーション法の指導を行い、身体の緊張を軽減します。
  15. 負の心理システムから身体への過剰な意識への抑制

負の心理システムから身体への過剰な意識は、子どもの集中力や学習に悪影響を与えることがあります。私たちは、負の心理システムから身体への過剰な意識を抑制する支援を行います。

株式会社Osaka-Childの身体調整とカウンセリング技法

催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

hypnotherapy-counseling
参考催眠療法と心理カウンセリング併用で精神作用をリセット|40代女性の心理システムを正常化に

催眠療法の多様性 催眠療法は心身をリラックスさせ、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行われる心理療法であり、その多様性は豊富です。個々の治療法は患者のニーズに合わせて変化します。 この療法は、潜 ...

続きを見る

自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

autogenic-training
参考自律訓練法とカウンセリングの併用で40代女性生きづらさ克服|自宅で簡単にできる

自律訓練法(じりつくんれんほう)の理解 自律訓練法は、心理療法の一種であり、ストレス緩和と自己調整を目的としています。この訓練法は、日々の生活におけるストレスや不安を軽減し、全体的な生活の質を高めるこ ...

続きを見る

呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

breathing-technique-counseling
参考呼吸法とカウンセリングで身体と精神をコントロールし40代女性が安定した人生を送る

呼吸による健康改善!自律神経をバランスさせる呼吸法について 呼吸による健康改善には、自律神経のバランスを整える呼吸法が効果的です。自律神経は、交感神経と副交感神経の調和が重要であり、これらの神経のバラ ...

続きを見る

メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

mentalization-based-therapy
参考メンタライゼーション・ベースド・セラピーで40代女性の心理システムを整える

メンタライゼーションの概念について メンタライゼーションは「心で心を思うこと:Holding mind in mind」と表現され、他者や自己の行動の背後にある精神状態に注意を向け、それを認識すること ...

続きを見る

グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

grief-care-counseling
参考グリーフケアカウンセリングで新しい自分で自然世界と調和した生き方を獲得する

治療法としてのグリーフケアとは グリーフケアは、患者が経験する悲しみや喪失感に対応するための専門的な治療を提供します。グリーフとは、「大切な存在」を失ったことによる、深い心の苦しみを含む様々な反応を指 ...

続きを見る

リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

relaxation-technique
参考リラクゼーション法で40代女性の生きづらさの身体症状を克服|目的・やり方・コツを解説

リラクセーション技術の概要と役割 リラクセーション技術は、患者の身体的・精神的な状態を安定させるための重要な方法であり、痛みや不安を和らげる役割を果たしています。 リラクセーションは、くつろぎや緊張・ ...

続きを見る

具体的には、身体感覚の調整やマインドフルネスなどの技法を用いて、子どもの心身のバランスを整えます。
 株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの身体の健康と調整を重視し、個別に適した身体調整の支援を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、身体の調整や感覚統合の促進を図り、学習や社会生活の質を向上させることを目指します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの家庭学習支援

支援内容
1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート
2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践
3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法
4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)
5. 予習・復習の時間共有
6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践
7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得
8. 勉強量から勉強の質への関わり
9. 不登校中の自宅でのスケジューリング
10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整
11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得
12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得
13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校の子どもの家庭学習支援の具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、家庭学習の支援を行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. オンラインによる苦手教科の徹底的学習サポート

オンラインを活用して、子どもの苦手とする教科について徹底的な学習サポートを行います。個別のオンラインチューターや学習プラットフォームを活用し、子どもが理解を深めるための指導を提供します。
  2. 自分に合った教材と学習法の発見と実践

子どもに合った教材や学習法を見つけ、実践するサポートを行います。子どもの学習スタイルや興味・関心に合わせて教材を選定し、効果的な学習方法を指導します。
  3. 得意科目を地域で成績上位に入るための学習法

子どもの得意科目を活かして、地域で成績上位に入るための学習法を指導します。具体的な学習戦略やアプローチを提供し、子どもが得意科目での自信と成果を得られるように支援します。
  4. 苦手科目の時間的な関わり(量→質)

苦手科目に対する学習時間を質の高いものにするための支援を行います。集中力を高めるための学習スケジュールの作成や、効果的な学習方法の指導を通じて、苦手科目への取り組みを効果的に進める方法を提供します。
  5. 予習・復習の時間共有

予習と復習の重要性を理解し、効果的に取り組むために、子どもと共有する時間を設けます。予習や復習の方法や具体的な計画の立て方を指導し、子どもが学習内容を定着させるサポートを行います。
  6. 脳内の特性に合わせた学習プログラムの実践

子どもの脳の特性に合わせた学習プログラムを実践します。例えば、視覚的な学習スタイルを持つ子どもにはマインドマップやイメージングを活用し、効果的な学習を促します。
  7. 脳内と心理システムを促通した個人に合った学習方法の習得

子どもの脳内の機能と心理システムを促通させ、個人に合った学習方法を習得させる支援を行います。具体的には、脳の情報処理や学習スタイルを理解し、それに基づいた学習戦略やアプローチを提案します。
  8. 勉強量から勉強の質への関わり

勉強の量だけでなく、質の高い学習を実現するための関わりをサポートします。集中力の向上や学習環境の整備、効果的な学習テクニックの指導などを通じて、子どもが効率的かつ効果的に学習できるように支援します。
  9. 不登校中の自宅でのスケジューリング

不登校中の子どもが自宅での学習をスムーズに進めるためのスケジューリングのサポートを行います。適切な時間配分やタスク管理の方法を指導し、子どもが自主的に学習を進められるように支援します。
  10. 勉強に対する苦手意識への心理システムの調整

勉強に対する苦手意識を持つ子どもに対して、心理システムの調整を行います。適切な支援方法や学習環境の整備、ポジティブなフィードバックの提供などを通じて、子どもの勉強への意欲や自信を高める支援を行います。
  11. 成績に反映する個人に合った勉強法の獲得

子どもの個別の特性や学習スタイルに合わせて、成績に反映される勉強法を獲得させる支援を行います。具体的には、学習戦略の指導や学習プランの作成、効果的な学習テクニックの習得などを通じて、子どもが効果的に学習できるようにサポートします。
  12. 全教科の要素分解と要素の合成への考え方の習得

全教科において、学習内容を要素分解し、それらを合成する考え方を習得させる支援を行います。具体的には、重要なキーポイントの抽出や概念の整理、総合的な学習アプローチの指導などを通じて、子どもの学習能力を向上させます。
  13. 不登校中に偏差値を20以上向上させる学習時間と質の習得

不登校中に子どもの学習時間と質を向上させ、偏差値を20以上上げる支援を行います。適切な学習計画の策定や時間管理の指導、効果的な学習方法の習得などを通じて、子どもの学力向上を支援します。

発達支援・発達相談をカウンセリングと療育で発達障害の子どもの機能性を120%アップ

動機づけ面接とカウンセリングの併用で40代女性の個人の人生に合った生き方を見つける

ナラティヴセラピーをカウンセリングで過去の経験値を未来軸に近づけ40代女性を自己実現に

ペアレント・トレーニングで40代母親の子育てを楽にする|子どもの育ちを大切にできる

不登校中の勉強しない・遅れる不安を解決する40代母親ができる接し方とは

中3不登校生徒で勉強してない場合の受験対策や進路の選択肢|今からでも間に合う!

【40代母親必見】不登校の子が復学後に勉強しない?その原因と解決策を詳解

中学3年間不登校だと勉強してないから高校受験は難しい?中学生の不登校の原因と親ができる対応

発達障害をカウンセリングで心理システムをスムーズにし克服へ|40代女性生きづらさ解決

developmental-disorder-counseling

学習障害(LD)をカウンセリングで最短で負担なく克服させる|生きづらさ解決に

learning-disability-counseling

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの家庭学習をサポートし、個別に適した学習方法や戦略を提供します。子どもとその家族との協力を通じて、学習の成果を最大化し、不登校からの復学を支援します。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの不登校復学支援内容:不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポート

支援内容
1. カウンセリングによる自己イメージのリセット
2. 意識と覚醒の自然現象への共有
3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき
4. 未来像のマインドからの発見
5. 未来像と現実の自己へのプログラミング
6. 自己内から具体的な人生設計
7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通
8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得
9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築
10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業
11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学支援の一環として、進学やキャリアデザインのサポートを行っています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. カウンセリングによる自己イメージのリセット

カウンセリングを通じて、子どもの自己イメージをリセットします。過去の失敗や困難な経験に縛られず、新たな可能性や自己評価を見つける支援を行います。
  2. 意識と覚醒の自然現象への共有

子どもに対して、意識や覚醒の自然現象について共有し、自己の内面に目覚めるきっかけを与えます。具体的には、マインドフルネスや瞑想などの方法を取り入れ、子どもが内なる気づきや成長を促します。
  3. 好きなこと・得意なこと・使命感への気づき

子どもが自分の好きなことや得意なこと、そして使命感を見つけるための支援を行います。興味や才能を引き出し、将来の方向性を探るための活動や自己探求のプロセスをサポートします。
  4. 未来像のマインドからの発見

子どもが自分自身の未来像を持つことで、目標や希望を見つける手助けをします。未来を具体的にイメージすることで、自己の成長や進学・キャリアの方向性を見出すサポートを行います。
  5. 未来像と現実の自己へのプログラミング

子どもが描いた未来像と現実の自己を結び付けるためのプログラミングをサポートします。具体的な目標設定や行動計画の策定、自己肯定感や自己効力感の醸成を通じて、子どもの進学やキャリアの実現を支援します。
  6. 自己内から具体的な人生設計

子どもが自己内に持つ資源や価値観を活かし、具体的な人生設計を立てるサポートを行います。自己の内なる声や目標に基づき、将来の進路やキャリアの方向性を考えるプロセスを共に進めます。
  7. 誕生から死への人生軸への関わりと意識の促通

子どもに対して、人生の意義や目的、誕生から死への人生軸について考える機会を提供します。自己の存在意義や時間の尊さを理解し、将来に向けた意識の促進を支援します。
  8. トレンド情報に流されない個人に合った生き方の習得

子どもがトレンド情報や社会の期待に流されず、自己に合った生き方を見つけるための支援を行います。個別の特性や価値観を尊重し、自己を大切にする生き方の習得をサポートします。
  9. 努力せずありのままで成果が出るキャリアとプロセスの構築

子どもが努力せずにありのままの自己で成果を出せるキャリアやプロセスの構築をサポートします。個々の能力や資質を活かし、自己の個性や魅力を最大限に生かした進学やキャリアの選択を支援します。
  10. 学校環境での失敗体験の再現化と捨てる作業

学校環境での失敗体験を再現し、それらを手放すプロセスを支援します。過去のネガティブな体験やトラウマからの解放を促し、自己成長と前向きな展望を持つためのサポートを提供します。
  11. 世界を構造から見つけていくトレーナーとの共有

子どもが世界の構造や社会の仕組みを理解し、自己の進学やキャリアの選択に生かすために、トレーナーとの共有を行います。具体的な情報や知識の提供、意義や意味の理解を通じて、子どもの進学やキャリアデザインに役立つサポートをします。

対人関係療法カウンセリングで治りにくい精神疾患を正常化する|うつ病・摂食障害に効果的

ソリューション・フォーカスト・アプローチで人生の悩みを最短解決|40代女性生きづらさ克服

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)で40代女性の人生を幸福に導く

コーチングで40代女性の子育てやキャリアアップを最速に機能させる

株式会社Osaka-Childのカウンセリング技法

【2023年最新】認知行動療法(CBT)とは?方法、効果やメリット・デメリット、療法の流れなどを解説

ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

stress-management
参考ストレスマネジメントとは?40代女性が子育て・キャリアアップで活かせる効果ややり方を解説

理解する、ストレスの管理 ストレスマネジメントは、ストレスの効果的なコントロールとネガティブな影響の最小化を目指す手法や戦略です。日常生活において、誰もがストレスを経験しますが、その中には身体や心に悪 ...

続きを見る

アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

assertion-training
参考アサーショントレーニングとは?職場や子育てで実践する方法や自己表現タイプを解説

アサーション技術の定義 アサーション技術は、コミュニケーションにおいて自分の意見や感情を適切に表現するスキルを指します。アサーショントレーニングは、このスキルを磨くための方法であり、自己主張という意味 ...

続きを見る

認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

cognitive-restructuring-method
参考認知再構成法とカウンセリングで40代女性の生きづらさを生む認知のゆがみを克服

認知再構成法の概要 認知再構成法は、認知療法の一つの技法で、個人のネガティブな思考や信念を変えるのに役立ちます。この手法は、認知行動療法の一部であり、適応的でない認知的行動を適応的な行動に変容させる介 ...

続きを見る

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの進学やキャリアデザインを支援し、自己の可能性や夢を追求するサポートを行います。子どもとその家族との協力を通じて、自己の価値を見出し、将来への道を切り拓くお手伝いをします。

株式会社Osaka-Childの小中学高校生・発達障害の子どもの子どもの不登校復学支援内容:不登校復学後の1年間のサポート

支援内容
1. 復学後の学校との連携
2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施
3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践
4. 復学後の生きづらさの軌道修正
5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続
6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり
7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整
8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放
9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

不登校の子どもの進学・キャリアデザインサポートの具体的なアプローチ

株式会社Osaka-Childでは、小中学高校生や発達障害の子どもの不登校復学後の1年間にわたるサポートを提供しています。以下に、具体的な支援内容を説明します。

  1. 復学後の学校との連携

子どもの復学後において、学校との綿密な連携を行います。学校とのコミュニケーションを円滑にし、子どもの学習状況や生活面でのサポートが必要な点を把握し、適切な支援策を立てるために協力します。
  2. 復学後の母親と子どものカウンセリングの実施

復学後においても母親と子どものカウンセリングを実施し、お互いの心情や課題に対して向き合います。母親の支えや理解を促し、子どもの心理的な安定と学校生活への適応をサポートします。
  3. 復学後に生まれる諸問題の解決と実践

復学後に生じる様々な問題や課題に対して、具体的な解決策を見つけて実践する支援を行います。学校生活や人間関係のトラブル、学習上の困難などに対して、子どもと母親の双方が適切に対処できるようにサポートします。
  4. 復学後の生きづらさの軌道修正

復学後に感じる生きづらさや不安に対して、子どもの心理的な軌道修正を支援します。自己肯定感の向上や適切なストレス管理の方法を教えることで、子どもが学校での生活に前向きに取り組むことを支えます。
  5. 復学後の母親のメンタルサポートの継続

母親のメンタルサポートを復学後も継続的に行います。母親が子どもの復学に伴うストレスや不安を抱える場合には、心理的な支えや情報提供を通じて、彼女の心の健康状態を維持し、子どもへのサポートを続けます。
  6. 復学後にぶつかる学校環境での負の体験への関わり

復学後に学校環境での負の体験が生じた場合には、子どもがそれに適切に関わることができるようにサポートします。適切なコーピングスキルの習得や自己肯定感の強化を通じて、子どもが学校での困難に立ち向かう力を育みます。
  7. 母親に生まれる子どもへの過負荷の調整

復学後において、母親が子どもに対して過度な負荷を感じる場合には、適切な調整を行います。母親の負担を軽減し、子どもとの関係性を健全に保ちながら、サポートのバランスを取ることが重要です。
  8. 母親の人生サポートの継続による子どもの自由の解放

母親の人生全体にわたるサポートを継続し、彼女が自己の成長と発展に集中できる環境を整えます。母親の支えが安定することで、子どもはより自由に自己を表現し、学校生活を充実させることができます。
  9. 復学後に生まれる母親と子どもへの不安の共有

復学後に母親と子どもが抱える不安や心配事に対して、お互いがそれを共有し、解消するための場を提供します。相互の理解を深め、不安を和らげることで、子どもの復学後の安定と成長をサポートします。

ストレスコーピングとカウンセリングの併用で40代女性のキャリア・子育てに成果

マインドフルネスとカウンセリングで効果を最大に|40代女性のキャリア・子育てに成果を出す

行動活性化療法で精神的抑うつを改善|40代女性生きづらさ克服でキャリア・育児両立に

株式会社Osaka-Childの臨床心理士として、私たちは子どもの不登校復学後の1年間にわたり、学校との連携や心理的なサポートを通じて、子どもと母親の両方を支えます。子どもの安定した学校生活の確立と母親のメンタルヘルスの維持に注力し、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを提供します。

Osaka-Childは小学生・中学生の不登校のお子さまに対して最短復学支援を提供しています

refusal-returning-support

株式会社Osaka-Childの支援内容とは

  • 母親のメンタルサポート
  • 不登校子どものカウンセリング
  • 不登校子どもの身体調整
  • 不登校子どもの家庭学習支援
  • 不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート
  • 不登校復学後の1年間のサポート

不登校子どものカウンセリング Osaka-Childでは、専門のカウンセラーによる個別のカウンセリングを行い、不登校の原因や問題を解決するための支援を提供しています。不登校子どもの身体調整 心身共に健康であることは、不登校克服に不可欠な要素の1つです。Osaka-Childでは、体の不調を訴える子どもに対して、運動や栄養指導などの支援を提供しています。不登校子どもの家庭学習支援 学校に行けない状況であっても、家庭学習を続けることが重要です。 Osaka-Childでは、家庭学習の計画立案や実践支援を行い、学習習慣の維持や向上に貢献しています。不登校子どもの進学・キャリアデザインサポート 不登校期間中に進路について考えることは、将来の自分自身の希望や目標を明確にするためにも重要です。 Osaka-Childでは、進路相談や進学・就職に関する情報提供など、キャリアデザインに必要な支援を提供しています。不登校復学後の1年間のサポート 不登校克服後の生活は、新たな課題やストレスを伴うことがあります。Osaka-Childでは、不登校復学後の1年間にわたって、学校生活や社会生活のサポートを行っています

株式会社Osaka-Childの小中学生・高校生・発達障害の子どもの不登校克服支援(母親と子ども・学習支援・

refusal-reintegration-support

refusal-reintegration-support

臨床心理士・パーソナルトレーナーの小中学生復学支援・小学生・中学生家庭教育支援・ 不登校母親メンタルサポート

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

  • この記事を書いた人

臨床心理士・パーソナルトレーナー(理学療法士) 中島ルカ

不登校復学支援カウンセラー 中島ルカ 支援事業20年。1,500人の不登校のお子さまと母親に接する。 復学率100%。 臨床心理士(カウンセラー)・理学療法士(PT)を有し 母親とお子さまをメンタルと身体の両方から自然体を導き不登校をきっかけに人生を好転させる専門家。

-40代母親の子どもの不登校, 不登校・学習支援, 小学生不登校